fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「武甲山」
2018-12-09 Sun 22:57
2018.12.02(SUN)

以前から秩父夜祭の花火を武甲山の
上から見下ろしたいと思っていたが
なかなか予定が付かなかった。

12/2宵宮、3日 大祭の開催日が上手
く休みに当たらず、当たっても他の
予定があって行けずだったが、今回
は宵宮に打ち上げられるの花火は何
とか見る事ができた。
秩父夜祭2018

当初の計画では山頂にテントを張っ
て花火が終わったら熱燗でキュッと
やるつもりだったが、月曜に外せな
い打合せが入ってしまったので、日
曜の夕方に山に上がって、花火を見
終えたら下山という計画変更。
今回、山頂に張られたテントが羨ま
しかった。




299号線が混雑する事が分かって
いたので、前日の夜に出ようか、
それとも当日の朝に出ようかと考え
た末、家を離れたのは当日の朝5時
過ぎ。
県内を北上しながら、途中で299号
線に交わるように秩父へ向かう。

秩父へは7時過ぎに到着。
山に上がるには早過ぎだったので
ちょっとだけ秩父を散策。

秩父神社。
003_DSC_0009_Ex.jpg

秩父神社では蔵から山車が出されて
いる最中だった。
008_DSC_0017.jpg

露店は殆どが準備中で、おやつに
あり付けず武甲酒造へ向かう。

途中で擦れ違った山車。
014_DSC_0026.jpg

途中に、松本製パンというパン屋が
あったので90円のコッペを購入。
懐かしいというか、自分が給食で
食べていたコッペパンの方が安っ
ぽかった記憶がする…。w
038-039-mix.gif

提灯屋さん
016_DSC_0029_20181209223754761.jpg


久々に武甲酒蔵にやっ来た。
017_DSC_0030.jpg

購入したのは「しぼりたて」と
「のんべぇ」の二本。
018_DSC_0032_Ex.jpg

のんべえとは秩父の方言で
「飲みましょう」とのこと。
「飲んだくれ!」の意味では
ないようだ。w


通り沿いをぷらぷら歩きながら撮影。

色合いが良かった脇道。
023_DSC_0041_Ex-crop.jpg

りんご。
024_DSC_0042_Ex.jpg


さて車に戻ろうか…と思ったが
秩父神社へ行って肝心な諏訪神社へ
行かないのは不味い。

有名な話らしいが、秩父の祭りの事
を調べていて初めて知った事。

諸説あるらしいが、武甲の山神には
諏訪神社に八坂刀売命という本妻が
いるにもかかわらず、秩父神社の女
神 妙見菩薩と年に一度の逢引を楽
しむという事を祭ったということ。

アパホテルはNGだが、神様のやる事
は祭りに、挙句の果てにユネスコ無
形文化遺産に登録…。


で諏訪神社に行ってみた。

秩父神社とは違って小さい社が
一般駐車場の端っこに佇むのみ。
028_DSC_0049.jpg

私が到着したときは未だ社に飾付け
がされていなくて、写真を撮ろうか
撮るまいかしているところに祭りの
主催者達がやって来て飾付けを開始。
そんな最中でも、祭りを知っている
年配の方々は本妻さんから挨拶して
おかないと、と言いながら手を合わ
せていらした。


さてさて、腹も減ったことだし
何か腹に入れねば…
が、祭なので秩父中混雑…
(^O^;)

仕方なく昼食はコンビニの駐車場で
軽く済ませて、石灰工場を横目に、
生川の一の鳥居駐車場へ。


029_DSC_0053.jpg

鳥居の先の駐車場には十数台の車が
停まっていた。
もしかして頂上は花火を見に来た人
でいっぱい? ( ̄▽ ̄;) ・・・
激混みだったりして?


写真を撮りながらゆっくり上がって
持ってきたおでんを食べて身体を温
める事にする。

で、車を離れたのが2時過ぎ。


下りてきた殆どの人たちに
「これからですか?」と聞かれ
「花火を見に~」というと納得される。
確かに夕方から上がるんだから心配
されますよね。w

鳥居から登山道を歩いて暫くして
7年前には無かったCafeに到着。
2017の春にオープンしたんだとか。
¥500で食べられる鹿肉ケバブが
気になるわ…。
030_DSC_0057.jpg

小さな滝。
032_DSC_0061.jpg

養魚場の近くでチェーンソーを
うぃんx2させて丸太を加工され
ている方の横をスルー。
033_DSC_0063.jpg

左の橋を渡ると「持山寺跡」方面、
武甲は直進。勿論、直進。
036_DSC_0067.jpg

武甲の頂は階段を直進。
037_DSC_0068.jpg

鳥居から30分ほどで不動の滝。
038_DSC_0069.jpg

この時季はペットボトルが片付け
られているが、シーズンには
頂のトイレ用の水を運ぶために
空のペットペットボトルが積まれ
ているらしい。
丹沢の鍋焼きのように歩荷ボラン
ティアが増えるといいねぇ。
これも7年前にはなかったなぁ…。



やっと陽が当たる高さまで
上がってこられた。
044_DSC_0082.jpg

大杉の広場で黄金色に輝く杉とは
7年ぶりの再会。
045_DSC_0084.jpg

のんびりしていると陽が逃げていく
ので先を急ぐことにする。
048_DSC_0093.jpg


木々の奥、山本体が石灰岩で白っぽ
く見えてきたら頂が近い。
050_DSC_0096.jpg

五十丁目の石柱。
051_DSC_0098.jpg

石柱の先が夕日で明るい尾根。
冬季閉鎖中のトイレと神社が見える。
053_DSC_0102.jpg

鎮座する神社は御岳神社。
軒下にバレーボール大の蜂の巣が
ぶら下っていたが、来シーズンは
大丈夫だろうか…。
055_DSC_0104_Ex.jpg

神社の左手を進んで頂へ向うと赤い
ツェルトが一張と大型の三脚が二台。

レンズを向ける方角に気を付けて
標柱を撮影。標高:1,304m
059_DSC_0108_20181209225016168.jpg


一の鳥居から2時間ほど掛かった。
風は強くないが寒かったのでネック
ウォーマーを首にしてダウンを着込む。

岩に腰を下してコーヒーを入れて
一休み。

暗くなる前におでんを温め突く。
玉子、大根、焼きちくわ、昆布、
はんぺん、ちくわぶ。アツアツ。


暫くして二張のテントが増える。

明日が休みならテントを持って
来たのになぁ…。

黙って動かないでいると寒いので
首元にカイロを挟んで寒さを凌ぐ。




綺麗な夜景だ。
062_DSC_0115.jpg



19時。

ドン!と上がる。久々に大活躍の
300mm。山で使うことはないと思
っていたのに山頂で使う事になる
とは。w
山から見下ろす花火も良いもんだ。

065_084.gif



092_141.gif


20時 … 終了。

寒い!( ̄▽ ̄)

サッサと荷を片付けてヘッデンを
点けて下山開始!

月明かりも無く真っ暗な登山道。
149_DSCN3424.jpg

急いで下り始めたのは良いが、
ヘッデンの明かりが若干暗めか。
電池交換…。こんな暗がりでは
やりたくない。w
急ぎ足!!

かなり下まで来て明かりが見えて
ギョッとしたが、Cafe近くの明り
だった。
150_DSCN3426.jpg

駐車場に到着したのは21時半。

明日が早いので早々に帰路へ。




【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・LOGMOG CAFE & SHOP
・武甲酒造








スポンサーサイト



別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
「南天山」
2018-11-24 Sat 20:12
2018.11.10(SAT)

久々の山歩。
何処に行こうか…。
秩父の奥の南天山って山があって
なかなかいい眺めだと聞いた記憶
があった。


南天山に向かう前に、秩父の雲海を
見てみようと、前夜に美の山公園に
行ってみる。

まだ夜…。
雲海が見られる時間はまだ先だと
いうのに撮影スポットは既に先客で
一杯。脚立+三脚の方々が夜景から
撮影を始めている状況。
明け方の富士山撮影と同じ、いや
それ以上に人が多かった。w



( ´O)ηファ~

車の中で仮眠して目覚めたのは
日の出前。
まだ5時過ぎだというのに人が多い。
撮影スポットの見晴らし台は人で
埋まっている。
さて、折角だからそれ以外に撮影
できそうな所はないものかと探すが
なかなか無い。w

三脚片手にぷらっぷら歩きながら
数枚を撮影。

駐車スペースを考えるとバイクで
来るのが正解ですな。
000_DSC_0008.jpg

夜明よりも前の方が、夜景混じりの
雲海が見られて良いかもなぁ。
001_DSC_0005.jpg

一番見たかった雲海工場と呼ばれて
いる麓の三菱マテリアルセメント工
場と武甲山。
008_DSC_0021.jpg


かなり広い範囲で雲海が広がっていた。
010_DSC_0024.jpg


西側の方には陽で橙に染まった両神山。
004_DSC_0014.jpg


良い雲海を撮影するなら雲海の発生
するタイミングも大切だが、良い
撮影ポイントを抑えないと厳しい…







美の山を下り、滝沢ダム方面へ。
県道210を進んで秩父槍ヶ岳登山口
を横目に彩の国ふれあいの森への
分岐を王冠キャンプ倶楽部方面へ。
キャンプ場手前に数台の車が停まっ
ていてそこが登山口。
紅葉を楽しみながら車を走らせる。
012_DSC_0026.jpg

駐車スペースには既に3台程が停ま
っていて、先客の車と離れた場所に
停めていると後続で2台!
危うく停めるスペースに苦労すると
ころだった。

この日は年配の方がずらっと!
10人近いグループもいて、林道で
円陣になって声を掛け合い準備体操。
自分も声に合せて足首を回しながら
準備。w
013_DSC_0029.jpg

陽射しも相まって良い秋色。
014_DSC_0031.jpg


しばし先輩方の後方から秋色を
楽しむ。
015_DSC_0032.jpg

先輩方が道を譲ってくれたので
カメラを仕舞って先に行かせて
もらい、沢沿いに前進。
『起点まで250m 南天山まで2900m』
と記された標識を横目に更に先へ。
小さな滝が幾つか現れる。
019_DSC_0036.jpg

振り返っても良い景色だ。
020_DSC_0038.jpg

法印の滝。
024_DSC_0042.jpg

先を譲ってくれた先輩方はかなり
後方。ザックを下してアウターを
脱いで一息つく。
025_DSC_0043.jpg

滝の周りも良い色付き。
027_DSC_0046.jpg

再びザックを背負って先に進み
滝を見下ろすのもまた良い眺めだ。
029_DSC_0048.jpg

紅葉を楽しみながらカメラ片手に
のんびり歩く。
030_DSC_0049.jpg

032_DSC_0052.jpg

沢に架けられた橋を渡って右岸、
左岸を行き来する。
034_DSC_0057.jpg

沢から離れるように、左手の斜面に
付いた登山道を上がっていくと、
周囲とは場違いな雰囲気の中に
ドラム缶が佇んでいた。
いつの時代からこの風景の中に溶け
込んでいたんだろうか。
036_DSC_0059.jpg

しばらく進んでいくと、直進と
右手に下る分岐に。
040_DSC_0066_20181124200529f3a.jpg

直進でも行ける筈なのだが、右手に
下ると、壊れた南天山への標識が
見つかる。
041_DSC_0067.jpg

今まで歩いてきた沢沿いではなく
樹林帯に突入…。

ここからがキツかった。w
042_DSC_0069_20181124200716ad5.jpg


斜面には大きなジグザグの登山道。
明るい尾根に向かうが、尾根に近
づくと折り返しが現れて、なかなか
尾根に出られない。w
043_DSC_0071.jpg

針葉樹に囲まれて眺望は無いに等し
いが、頭上の雲が増えてきたような…



足元には赤い楓。
045_DSC_0073.jpg


樹林帯に入ってから尾根に出る迄
1時間ほど掛かってしまった。
048_DSC_0076.jpg


山頂直下の直登。
051_DSC_0079.jpg

丁度年配の女性が下りて来た所で
「その先ですよ」と教えてくれた。
角の多い岩を越えた先に頂が在る。
053_DSC_0081.jpg


岩がゴロゴロした狭い頂に傾いた
標柱。南天山 標高1,483m
054_DSC_0082_20181124200725feb.jpg

到着したときは、3人程しか居な
かった頂も、コーヒーを沸かしてる
間に腰を下す場所がない程混雑してきた。w

両神山
056_DSC_0084.jpg

コーヒーを飲んでボーっとする。

行きたい時に山になかなか行けなく
なってきたなぁ…なんて思いながら
気が付けば40分ほど頂に居た。

先に譲ってくれた先輩方も到着して
続々と山頂に腰を下して昼食。

自分も持ってきた棒ラーメンを…
と思ったが、この激混みの中で
調理するのが面倒…、食べる気が
失せてしまった。( ̄▽ ̄;)

下山。




上りではあまり気にならなかった
橙に染まってる針葉樹の紅葉もな
かなか良かった。
057_DSC_0085_20181124200728302.jpg

斜面を下り沢沿いを進んで法印の滝
を過ぎたところで、一人の男性に
ここから法印の滝まで安全に行って
戻ってこれるか聞かれる。
安全か…は本人次第と思いながら、
行って戻ってきても日が暮れる前に
は登山口に着けるかな?と告げてお別れ。
058_DSC_0086_201811242010010cf.jpg

水の中の紅葉。
060_DSC_0090.jpg

優しい山だな。
059_DSC_0087.jpg


2時間掛からないで車に戻る。

約6.6kmの山歩
nanten.jpg


車に積もった落葉をそのままに
車を出すと、フロントガラスを
落葉が駆け上がって行く。
061_DSC_0091.jpg


良い山だった。



【お役立ち情報】
・秩父の雲海予報(twitter)
・tenkijp(秩父市の天気)
・てんきとくらす(南天山)








別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:8
「武川岳、大持山」
2018-09-14 Fri 22:47
2018.09.09(SUN)

遠征前のトレーニングと靴慣らしの
ために、久々に埼玉の山を歩くことに。

向かったのは武川岳登山口。
下道を通って12時過ぎに到着。

周辺に駐車場がある認識でいたが
駐車場は時間が来たらCloseされる
ようで駐車できず。

ちょうど名栗元気プラザの入口前に
車道脇の草原スペースがあったので
そこに車を停めて車中泊。



(*´0)ゞoO



何度か目が覚めてちょっと寝不足。

7時頃に名栗元気プラザのゲートが
開いたのでトイレを借りるために
第二駐車場へ車を停めて建物の中へ。
快くトイレを貸して頂き、駐車も
快諾して頂けて感謝。
01_DSC_0001.jpg

8時少し前に車を離れて、カーブに
ある林道大栗沢線の入口へ向かう。
02_DSC_0002.jpg

簡易的なチェーンゲートを跨いて出発。
03_DSC_0003.jpg

沢沿いのアスファルトの林道。
緩やかな上り。前日の夕方に雷雨が
あったようで路面がゴミだらけ。
おまけに日当たりが良くないようで
苔で滑りやすい。
05_DSC_0006.jpg

しばらく歩いて標識通りに砂利道の
林道へ進む。
08_DSC_0013.jpg

道なりに進むと十字路が現れるが
マップでは十字路ではなく丁字路。
林道にぶつかったら林道を右に進む
予定だったので十字路は想定外。w
10_DSC_0016.jpg

少し悩んだが、方向修正の標識や
案内が無かったのでそのまま直進。


少し進んで登山口を示す標識を発見。
11_DSC_0018.jpg

登山道脇に伸びている背の高~い杉。
14_DSC_0024.jpg

暫く直進して折り返す様にして斜面
を上がる。
ガスの中に日が差し込む…。
快晴の日では見られないこういう
光景もまた良い。
18_DSC_0032.jpg

尾根に出て暫く進むと名栗元気プラ
ザ側からの登山道と合流。
20_DSC_0040.jpg

薄っすらガス掛かった尾根道。
21_DSC_0042.jpg

軽いアップとフラットが交互に現れ
るのんびりと歩けるコース。
22_DSC_0044.jpg

幅の広い登山道。
ここも薄っすらガスが掛かって僅か
に差し込む日差しが良い感じ。
27_DSC_0058.jpg


横たわる大木
28_DSC_0059.jpg

登山口から1時間40分ほどで武川岳
の頂に到着。標高1,051.7m

ベンチが4つ。
一つに腰を下ろして一息つく。
29_DSC_0062.jpg

ガスが無ければ景色が見下ろせそう
な所もあったがガスで真っ白。
30_DSC_0063.jpg



時刻はまだ9時半。
武川岳だけでは少し物足りなかった
ので、大持山まで足を延ばそう…

とあるサイトのマップでは大持山迄
1時間10分ほどのこと。これを信じ
たのがちょっと甘かった。w

先ずは妻坂峠へ向けて下る。
31_DSC_0064.jpg

差し込む日が良い。
32_DSC_0066.jpg

静かで良い。
34_DSC_0070.jpg

右手側にも尾根が続いていそうだっ
たが、左手の目印に気が付いて左側
へ舵を取る。
踏み跡が薄くて、本当にこっちか?
と思いながら下る。

この下りがなかなか急で、ピストン
での上り返しを考えると萎える程の
斜度。w
35_DSC_0072.jpg

更に急斜面を下る。
気持ち的にはもう限界。w
36_DSC_0073.jpg

時間にして30分弱ほど下って
妻坂峠839mへ到着。

武甲の一の鳥居登山口方面から
おば様方の笑い声。
38_DSC_0078.jpg

石仏は、この峠で命を落とした人を
供養するために1747年に建てられた
そうだ。
39_DSC_0079.jpg

大持山までは約1時間40分…。
Σ( ̄□ ̄;)
41_DSC_0083.jpg

マップでは50分と書いてあったのに…
やけに下るなぁと思ったんだよな。w
まぁ地形をよーく確認しなかった
自分が悪いんだが…。

大持山から戻る迄に駐車場がClose
されないか心配だったが、昼飯の
時間を考慮するとギリだが決行!

ヾ(^0^)〃




上り始めもまたガス。
42_DSC_0086.jpg

上りがきつくて画像がない。w
妻坂峠から5、600mが急な上り。
それを越えると軽いアップと
フラットの繰り返し。



1時間半ほど上って鳥首峠と大持山
への分岐に到着。
丸太に腰を下して一休み。
ここも晴れれば眺望が良いみたい
だがガスガスで真っ白。
47_DSC_0098.jpg

大持山の頂で昼飯にしようと
先に進む。




10分ほどで大持山の頂、標高1294m
に到着。三角点と標識があり、あま
り広くない。おまけに眺望もなし。
腰を下すような感じでもないので
丸太のあった分岐迄戻って昼飯にする。



先ずはお湯を沸かしてコーヒー。
フライパンで野菜とソーセージを炒
めて麺を投入。
ちょっと水を足して麺を解し、焼き
そばソースを混ぜ混ぜして出来上がり。
54555657-mix

気が付けば30分も居たようだ。

( ̄▽ ̄;)


頭上に晴れ間が見えたがスッキリせず。
直ぐに好転する雰囲気でもなかった
ので眺望は諦めて下山。
58_DSC_0113.jpg

妻坂峠手前の下りで木々の間から
見えた武川岳。
60_DSC_0116.jpg

妻坂峠から武川岳に向かう斜面から
見た大持山方面。
この奥が大持山だが見えず。
64_CSC_0124.jpg

武川岳へ上り返している最中に
天気が良くなったようで木漏れ日が
良い。
66_DSC_0126.jpg

武川岳の頂は午前中に見た頂とは
別物。
ベンチに腰を下して一休み。
68_DSC_0129.jpg

見える範囲は広くないが良い眺めだ。
69_DSC_0131.jpg

上りでは気が付かなかった花。
ヤマジノホトトギス
76_CSC_0143.jpg

ここまで下りてくれば駐車場が閉じる
前に着ける。
78_DSC_0149.jpg


林道ゲート前にバイク乗りの
おっちゃんが一人。
世間話をしてから駐車場へ。


約13.3kmの山歩。
takekawa_ohmochi.jpg




【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・名栗元気プラザ





別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
「天空のポピー」
2018-06-07 Thu 22:23
2018.06.02(SAT)

WEB上では9時から会場となっていた
が、駐車場は8時半の状態で既に車が
たくさん停まっていて、お客さんは
既に会場入り。

DSC_0002_20180607221905849.jpg

DSC_0004.jpg


DSC_0005.jpg


DSC_0007_201806072219095c7.jpg


DSC_0013_20180607221910e55.jpg






今回試したかったのは…「宙玉」


DSCN3135-crop.jpg


DSCN3133-crop.jpg


宙玉撮影用の筒作成は別途。



【お役立ち情報】
・天空のポピー







別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
「登谷山」
2018-04-08 Sun 22:04
2018.03.27(TUE)

去年の12月から今年の3月までの間
思うように休暇が取れず、一つの山
にも行けなかった。


偶々平日の午後に休みが取れる事に
なったので、気晴らしに夜景でも
撮りに行こうと秩父に出かけてみた。

急だったので、ヘッデンとカメラ、
三脚をザックに入れて車を出す。



普段使う秩父までのルートとは別の
ルートで来てみたら、なかなか快適
だった。

到着したのは17時過ぎ。
000_DSC_0001_20180408215726147.jpg

道標に従って頂へ向う。

少し荒れているが舗装された道。
登山口からグイッと上ったと思った
ら、また下がってまたまーっすぐ
上がる。
001_DSC_0003_20180408215729a05.jpg

東武東上線の中刷りで見た「外秩父
七峰縦走」のハイキングコースの一部のようだ。
002_DSC_0005_2018040821572953e.jpg

10分も歩くと668mの頂。
頂近くには、コンクリートで出来た
秩父セメントの無線局の建物。
金網で囲まれたおどろおどろしい雰囲気。
005_DSC_0008.jpg

見下ろす草むらから聞こえた獣の気配。
ガサガサ…。コチラの存在をアピー
ルすると、気配が遠のいて行った。
鹿かぁ。


夜景のメインとなる小川町方面は
未だ街明かりが点いていない。

建物や木々が邪魔で日没が見えない。
日没までは充分に時間があるので
駐車スペースまで下りる事にする。
010_DSCN3037.jpg



駐車スペースからの静かな日没。
012_DSCN3039.jpg

014_DSCN3040.jpg

月明かりが明るかったので完璧な
闇にはならず、日没の余韻が弱く
続く景色の中、車内でぼーっとする。

1時間ほどぼんやりしてたかな。
最近はぼんやりしてる時間も無かったから。


ヘッデンを点けて頂に向う。

ちょっとガスが掛かっていたけど
なかなかの夜景だ。
015_DSC_0015_stitch.jpg

寒すぎず暑すぎず、蚊やアブも
いない季節。花粉さえなければ最高なんだが。

3月末、これが今年初めての山?登り。w
どんな年になるんだか。。。







別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
| らぅめんち ○○歩き備忘録 | NEXT>>

検索フォーム

QRコード

QR