FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「北竜湖」
2019-11-03 Sun 19:51
2019.10.07(MON)

山梨から高速を使って長野を北上、
下りてから千曲川沿いを更に北上。

千曲川は水量がたっぷりという感じ
で流れていたので、あの川が台風19
号で氾濫したのかと思うと・・・。
DSC_0162_ex_stitch.jpg

午後から天気が崩れる予報だったの
で急いで湖へ。


北竜湖の手前に「いいやま北竜温泉
文化北竜館」があり、カヤックの
後はここで一っ風呂がベスト。
出艇場所を見るために営業用のカヤ
ックが積まれた場所へ行く。
DSC_0225.jpg


湖岸は土だがまぁまぁ出艇し易い良い場所。
DSC_0165_stitch.jpg

湖面利用が有料であることが書かれ
ていて、文化北竜館に支払いに戻る(400円)。
DSC_0194.jpg

昼まで遊べるかな。
DSC_0197.jpg

湖岸は小魚がたくさんいて人が近寄
るとワサワサと散って行く。
湖岸も小魚を狙っているバスが多い
ようで、湖岸で暴れている光景が多々見られた。
沖から狙うと釣れるんだろうなぁ。w
DSC_0196.jpg

反時計回りで出艇!
DSC_0200.jpg

一人静かに漕いでは止め漕いでは
止めを繰り返しのんびり漂う。
DSC_0205_20191103192248a51.jpg

のんびり漕ぎ過ぎてトンボが。w
DSC_0207.jpg

陸側を眺めながら漕いでいると何か
が動いたのに気が付き目で追うと、
尾の大きいリスが顔を出す。
湖岸近くの倒木の上をテケテケテケーッ。
カメラは間に合わず、森の中へ消
えて行くリス。良いものを見た。(^ ^)

湖岸に沿って漕ぐx2
湖岸浅瀬に魚影が見えるが距離が
あってもササーッと散って行く。
警戒心は結構強いなぁ。

浅瀬の石で舟底が擦れないように
気を使いながら抜ける。こういう
トラップも面白い。
DSC_0211.jpg

カヤックを進めて行くと一角に黄色
い花をつけた水草が密集して生えて
いる箇所があったので船首を突っ込む。w
DSC_0222_2019110319232293b.jpg

可愛らしい黄色い花。
DSC_0217_ex.jpg

アサザと言うらしい。

遠くの岸で営業用のカヤックが出艇された。
子供たちのようだがこの日は平日。
? 外国の子?
取り敢えず気にせずに漕いでた。

手頃な広さだったのであっちこち向
かって漕いで湖面で2時間ほど居たようだ。
子供たちが陸に上がったあとコッソリ上がる。

hokuryuko.jpg


カヤックを芝に上げて寛いでいると
年配のおっちゃんが近づいて来て
カヤック話に花が咲く。
子供たちは小学生で修学旅行だった
らしい。
秋の千曲川を勧めてくれたが今は
それどころじゃないんだろうな…。
今は色々な物が早く元通りに戻る事
を祈るばかり。(ー人ー)

芝の上でお湯を沸かしてコーヒーを。
昼飯は朝飯兼用でシビうま担々ウマーメシ。
DSCN3636.jpg

ゆっくりした後は北竜館でお風呂(500円)。
ホテルの4階にあるお風呂は貸切状態。^_^
DSCN3641.jpg

露天風呂からは妙高や火打が見え
るらしいが、昼から天気が下ると
いう予報が当たって、雲で見えな
かったのは残念。
雨に降られなかったのが救いかな。


北竜湖を後にして上越市経由で富山へ。
能登半島でキャンプを予定してい
たが、翌日が雨予報で予定変更。
夜の富山観光。
DSCN3652_201911031923345e1.jpg

DSCN3644.jpg

富山といえば白エビ。
道の駅で豚汁付きで800円の白エビ
のかき揚げを頂く。美味いわ。
RSCN3660.jpg

雨の翌日は石川県金沢城。
DSCN3670.jpg

金沢カレーの老舗のターバンカレー
でチキンカツカレーを頂き、
RSCN3679.jpg
RSCN3680.jpg

次のキャンプ地に向けて南下。
菅沼の合掌造りを見て歩き
DSC_0232_2019110319232548c.jpg
DSC_0235.jpg
DSC_0253.jpg

さらに南下して白川郷の温泉で浸かる。
DSCN3684_20191103192428e6f.jpg

良い湯だったなぁ。






スポンサーサイト



別窓 | 湖・河川・渓谷 | コメント:1
| らぅめんち ○○歩き備忘録 | NEXT>>

検索フォーム

QRコード

QR