fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「奥穂高岳」
2012-11-24 Sat 22:52
2012.10.06-2012.10.07

寒くなってきたので、テント泊は今年最後のチャンスかな、と3連休を狙っての山行。

マイカー規制というヤツは全く持って気に入らないが、ルールを守らないと山に登れない。w

000_DSCN7281.jpg

北岳のときは、夜から駐車場に車が一杯で危うく停める場所を探しにウロウロしなければならない所だった。
そうはなりたくはなかったので、前の晩から沢渡の駐車場を目指して、高速を乗り継いで急いで松本に。w


駐車場は全て有料で1日500円。24時間営業の駐車場は、時間ではなく夜の12:00を回ると1カウントされるので注意。w

市営駐車場は24時間営業だが、民間の駐車場は朝6時からとかバスやタクシーの始発より遅いオープンが多いようだ。
私が辿り着い PM10:30 頃は市営駐車場にまだ充分な空きが有ったが、寝ている最中に満車になったようで、朝は民間駐車場のオープン待ちで車が列を作っていた。

なんだか寝付けなく、起きてから準備を開始してボヤボヤしていたら、始発をやり過ごしてしまった。w

バス停の券売機で沢渡大橋からの往復乗車券を購入(\2000)。

003_DSCN7285.jpg

沢渡大橋からいくつかのバス停を経て上高地へ向かう途中、
渋滞か?と思えるほどにバスの速度が遅くなったので窓の外を見ていると
途中の駐車場にも一般車が行列を作っていた。( ̄▽ ̄;)

上高地到着。
薄明るくなってきたが、期待した晴とは違う雲行き。w

005_DSCN7289.jpg

まぁ降らないだけマシか。もう少し時間が経てば変わってくるかもしれないと諦めて進むことにする。

それにしても人が多い・・・。3連休だからしようがないかと、これも諦めるしかない。w

横尾山荘まで2時間程度。
特にアップダウンが激しい箇所もなく、ハイキングコースのようなルートである。


先ずは河童橋。

006_DSC_0002.jpg

左手に明神岳。

010_DSC_0005.jpg

そして明神館。こちらは販売機は有るけど無料の水は無し。

011_DSCN7293.jpg

そして徳沢園。こちらは無料の水場が有り。

015_DSCN7296.jpg

ソフトクリームが有名らしいが、食べるとしたら帰りですね。w

涸沢に近づくに連れて赤みがまして行きますが、この辺りの紅葉は未だでした。

017_DSC_0009.jpg

横尾の非難小屋が見えてきた。

018_DSCN7297.jpg

「横尾大橋」
020_DSCN7301.jpg

この橋を過ぎた辺りから、道の様子が変わってきます。

道幅も若干狭くなり、少々アップダウンも出てくる。( ̄▽ ̄;)

横尾から2.8km離れた所に「本谷橋」という吊橋が有り、登山者はここで水を手に一休みしている。

026_DSCN7305.jpg

この辺から段々と木々が色づいてきている。

029_DSCN7306.jpg

043_FSCN7315.jpg

5時間くらい歩いたかな。(笑)
やっとのことで「涸沢ヒュッテ」と「涸沢小屋」の分岐に到着。( ̄▽ ̄;)

048_DSCN7320.jpg

「涸沢小屋」側へ進む。

051_DSCN7323.jpg

本当に綺麗な紅葉で、一休みする度に見入ってしまう。w

テントの数はかなりの数だ。

オレンジ色、黄色、緑色、青色・・・・

遠目に見ると、テントが紅葉の一部に見えないことも無い。


テント場を通り、テン泊の受付をしている小屋の脇に奥穂高岳へ通じる登山道がある。

053_DSCN7325.jpg

マーキング通りに大きな岩場を進み、所々石畳のように並べられた岩の道を進む。

061_DSCN7336.jpg

062_DSCN7337.jpg

青空が少しは見えていたのに、ほとんどが曇天とちょっと残念。w

066_DSC_0025.jpg

奥に見えるのは常念岳か。

068_DSC_0027.jpg

紅葉時期なので咲いている花は殆ど無かったが、まだ咲いている「イワギキョウ」を見つけた。

071_DSCN7340.jpg



バタバタバタバタ・・・・と爆音が近づいてくる。

何処からヘリが来るんだろうと、辺りを探していると山の影からその姿を現して、山の斜面を這うように唐沢ヒュッテへ向かっていく。

072_DSCN7341.jpg

初めて見る光景に、ただただ見守るばかり。w
ヒュッテのヘリポートに着陸をして用を済ませて、また爆音を上げながら山の斜面を這うように山の向こう側に消えていく。
カッコ良いなぁ~♪( ̄▽ ̄)


大して休みも取らずに穂高岳山荘へ足を進めたので疲れが・・・。w
岩がゴロゴロとし始め、浮石が目立ってきた。

「ザイテングラート」を意味する「ザイテン」の文字。

075_DSCN7345.jpg

ここからは岩場を登って行く感じで意外にハード。(笑)

076_DSCN7346.jpg

途中のクサリ場は上り下りで交わすのが難しいので、ある程度下りの待ちが溜まったら下りを優先させて、登る人のスペースを確保してから登らせた方が良いらしい。
交互に行き交うスペースが無くて動けなくなったところに、偶々(?)小屋の関係者が降りてきてそういう対処をしていた。
当たり前ですが、必ずしも登り優先ではないです。w
下山時に同じような状態になったのですが、登りを優先するのが普通だとか、リーダーや管理者が上り下りを管理すべきだとか○○○の悪い事を言うおっさんがいて、この山に登る人間のレベルが知れたような気がしました。w


ワッセワッセと登り「ホタカ小ヤ20分」の文字を発見して、俄然やる気が湧いてきた。w

079_DSCN7349.jpg

10分くらい登ったところで、やっと小屋が見えてきた。

080_DSCN7350.jpg

081_DSCN7351.jpg

090_DSCN7359.jpg

早速テント泊の届け出。
これが宿泊者とごっちゃになって小屋の中には行列。( ̄▽ ̄;)
けど小屋の中は温かいので、このまま居ても良いと思ったり。w

幕営代600円と自分への御褒美としてワンカップ600円を購入。w

ようやく手に入れた「幕営許可証」を手にテントを張りに行く。


丁度テントを張り終える頃、天から白いものがチラ・・・チラ・・・・

雪・・・マジかよ・・・聞いてねぇよ・・・・(TOT)
直ぐにやむんだろうよ・・・。

082_DSCN7352.jpg

サッサとテントに入り込み夕飯の準備。

チキンクリームのパスタと赤ワイン。ヾ(^0^)〃

083_DSCN7354.jpg

084_DSCN7355.jpg

085_DSCN7356.jpg


あ~、疲れた一日だぁ、明日は朝から奥穂高の頂上を目指そうと、さっさと寝袋に入る。

(*´0)ゞoO

寒くて目が覚める。10℃・・・

087_DSCN7358.jpg

ん?サラサラ・・・・?

雨ならポタポタだよなぁ・・・。サラサラ? 雪?

積もっている???

とテントを空けて外の様子を窺うと・・・・

( ̄ー ̄;) 雪が積もっている・・・・

グローブも持ってきていない・・・
アイゼンもなし・・・
状況によっては山頂へのアタックは断念か・・・・。

それよりも、この積雪で涸沢まで下りられるんだろうか・・・

シュラフに入って明るくなるのを待とう!と寝ようとしたが寒くて何度も目を覚ます。w


辺りが明るくなってきたがガスが掛ったような状態。

102_DSCN7361.jpg

涸沢が見渡せる小屋の前まで下りてみる。

089_DSC_0030.jpg

088_DSC_0029.jpg

奥穂高岳への岩肌には雪が付いている・・・・。( ̄ー ̄;)

これは待っても直ぐには雪が取れないなぁ・・・・

待っていたら、もう一泊する事になる・・・・

予備の食料は充分だが、また雪が降り出したら・・・・

諦めるのが妥当か・・・・


小屋の関係者に聞くと、雪は頂上からザイテングラート迄あるとのこと。
ザイテンまで慎重に下りれば後はサクサクと下れる・・・・。


頂上は諦めてテントを片付けよう・・・○| ̄|_


テントを片付けていると涸沢とは逆の方向が晴れてきた。
笠ヶ岳の上にも雪が薄っすらと積もっているようだ。

103_DSC_0043.jpg

やっぱり奥穂への岩肌にはしっかりと雪が付いている。( ̄▽ ̄;)

096_DSC_0037.jpg

涸沢側もガスが引いてきて明るくなってきた。
皆ザイテンまで軽く積もった雪道を慎重に下っているようだ。

107_DSC_0047.jpg

ヘルメットを被った何人かのチャレンジャーが奥穂へ向かって登り始めたようだ。

113_DSCN7363.jpg

残念な気持ち一杯で涸沢へ下る。

115_DSC_0053.jpg

行列になっているザイテングラートを通過して背中側に目をやると
軽く雪化粧をした涸沢岳、涸沢槍、青空、そして月。

118_DSC_0057.jpg

ザイテンを過ぎてからの下りは楽ちんだ。w

涸沢から望む屏風岩も綺麗だ。

120_DSC_0060.jpg

下りは涸沢小屋を通って下山。

125_DSCN7366.jpg

126_DSCN7367.jpg

127_DSCN7368.jpg


混んではいたが順調に横尾まで下りてこられた。

流石に家から持ってきた3Lの水も無くなって横尾の販売機で250円もするポカリを1本購入。

ここから上高地までが思った以上に長く感じられた。
行きでは感じられなかったのになぁ。w


上高地に到着してバス停の長蛇の列を見て目が点。w

マジかよ・・・・座りてーっ!と叫びたい気持ちMax。
けどさっさと駐車場に戻りてーっ!w
マイカー規制なんて、マイカー規制なんて、大っ嫌いだぁー、と声を大にして言いたい。w


上高地は良い所だよ~の言葉に誘われて、ここに来てしまった。

確かに景色も良いし、空気も旨い。
けど人が多過ぎるし、いろんな考えを持った人が多すぎて疲れるところだ。

また来ようと思えるかは少々疑問だなぁ・・・・。

けど来年になったら、また来てるかも。www


往復で約40kmの山行。


okuho.jpg



【お役立ち情報】
・上高地公式ウェブサイト
・上高地 五千尺グループ -上高地ライブカメラ - 河童橋と穂高連邦 最新画像
・上高地西糸屋 ライブカメラ - 現在の上高地西糸屋山荘よりの眺め
・ホテル白樺荘 ホテルから見る穂高連峰、河童橋
・アルピコグループの時刻表ポータルサイト アクセス信州 沢渡駐車場~上高地シャトルバス
・YAMAKEI ONLINE 北アルプスの山岳情報
・新穂高ロープウェイ
・涸沢ヒュッテ
・穂高岳山荘
・北穂高小屋
・“長野県松本市安曇(上高地)”の天気(weathernews Pinpoint天気検索より)
・Wikipedia(穂高岳)
・tenki.jp(穂高岳)


スポンサーサイト



別窓 | 北アルプス | コメント:0
「八海山」
2012-11-04 Sun 21:42
2012.09.15

3連休なので穂高岳にでも・・・と思ったのだが、
3日とも晴れる様子ではなかったので、天気の良さそうな北へ。
以前から登ってみたかった八海山へ向かいました。

前日の夜から登山口で待機しようと思っていたのですが、用事があったのでそれが済んでから・・・
そうこうしている内に、なんなら朝に出発しても良いか・・・と。


眠い目を擦りながら谷川Pに到着。
新潟方面は晴れる予定ではなかったのか!と見上げる谷川上空は曇り。( ̄▽ ̄;)

不安と共に関越トンネルに侵入!w

001_DSCN7209.jpg

関越トンネルを抜けた上空に雲は少ない。ヾ(^0^)〃

関越トンネルを境に天気が違う事は経験上よくある事と知ってはいたが、なんとも嬉しい限り。w

六日町ICで高速を下りて、八海山方面へ向かう。

002_RSCN7211.jpg

山頂の形に特徴のある八海山のシルエットが、逆光下で更に強調されて見える。

003_DSCN7212.jpg

登山口が見つからず、ベースキャップとされているゴンドラ乗り場に向かうと
同じように登山口が分らずに困っていた同士に出会う。

ゴンドラ乗り場の係りに聞いても「ゴンドラに乗っていけば良いのでは?」とゴンドラを勧めるだけで
登山口を教えてくれないとのこと。

なんだそれー。( ̄▽ ̄;)

ゴンドラが動き出すのが8時と遅く、教えてくれないとなると意地でも探したくなるのが・・・w

車に戻って、持ってきた資料を片っ端から調べる。

登山口への道筋が違うが、方向としては・・・・( ̄ー+ ̄)

ナビの地図から外れるが、舗装道路が続いているのでゆっくり進む。
道が細くて、しかも道の両脇に生えている雑草が伸び放題で、車体にスリスリしてくるのがすんごく気になるが!w



信じる者は救われた。v(^0^)v

辿り着いた先には既に数台の車が駐車していて人影はなく、既に先行している様子。

場所を探すのに時間を掛けてしまっていたので、急いで準備をしていると一台の車で年配の夫婦が現われる。

屏風道と新道のどちらに進むか悩んでいたようだが、屏風道は大変そうだという事を告げると新道に向かって行った。

009_DSCN7219.jpg

この看板の右手に新道(登山道)と大滝沢砂防堰堤(行止り)への道があり、屏風コースは看板の左手直ぐのところにある。

屏風コースを少し進むと手動のゴンドラが現われて
これを動かさないと駄目なのか?と焦る・・・( ̄▽ ̄;)

020_DSC_0012.jpg

沢の水は干上がっていたので、ホッとしてゴンドラの支柱を見ると、水嵩が増した場合の緊急時に、釣り人に用意されたゴンドラらしい事が書かれていた。

斜度の緩やかな山道をのっしのっしと進む。

この時点で、秋の色づきには未だ早い様子でまだまだ緑が多かった。

024_DSC_0015.jpg

ススキの穂がキラキラと輝いていて綺麗だった。

027_DSC_0019.jpg

沢の脇の登山道を進んで行くと水場と小屋がある筈の位置に出たが、草むら状態で何処に何があるやら。w

草を掻き分けて辛うじてついているトレースを進んで標識を発見。

029_DSC_0021.jpg

分りづらい・・・・。

ここからが地獄だった。w

頂上までクサリ場が36本連続した。( ̄▽ ̄;)

短いもの、長いもの、急登でクライミングに近くないか?と思えるクサリ場もあり途中で引き返したくなっても、この屏風ルートは登り専用。
仮に下りがOKだったとしても、足を掛ける箇所が小さい斜面をあり、足元が見辛い下りには危険かぁ。

033_DSC_0025.jpg

日が高くなってきて斜面の日陰が少なくなってくるのが苦しい。w
日陰のあるところで休み、急登のクサリを登り、また日陰まで進んで休み・・・。

「五合目」の札。

037_DSC_0029.jpg

こんなに頑張って未だ五合目か、と肩を落とす。( ̄ー ̄;)

更に続くクサリ場を登り、振り返った目の前には黄金色の田が広がっていた。

疲れも出てきたのでここらでブランチと行くか!と斜面に寄りかかるように腰を掛けて、ザックからコンビニで買ってきたにぎり飯を出して喰らう。

046_DSCN7223.jpg

042_DSC_0035.jpg

ザックの中のウォーターパックから腰のペットボトルに水を移し、飴やカリカリ梅などをウエストポーチに移しながら暫し休憩。

それにしても垂直に近い急登がよく続くもんだなぁ・・・。

こんな所を登って良いなんて許可を出したヤツの顔が見てみたい。w

もしこれから先、登れないような箇所が出てきたらどうしようか・・・。

下りようと思っても、足場が見辛く簡単には下りられない・・・・。

不安が消えることはなかったが、戻れないのだから進むしかないかぁ~♪ ( ̄▽ ̄)

重い腰をあげ、またクサリ場に立ち向かう。w


050_DSCN7227.jpg

急登なコース中にも関わらず、霊山を窺う事ができるモノが転がっている。

052_DSCN7229.jpg

クサリも環が大きいものや小さいもの、古いものも垂れていて時代を感じる。

054_DSCN7231.jpg

ちなみに画像はクサリに付いていた金属の札で「大正十四年」の文字が記されていた。

057_DSCN7234.jpg

雨風に曝されても現存しているこのクサリは凄いなぁ、と感心する気持ちと、
年数が経っているわけだから、切れる確立が高くなってきているんだよなぁ・・・という不安が。w

クサリ場の合間に少しだけ心を和ませる花たち。


「アキノキリンソウ」
058_DSCN7235.jpg

「リンドウ」
068_DSC_0049.jpg

ちょいと広い場所に「摩利支天」と記された石碑。倒れているが。w

062_DSCN7238.jpg

近くはなってきたが、先はまだ長い。( ̄▽ ̄;)

065_DSC_0046.jpg

足場がほとんど無い「横へつり」。
クサリをしっかり掴んでサッサッサ。w

067_DSC_0048.jpg

どう見ても沢を登るように、岩にマーキングがされている。
道迷いなっても沢を上り下りするのは危険で避けなければならない行為と聞いたことがある。

069_DSC_0050.jpg

少し登ったところで右手にクサリが見えて脇へ。
これを見逃すと沢をず~っと登って行くことになる。危ない、危ない。w


おぉ、また花。

「ダイモンジソウ」
072_RSCN7242.jpg

「ムシカリ」
073_DSCN7243.jpg

頂上が近づいて来たが、クサリ場がまた現れるのかもしれないと思うと安心できない。w

「八海山千本檜小屋」に到着ーっ!! ヾ(^0^)〃

077_DSCN7246.jpg

小屋の中で休憩も出来るらしいが有料(200円)。

外に先客が腰を掛けている木があったので、私もそちらに腰を下ろして休憩。

080_DSCN7249.jpg

小屋側から、地蔵岳、不動岳、七曜岳、白河岳、釈迦岳の一塊があって、
迂回路を挟んで、摩利支岳、剣ヶ峰、大日岳が一塊になっている。
この八ッ峰を八海山と言っているようだが、入道岳を八海山の山頂と解釈する本もあるし何が何だか。w

先ずは、大日岳の頂上は踏んでおこうと地蔵岳方面へ歩く。

北側にどーんと落ち着いた山容の駒ヶ岳。

084_DSC_0055.jpg

初めの地蔵岳、不動岳、七曜岳、白河岳、釈迦岳は迂回路を通ってスルー。w

迂回路の途中から八ッ峰へ復帰する道があったので、そこから摩利支岳、剣ヶ峰、大日岳の塊を登ることにする。

クサリ場を登り八ッ峰へ。

091_DSC_0061.jpg

立てかけられている梯子を上り摩利支岳の上に。

093_DSC_0063.jpg

垂直に立つ梯子というのはかなり登り難い。w

096_DSC_0066.jpg

何処が剣ヶ峰なのか分らずに大日岳に(標高:1710m)

0097_DSC_0067.jpg

100_DSC_0070.jpg

104_DSCN7255.jpg

入道岳(標高:1778m)を眺める。

106_DSCN7257.jpg

この下りのクサリ場が、足元が見づらくて怖い怖い。w
クサリに全体重を掛けて下りている人がいるが、とてもじゃないけどクサリは信用できない。w
なんとか降りたところに警告板。w

108_DSCN7258.jpg

迂回路へは長い梯子が架けられていてそれを下る。

110_DSCN7260.jpg

新道への分岐に到着し、新道を覘いて見たがクサリ場・・・( ̄▽ ̄;)

クサリ場にウンザリしてきたのと、下りは更に時間が掛るのかと思うとゴンドラを利用して下りた方が・・・

ゴンドラの最終に間に合うだろうか・・・

小屋に戻って聞いてみよう・・・と迂回路を通って足早に小屋へ向かう。

水分の量も少なくなってきたので500mlのポカリとオリジナルの木札を購入。

小屋の兄さんに話を聞くと17:00が最終との事。

1時間半もあれば到着できるから、2時間もあれば充分ですよ、と。

それを聞いてちょっと一休み。( ̄▽ ̄;)

話に聞くとさっきの分岐から新道へは4、5本のクサリの後はタラタラとした下りで特に危険な場所はなく下れるそうだ。

小屋は1泊2食付で6500円とのこと。安い!

話好きそうなお客(おじさん)に、帰るのをやめて泊っていったら?とやたらと誘われた。

それも有りかなぁ、と思ったが家にも連絡を入れられなかったのでちょっと・・・

※Softbankは繋がりませんでした。w

で、一気にゴンドラ乗り場に向かう。

冷えたポカリで体が生き返る。

1時間半ほどで文明の利器、ゴンドラ乗り場に到着。最終の2本前。w

122_DSCN7272.jpg

ベースキャンプと呼ばれる麓で八海山の水を飲んで、登山口の駐車場まで約40~50分、舗装道路をテクテクと歩く。

006_DSCN7215.jpg

ススキの穂が黄金色に染まっている。秋、秋。

126_DSC_0081.jpg

着いた~。w

帰りに酒屋によって 八海山 の しぼりたて原酒を購入。

128_DSCN7275.jpg

屏風口からの山行は想像していたよりもキツかったなぁ。w


hakkaizan.jpg


【お役立ち情報】
・ゆきぐにネット 八海山ライブカメラ
・Mapion 天気予報 八海山
・日本酒 八海山
・八海山ロープウェイ
・六日町八海山スキー場
・“新潟県南魚沼市山口”の天気(weathernews Pinpoint天気検索より)
・Wikipedia


別窓 | 越後・信州 | コメント:0
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR