fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「木曽駒ヶ岳」
2013-01-19 Sat 16:22
2013.01.11

3連休は混むに違いない。1日早く行けると、山を独り占めできるかも・・・と
木曜の夜に中央道を走り駒ヶ根ICへ向かう。

001_DSCN7563.jpg

トンネルの天井が崩落した所為で対面通行になっていて、しかも時速40kmの速度規制が敷かれている。
千葉の館山道も常時対面通行だが70kmだったはず。40km制限とは抑え過ぎではないか?w

003_RSCN7576.jpg

駒ヶ根ICから菅の台バスセンターの大駐車場までは車で15分くらいかな。

駐車場には車が4台。冬期なので増えたとしても10台くらいのようだ。
駐車1回につき500円。

ロープウェーの乗り口がある「しらび平駅」まで行くバスは 8:12 が始発。
それまで充分に寝られるのでシュラフでお休みします。

(-_-)zzz

006_DSCN7572.jpg

天気は快晴、雲ひとつ無い状態で言う事無し。( ̄▽ ̄)

8時頃にキップ売り場が開店してバスとロープウェーの往復券を購入。
(バス往復1600円、ロープウェー往復2200円)

005_DSCN7571.jpg

出発の5分位前にバスが到着していて、乗り込むのは私だけ。w

貸し切り状態でしらび平へ出発です。ヾ(^0^)〃

008_DSCN7574.jpg

40分ほどの山道をバスに揺られてしらび平へ到着。

011_DSCN7579.jpg

010_DSCN7578.jpg

9:00ジャストのロープウェーに乗り継ぐ。

015_DSCN7584.jpg

客は私一人だったので、ガイドさんと会話を楽しみながら標高2612mの千畳敷へ到着。
気温は-10℃。

019_DSCN7588.jpg

「← 宝剣岳 千畳敷カール 側」と「南アルプス連峰側 駒ヶ根市街地望む →」の標識はあれど、ホテルは・・・

扉を開けるとホテルへの入口。ロープウェー乗り場に隣接と言うより一体化しているように見える。w

020_DSCN7589.jpg

南アルプス側に出てパノラマ。

021_DSCN7590.jpg

中央に富士山も確認できる。
元旦だと、この千畳敷からダイヤモンド富士が見られるそうだ。

建物の裏側、千畳敷カール側には駒ヶ岳神社。

030_DSC_0017.jpg

中央に宝剣岳。濃い青空に白いカールが綺麗だ。

037_DSC_0024.jpg

カールの積雪が多い場合に履こうと思って持ってきたスノーシューは
ザックに取り付けたままで最後まで使うことはなかった。w

今まで使っていたアイゼンのジョイント部分に緩みが出るようなったので
買い換えたアイゼン(エキスパートオブジャパンの10本爪)を装着していざ、出陣。w

043_DSCN7597.jpg

目指すは正面の積雪部を登り切った上にある乗越浄土(2,850m)。

050_DSC_0030.jpg

序盤は緩やかだったが、徐々に急登になり、しかもフロントの爪が刺さり辛い斜面になってくる。
写真を撮りながら上っていたら、時間が掛る、掛る。w

057_DSC_0039.jpg

雪の無いときの登山道がジグザグに斜面を這っているのが分かったが、
クランポンが刺さり辛いので斜面に対して斜めに上がるのが少し怖い。( ̄▽ ̄;)


日の照返しで肌が焼ける。
失敗だ・・・日焼け止めはホテルに預けた荷物の中・・・。
後の事を考えて色んな言い訳を考える。ww

059_DSC_0042.jpg

丁度上りきったところで後続の人に気が付く。

彼一人かぁ・・・。

宝剣山荘(左)、天狗荘(右)共に冬期閉館中。
067_DSCN7609.jpg

前岳、北御所への稜線。
074_DSC_0052.jpg

宝剣岳にはしっかり雪が付いていて、
無理して上ることもないかぁ、と中岳方面へと足を向ける。

070_DSC_0046.jpg

稜線、シュカブラ・・・。
日が暮れる前に千畳敷に戻れれば良いので特に焦る必要もなく、
久々の雪景色に時を忘れてシャッタを切る。

そうこうしている間に後続から上がって来た先ほどの彼に先を行かれてしまった。w

宝剣岳の辺りはアイスバーンになっているところが多く、歩くとカリカリと音がなる。

この辺は風の流れの影響もあってかバーン上の降雪は少なくシュカブラの出来も浅い。

076_DSCN7611.jpg

078_DSC_0054.jpg

中岳の頂上は駒ヶ岳方面から吹いている風が強かったので岩の陰で風を凌ぐ。

084_DSCN7620.jpg

手前に見える凹凸の少ない木曽駒ヶ岳。

082_DSCN7617.jpg

その奥、遠くに見えるのが御嶽山。

081_DSCN7616.jpg

祠に向かって左側に木曽駒ヶ岳へ下るルートがあったが、
中岳を右に巻いた方のシュカブラが深く、その景観を見過ごす訳には行かず右に巻く。
夏と違って比較的思ったように歩けるのが冬である。もちろん雪庇などには要注意だが。w

087_DSC_0057.jpg

本ルートに戻るように巻いて歩き、また閉館中の山荘を横目に駒ヶ岳頂上へ向かう。

090_DSCN7623.jpg

ここから駒ヶ岳までの傾斜は緩やか。


ヾ(^0^)〃

木曽駒ヶ岳 標高 2,956m
099_DSCN7628.jpg

頂上には祠が2つあって、1つは半分以上雪に埋もれていて為す術無し。
もう1つの祠の扉には邪魔な雪がなかったので手を合わせる事ができた。

096_DSCN7625.jpg
107_DSCN7636.jpg

方位盤には山の名前や方位記されている筈なのだが、年数が経った所為で溝がなくなっている。

097_DSCN7626.jpg

南アルプスの向うに富士山が見える。

106_DSCN7635.jpg

山頂で喉を潤そうと持ってきたペットボトルのお茶はシャリシャリのフローズン状態。w

下山中、青空が綺麗だと言うのに風が強くて、風にお辞儀した格好で過ぎるのを待つ。ww

111_DSCN7641.jpg

乗越浄土辺りまで戻ってきてから気が付いたのがこのたくさんの足跡。
踏み固められた部分以外の雪が風で流されて、足跡の部分だけがモッコリと残っている。
下界では凹むのに、ここでは凸んでいるのが面白い。w

118_DSCN7649.jpg

さぁ日が陰ってきたカールを下る。

124_DSC_0066.jpg

降り始めはの箇所は斜度がきつく、おまけに雪面がカチカチだったので
踵から踏み下りてもリアのクランポンがしっかり雪面を捉えるかが心配で焦らず慎重に下りた。

日が陰ったカールは全体が青白く、日に照らされていた時とはまた違った様相。

131_DSCN7657.jpg

アイゼンを外し、ピッケル等をザックにしまってフロントで宿泊の手続き。

宿泊者は3名とのこと。w
良いねぇ、この人の少なさが溜まらない。( ̄▽ ̄)

部屋は一人で使うには充分な広さ。
135_FSCN7709.jpg

時間的な要素が記載されたカード。
136_RSCN7708.jpg

お茶を入れて一休み。

山行後にテントに泊る事はあったが、宿に泊るのは初体験でなんだか落ち着かない。w

テレビがあって、トイレがあって、お風呂もある。

さっきまで山にいたのに、なんだか調子が狂うなぁ。w



お風呂場の蛇口からお湯が出なくて困っていると、
偶々一緒に入った若者が、前回泊ったときもお湯が出なかったと教えてくれた。w

名古屋から星を撮りに来たらしく、去年の秋に星を撮りに来てからここ千畳敷に嵌ったとか。
中学生のときから星を撮るのが好きになったそうだ。

☆かぁ・・・真剣に撮ったことないなぁ。w

夕食を済ませてカメラを持ち出し(もちろん三脚も)、星空とカールを撮影しようとしたのだが
近頃の撮影ではAFに頼り切っていて、今の私には無理。というか寒くてピンを探す根性が失せる。w
もうちょっと勉強してからだなぁ~と、ホテルの反対側の駒ヶ根市外が見下ろせる箇所に三脚を立てて夜景を一枚。

154_DSC_0070.jpg

その晩、自分で持って来た日本酒とワインを飲みふかふかの布団で就寝。w

次の朝は部屋から御来光を眺める。

157_DSC_0075.jpg

朝食を頂いてから帰り支度をする。

163_FSCN7697.jpg

9時のロープウェーでしらび平へ下り、バスに乗り継いて駐車場へ。

すれ違ったロープウェー、バスの乗換えで見たお客の数は全部で20人くらいかな。

私が泊った日より確実に賑やかだと思われる。www


千畳敷から木曽駒ヶ岳往復の山行は約6.6km。

大変楽しかった。( ̄▽ ̄)


kisokoma.jpg


【お役立ち情報】
・中央アルプス ホテル千畳敷
・中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ
・中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ バーチャル体験(現在の千畳敷カール・南アルプス ライブ映像)
・駒ヶ根市(駒ヶ岳ライブカメラ)
・“長野県駒ヶ根市”の天気(weathernews Pinpoint天気検索より)
・Wikipedia(木曽駒ヶ岳)
・Wikipedia(宝剣岳)
・Wikipedia(三沢岳)
・Wikipedia(檜尾岳)
・tenki.jp(木曽駒ヶ岳)

スポンサーサイト



別窓 | 中央アルプス | コメント:0
「御嶽山」
2012-06-18 Mon 14:43
2012.05.12

「おんたけさん」や「みたけさん」という名前の山は至る所にあるようですね。
私が知っている山では、埼玉県秩父市にある秩父御岳山(おんたけさん)、
東京都青梅市にある御岳山(みたけさん)くらいですが、Wikipedia で見るとその数に驚きです。w

当初、おんたけ、みたけシリーズで登ってやろうと思ったのですが数が多いのと、
各地に散ばり過ぎていたので直ぐに諦めました。w

で、今回わたしが登ったのが長野県と岐阜県にまたがった御嶽山(おんたけさん)標高3,067m 。
コースは田の原天然自然公園の田の原駐車場~剣ヶ峰のピストン。
御鉢巡りも考えていたのですが、頂上にてあまりの強風に断念。

また今回は、前日に仮眠を取っていたので、深夜に到着したら直ぐに登り出して山の途中から御来光を・・・
いや、あわよくば山頂で御来光を・・・と考えていたんですが、
思っていた以上に高速インターからの距離が離れていて、田の原駐車場に到着したのが深夜の3:00過ぎ。

DSCN2287.jpg

到着後、心が折れたのと疲労で車のシートに座ったままで仮眠。

気が付けば時計の針は5時を回っていて、到着時に私の車を含めて2台だった車が5台に増加。

山の上からの御来光は駄目でも、何処か見晴らしの良いところは・・・と探してみると
ロープで車の進入を妨げている駐車場からの眺めが良かった。( ̄▽ ̄)

雲海と昇る日を見ていると、別に山に登らんでも良いではないか、と思ってしまう。w

DSCN2296.jpg

3人のクロカンプレーヤーが準備を進めて、私より先に登って行ってしまった・・・。orz

あまりにものんびりとし過ぎていないかと思いながらも、おにぎりを食べる私。w

さて準備を開始。(笑)

先日の八ヶ岳でボッキリと折ってしまったポールの代替品を急遽購入してこの日に備えたすばらしい対応。(笑)

山の上の状況がわからないので、ザックにアイゼンとスパッツを放り込む。
もしかしたら踏み抜きが多くて歩行に支障が出るようであれば困るのでスノーシューもザックに装備。
待てよ・・・、3000超えなんで、もしかしたら山頂付近がアイスバーンでピッケルを必要とするかも・・・とザックに装備。

って私の持っているものフル装備じゃないか!(笑)

水は持ったし、GPSもOK、車の鍵を閉めて、いざ出発。

登山口の鳥居の横にある『木曽御嶽山絵図』というおどろおどろしい水木しげるの漫画に出てきそうな絵図。

DSCN2302.jpg

朝日に照らされた登山道入口の鳥居。
雲ひとつ無い青空、風も殆ど無い。ヾ(^0^)〃
(この時点では御鉢巡りする気満々)

DSCN2305.jpg

これが山頂まで登ろうとしている御嶽山の全貌。
山も朝日に照らされて輝いているように見えている。

DSCN2307.jpg

少し進むと、現在の五円玉と旧五円玉のオブジェが飾られた『御嶽山田之原大黒天』が右手に現われる。
ここら辺は傾斜が緩やかなのでサクサクと進める。

DSCN2308.jpg

標高が高いからなのか、この時期にしては雪が柔らか過ぎず、固過ぎずで滑りそうな感じがしない。
朝が早いからってのもあるんだろうなぁ、と取り合えずアイゼン無しで前進。

先行していた3人のクロカンプレーヤーをロックオン。(笑)
一休みしていたので、お先に失礼します。

確かにあのなだらかな稜線を見ると、滑りたくなる気持ちが分るなぁ~♪

DSCN2310.jpg

前方に「金剛童子」と「日之権現」「意波羅天宮」「蔵王権現」が祀られているのが見えてきた。

DSCN2311.jpg

積雪面を前進すると、雪が無くなって岩がコロコロ転がった登山道に出る。
これの繰り返しが何回か少々続く。
岩肌を歩くときはアイゼンを填めてなくて良かったなぁ、と思いながら。
積雪面を歩くときは、ザックからアイゼン出して填めようかなぁ、と思いながら。w

DSCN2314.jpg

ポールを突きながら前進。

3人のクロカンプレーヤー達は遠くの積雪面を歩いている。

風も感じられず静か・・・・

茂みから「ごぇ~ごぁ~」と。Σ( ̄□ ̄;)

森林限界を超えているので植物の丈は膝下くらい。
動物が隠れていたとしても、大きくはないか・・・

バッタ?
(いやいや寒すぎるし、無視の出番じゃない。)

牛蛙?
(蛙は冬眠してんじゃないの?こんな標高が高いところには違うでしょ。)

気味悪いなぁ・・・と、鳴き声が聞こえなくなったのであmた前進。

ツバメなんかも飛んでいる。
何かのテレビ番組でツバメが減っているとか言っていたなぁ・・・。

そこに白っぽい鳥がバタバタバタ・・・・点と点を結ぶ直線を移動するかのように飛んでいった。
飛び上がるという感じではない。w

あっ、あれが雷鳥かぁ~♪ ( ̄▽ ̄)

それにしても、えげつない鳴き声だったなぁ・・・w

姿を見たいと思っていると、鳴き声は一切聞こえなくなってしまった。
なんだよ、あれだけ私をびびらせておいてさぁ!


右手に「金剛童子」、左手に右から順に「日之権現」「意波羅天宮」「蔵王権現」が祀られている。

DSCN2315.jpg

その中で気になったのが「意波羅天宮」。

DSCN2321.jpg

山の神様ということなんですかね・・・・。w

更に前進すると「御嶽山摩利支天」が祀られている。
3面を持ち、目が金色に輝いている。

DSCN2327.jpg

八合目の小屋の中は日差しが入らないので雪が溶けずに残っている。

DSCN2329.jpg

小屋にこんなのが貼られてましたが、あなたはどうですか?w

DSCN2330.jpg

また積雪面です。
滑ることもないのでアイゼンは填めない

DSCN2333.jpg

また岩肌が出てきて「富士見石」に到着。
ここからは富士山が見えるらしいが、生憎、南アルプスの山頂に雲が掛っているくらいなので見えやしない。w

DSCN2338.jpg

先に進むと「九合」と記された石標が現われるが、

DSCN2341.jpg

更に先に「九合目」の石標が現われる。

DSCN2342.jpg

DSCN2343.jpg

小屋に向かって右側の王滝頂上、剣ヶ峰方面へ向かう。

中央不動に手を合わせて前進。

DSCN2346.jpg

9合目を過ぎてもう少しで頂上という「王滝頂上山荘」の手前くらいに「御嶽山登山MAP」が立っている。

DSCN2350.jpg

「登山についてのご注意」に以下の記載がされているが笑えた。

1.家の方に日程、コース等を事前に知らせましょう。
2.服装は季節に応じた十分な装備をお持ち下さい。
3.食料は1~2食分を余分に持って行きましょう。
  :
  :

9合目を過ぎたところで言われても困る内容だと思うのだが・・・w
さぁ、もう一踏んばりだ、頑張ろう。

DSCN2351.jpg

王滝頂上山荘 の並びにある 御岳神社 に辿り着く。

DSCN2353.jpg

快晴なのに強風。怖いくらいの風の音。( ̄▽ ̄;)

剣ヶ峰の見えるところまで足を運ぶ。

氷の粒子が風で飛ばされて顔に打ちつけられ、針が刺さるかのようでかなり痛い・・・。
山の反対側は強風だったわけですね・・・。
これじゃぁ剣ヶ峰に上がっても強風かぁ・・・。

DSCN2354.jpg

断念したい気分。(笑)

「いやいや、ここで諦めてなるものか!」と、フードのファスナーを上げて帽子を深く被る。

それにしても凄い音だなぁ~と辺りを見ていると、蒸気が噴き出している箇所を発見して火山だからなぁと納得。

RSCN2357.jpg

さぁ前進。( ̄▽ ̄;)

DSCN2358.jpg

DSCN2362.jpg

一応、手を合わせて・・・・

左側に小さな頭を発見。w

DSCN2386.jpg

踏んじまうところだった・・・( ̄▽ ̄;)

剣ヶ峰旭館まで到着したが、どう見ても営業している風ではないので
そのまま上の御嶽神社へ。

DSCN2364.jpg

決して軽くない私なのだが、あまりの強風で身体が飛ばされそうになる。
那須岳で経験した強風以上に怖かった。w

DSCN2366.jpg

DSCN2373.jpg

御嶽山 剣ヶ峰 3067m。

DSCN2369.jpg

建物の裏手に回ると御鉢めぐりへの行き先が記されているが、
とてもじゃないが風が強くて、回ってる最中に飛ばされっかも知れないと思うと進めない。(笑)

DSCN2375.jpg

結局、御鉢めぐりは断念して下山。


9合目まで下りたところであの鳴き声に気が付く。
これが雷鳥かぁ、とカメラを取り出して近づく。
思いっきりこけたがめげない。w
3~4m位まで近づいて撮影。以外に逃げない。w

RSCN2394.jpg

これから登っていこうという人たち。

DSCN2403.jpg

雪面もそれ程溶けず無事に駐車場まで戻ってこられた。

DSCN2408.jpg

スノーシューもピッケルも外すことなく。(笑)

帰りはお土産やさんでコチラを購入して夜に頂きました。

DSCN2416.jpg



ontakeyama.jpg




【お役立ち情報】

・開田高原木曽馬の里ライブカメラ
・“長野県木曽郡王滝村一円”の天気(weathernews Pinpoint天気検索より)
・長野木曽のスキー場 おんたけ2240
・王滝村 他の原天然自然公園(木曽御嶽山登山道起点)
・御岳神社
・Wikipedia-1
・Wikipedia-2
・御岳ロープウエイ
・気象庁
・雷鳥


別窓 | 中央アルプス | コメント:0
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR