The link at the date of the calendar is an entry.
「平標山」
2017-03-30 Thu 21:49
2017.03.20(MON)

夏タイヤに履き替える前に何処か
雪山はないか…と探して見つけた
のが新潟県と群馬県の県境にある
この山。

三連休の最終日の朝、5時前に家を
出発して関越にのり、月夜野ICで
降りて三国街道を走って湯沢方面に
車を走らせる。

赤谷湖を越えた辺りから積雪があり
夏タイヤは不可状態。w

苗場スキー場を越え登山口のある
所に到着したのは7時半ころ。
000_DSCN2280.jpg

道路沿いの駐車スペースには
10台ほどの車が並び、運の良い事に
端に空きがあったので、そこに
車を停めて早速準備開始。
001_DSCN2281.jpg

登山口は三国小学校横の道で
幾つかの別荘を越えた先にある。
002_DSC_0001.jpg

別荘があるところまでは車が通れる
ように除雪されているがその先は
山に向かうトレースが伸びている。
003_DSC_0002.jpg

トレースから外れれば真っ白な世界。
004_DSC_0003.jpg

軽い踏み抜きをしたので早々に
ワカンとアイゼンを装着。
005_DSCN2282.jpg

午前中、登り始めの天気は雲が
多く、先に見える筈の山のガスの中。
008_DSC_0006.jpg

今シーズンの雪山最後がこれか…
と思いながら一歩、一歩。
ワカンを履いていても踏み抜く…
マジかよ…。

浮力の大きいスノーシューを持って
来れば良かったと後悔。

振り返って見た苗場側は青空が広が
ってきていて、その内こちら側も雲
がなくなるに違いないという期待が膨らむ。
012_DSC_0008.jpg

さぁ、晴れになれっ!w
013_DSC_0010.jpg

斜面がどんどんときつくなって
おまけに踏み抜く。w
体力がどんどんと奪われていく。
014_DSC_0011.jpg

晴れろ!と願っていたが、暑過ぎて
段々と太陽が憎たらしくなってきた。w
015_DSCN2285.jpg

先が明るくて尾根が近いのが分かる
んだが踏み抜きが辛い。w
017_DSCN2287.jpg

お~っ、来た来た、やっと尾根。
019_DSCN2288.jpg

谷川岳方面。
霞んでいるけど眺めが良い。
021_DSC_0014_201703302138336bc.jpg

022_DSC_0015.jpg

尾根の斜度が意外に急で心が折れた
が、尾根の辺りは踏み抜きが少なく
て何より救いだった。w
023_DSC_0016.jpg

調子に乗って上がっていると右足が
攣り始め、誤魔化して上がってると
左足も攣り始める。w

両足を投げ出して座り、治まるのを
待つしかない。w
024_DSCN2289.jpg

日焼け止めを忘れたことを悔やんだ。w

足の攣りが治まってきたので、重い
腰を上げてまた一歩、一歩上がる。w
先が見えないが、そこにピークが
無いことは分かっている。w
026_DSCN2291.jpg

なだらかに繋がっている仙ノ倉山。
030_DSC_0020.jpg

尾根に出てから風を感じていたが
高度を上げる毎に強さが増すのが
分かる。日が無ければ寒過ぎだ。w

ピークの位置が大体分かってきた。
029_DSC_0019.jpg

やっとこ、到着、平標山。
標高 1,984m
031_DSC_0021.jpg

頂は広く、風を遮る物がない。
立っているものには巨大なエビが
できている。
032_DSC_0022.jpg

湯を沸かしてコーヒーでも…と
考えていたが、こんなに風が強く
ては、コーヒーどころではない。
033_DSC_0023.jpg

平標山から続く仙ノ倉山。
034_DSC_0024.jpg

反対の松手山方面。
035_DSC_0025.jpg


身体が冷えてきた。w
風が冷たくてニット帽をグイッと
引っ張って風を避ける。
足も冷めてきた気がする。w

いかんな、下山だ。
036_DSC_0026.jpg

上がってきた稜線を下る。

登りでは背中側にあって見えなかっ
た平標山の家が見えた。
あの小屋に泊まるのも面白そうだな。
037_DSC_0027.jpg

雪質が腐り始めていてボコボコと
踏み抜く。
ふと前を見ると、雪庇の先が崩れて
いることに気が付く。
誰かふざけて落ちたんじゃなかろう
なぁと思いながら近づいていくと…
踏み跡から少しずれた位置に亀裂。
038_DSC_0028-crop.jpg

040_DSC_0030.jpg

041_DSC_0031.jpg

撤収!w

樹林帯に入り込んでズコズコ踏み
抜きながら下る。
途中で見た北側の斜面はクラックが
入り、一部は雪崩れていた。
043_DSC_0033.jpg

044_DSC_0034.jpg


湯は月夜野ICまで戻る途中にある
猿ヶ京温泉まんてん里の湯で頂く。
大人3時間670円。
冷えた身体が温まる良い湯。
046_DSCN2292.jpg





【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・Wikipedia 三国峠(群馬県・新潟県)
・平標山の人
・雪国観光圏 > 湯沢町 > 平標山登山口駐車場
・猿ヶ京温泉 まんてん里の湯




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2
| らぅめんち ○○歩き備忘録 | NEXT>>

検索フォーム

QRコード

QR