The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
「鍬柄岳」
2017-12-14 Thu 22:36
2017.11.25(SAT)

御座山を下りて佐久から国道254号線
の内山峠を経由して群馬下仁田へ到着。

滝見の湯で粉雪がバンバン降ってい
たので、標高が高い峠の凍結と雪を
心配したが問題無く群馬まで来れた。

道の駅しもにたに到着したは、閉店
時間少し前。

葱を買いに行っても良いんだけど…

なんか疲れたから…

道の駅の駐車場で車中宴会をして
車中泊してしまおう!

そうと決まれば、買出しだ。w

コンビニでビールとツマミを買って
駐車場に戻る。駐車場には似た様な
人や、トラックの運ちゃんが時間調
整のために駐車していて、静か過ぎ
ない感じ。

スマホで動画を見ながら飲むx2。

映画一本見たところで眠くなってきた。


(-_-)zzz








(*´0)ゞoO

早朝、明るくなってトイレのために
外に出る。他の車中泊の方々も出て
いて、車中泊利用が多いことが分かる。

道の駅の開店までは時間があるし、
サラッと上れそうな山がないか地図で
で探す。

道の駅からあまり遠くなく、面白そ
うな山…を道の駅の北側に見つける。

「鍬柄岳」・・・。
昔は石尊山とも呼ばれていたらしい。


標高は高くないけど楽しめそうな山
だったので車を走らせて登山口へ向かう。


林道の途中に駐車スペースがあり、
間伐作業される方々の車が数台停ま
っていたので、取り合えず空いている
スペースに停める。
000_DSC_0102.jpg

道の駅から見た鍬柄岳は、上底が
若干傾いた台形っぽい形で鍬柄岳
より標高が高い大桁山がバックに
あるので目立たなく、こんな突出た
ような山だとは思わないな。

上る前は、上れんのか?と思ったが
結果として上がれた。w


登山口は駐車スペースから山に向か
って左手にある。
002_DSC_0105.jpg


しばらくの間、林道っぽい道を進むと
道が二股に分かれているが、道標が見
当らない…。

手前の道は真っ直ぐに伸びていて
先に小屋らしい建物が見えたので
そちらに歩を進める。
003_DSC_0107.jpg

小屋と思われた建物は、鍬柄嶽
阿夫利大神が祀られている社。

横に立つ一本の銀杏の木が散って
社の周りだけが鮮やかな黄色にな
っている。
004_DSC_0109.jpg

滑落せんように手を合わせてから
社の右手に伸びる登山道を進む。
005_DSC_0111.jpg

日陰でもなかなか良い眺め。
006_DSC_0114.jpg

なかなか上り甲斐のある斜度になり
脹脛が張ってくる。

林道に出るが、直ぐに林道の終点
のような場所に出る。ちょっとした
広場になっていて色付いた木々が
綺麗だった。
008_DSC_0117.jpg

道標の先もまた脹脛が張る斜度。
010_DSC_0120.jpg

斜面に付いたジグザグの踏み跡を
進んでジワジワと高度を上げていく。
012_DSC_0123.jpg

大桁山への分岐をスルーして、岩壁
を左手にして頂方面へ歩を進める。
ここからがこの山の本番。
013_DSC_0124.jpg

手書きの札。
心細い太さの鎖。
015_DSC_0126.jpg

足を掛け辛い箇所が多く、三点
確保で慎重に進む。
016_DSC_0128.jpg

鎖から手を放せる踊場から見た上州の山々。
018_DSC_0130.jpg

ある程度上がって来たようで、岩壁
に貼りつく姿勢が緩み始める。
020_DSC_0132.jpg

両サイドが落ちている箇所もあるので
まだ気が抜けない。
021_DSC_0133.jpg


小さな祠が見えたのでここが頂か?
と思ったが、直ぐに先がある事が分
かって何とも複雑な気分になる。
022_DSC_0134.jpg

祠の先がまた厳しい。
足が掛けられるので問題は無いが
精神的に良くない。
023_DSC_0136.jpg


南西神社奥之院入口の石碑を
越えれば頂だ。
038_DSC_0147.jpg

鍬柄岳 標高 598m
広い頂とは言えないが想像していた
より広めの頂で上州の山々が見渡せる。
026_DSC_0139.jpg

山の下から動いて見えていたのは
鍬柄嶽阿夫利大神の旗。強い風は
感じられないが、ゆ~っくり動いていた。
027_DSC_0142.jpg

荒船山
029_CSC_0153.jpg

鹿岳
031_CSC_0154.jpg

四ツ又山
033_CSC_0155.jpg


風が弱かったので祠の横に腰を下して
コーヒーを入れる。
035&036-mix

群馬の山々には、想像していたより
紅葉が残っていたのには驚いた。
コーヒーを飲んでゆっくりしていて
時計を見たら10時少し前。
頂に30分以上いたようだ。
037_DSCN2967.jpg

道の駅も既に営業しているだろうと
重い腰を上げて下山。





上りでは背にしていて気が付かなか
った破風山(はふうさん)が視界に入る。
ナタを横に立てたような山容から
別名ナタ山とも言うらしいが、ソフ
トクリームの先っちょの様に見える
のは私だけか。
024_DSC_0137.jpg


足場に気を付けながら岩壁の下に到着。
意外にサクサクと下りられた。
040_DSC_0149.jpg

岩壁から離れて登山道を軽快に下り
銀杏の落葉で黄金色に輝く社に到着。
社の周りだけが黄金色。良いねぇ。
041_DSC_0150.jpg



約2.9kmの山行。
kuwagara.jpg




道の駅しもにたの近くで大きな白菜
と下仁田葱を購入。
「道の駅みょうぎ」まで足を伸ばし
なめこ、生きくらげ、原木椎茸を。
家に帰ったら鍋だ!
050051044-mix


汗は、妙義ふれあいプラザもみじの湯
大人510円で流す。
露天風呂からは妙義山がドーンと
見える絶景でいうことなし。
045_DSCN2972.jpg

048_DSC_0152.jpg

松井田妙義ICから上信越道に乗って
のんびり我が家へ。

もう12月の半分が…。
年内、何処の山に行けるかな…。





【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・道の駅 しもにた
・みょうぎ物産センター
・富岡市観光ホームページ - 妙義ふれあいプラザ妙義温泉もみじの湯





スポンサーサイト
別窓 | 北関東 | コメント:4
| らぅめんち ○○歩き備忘録 | NEXT>>

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。