fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「阿弥陀岳、赤岳」
2015-10-26 Mon 21:55
2015.10.12(MON)-13(TUE)

八ヶ岳に踏み跡を付けていない
ピークは阿弥陀岳と横岳・・・。

阿弥陀岳と赤岳、小屋に泊まって
翌日に横岳を回って下りる事を
考える。

WEBで調べると…、赤岳天望荘に
五右衛門風呂があり!w

以前に、下界の日帰り温泉で
その話を聞いたことを思い出し
早速、天望荘を管理している
(有)ふじもり へメールで連絡を
入れてみる。

五右衛門風呂は、三日以上の
氷点下が続くと凍結の恐れが出る
ので、直近に風呂が使えるか
確認して欲しいとのこと。

使えるか心配で、休み前にメールで
確認するとギリで何とかなりそうとのこと。

ヾ(^0^)〃


三連休の頭二日も八ヶ岳辺りを
ウロウロしようとしていたのだが
天気が悪かったので自宅我慢で
三連休の最終日と有休で事をなす。w



美濃戸山荘近くの登山口から
山行を開始するために
22時過ぎに家を出て赤岳山荘の
駐車場へ向かう。


八ヶ岳山荘から赤岳山荘へ向かう
道は相変わらずのボコボコ悪路。
000_DSCN9724.jpg

駐車場に着いたのは午前1時少し前。

6割くらいが車で埋まっている様子。

これから出発する車中泊組もいるが
上の山小屋に泊まっている人達の
車も混じっている様子。


さぁ寝不足は厳禁と思ったのだが
なかなか寝付けず、朝起きたのが
午前7時半。Σ( ̄□ ̄;)


駐車場の利用料金は一日1000円。
私の場合は、小屋に泊まって
駐車が二日分に渡るので2000円…。
ちょっと高い気もするが、
しゃーない。w
002_DSCN9726.jpg

何だかんだして車を離れたのが
午前8時過ぎ。( ̄▽ ̄;)
出遅れ感満々での出発となる。w

駐車場から南沢と北沢の
分岐までは歩いて5~6分♪
006_DSC_0004.jpg

天気は最高の青空!
木漏れ日が神秘的。
009_DSC_0006.jpg

沢に架けられた幾つかの橋を渡り
岩がゴロゴロした道を、1時間半程
掛けてぐいぐいと高度を上げていく。

徐々に斜度が緩やかになり
開放的な広い登山道となる。

至るところに残雪期に来た2012年の
思い出が転がっている。w

ナナカマドの赤い実が青空に映える。
013_DSC_0009.jpg


しばらく進んでいくと正面に
横岳が見えてくる。
016_DSC_0013.jpg

ヘリポートを過ぎると、
主峰の赤岳が見えてくる。
018_DSC_0016.jpg

行者小屋への分岐。
020_DSCN9730.jpg

行者小屋は休日最終日とあって
テーブルでラーメンを啜る者、
バーナーを使って飯を作る者が
いてなかなかの賑わい。
前日は雲と雨だったらしく、
なんで最終日がこんなに天気が
良いのかと愚痴を零す輩も。w
022_DSCN9732.jpg

椅子に座って赤岳を見上げる。
024_DSCN9736.jpg

五分ほど休んで阿弥陀岳方面へ
歩を進める。
026_DSCN9739.jpg

赤岳と阿弥陀岳の分岐。
027_DSCN9740.jpg

阿弥陀岳に向けて樹林帯の中に入り
ぐいぐいと高度を上げて、20分ほど
上がると木々が無くなり視界が開ける。


中岳のコルに向かう
途中からの赤岳。
雲が寄せて来たりと
空模様が不安定…。
031_DSC_0019.jpg

中岳コル 2,640m
中岳のコルに荷物をデポして
阿弥陀岳に上がる人が多いようで
自分もそうする。w
036_DSC_0024.jpg

中岳のコルから富士山が見えた。
037_DSC_0022.jpg

ハシゴが見える。
足場が悪そうだ。
滑落が多い理由が分かる。
055_DSCN9758.jpg

よ~く見て・・・ 急だ。w
042_DSC_0030.jpg

ガシガシ進んで息抜きに
赤岳を振り返る。
044_DSC_0032.jpg

見下ろせば我ザックが
ゴマ粒大以下。w
045_DSCN9748.jpg

阿弥陀岳 標高 2,805m
のぼりに40分も掛かってしまった。w
049_DSC_0035.jpg

生憎、阿弥陀頂上からの赤岳は
雲に包まれていた…。

朝の出遅れを取り戻すために
さっさと下山。

下っていると「ガラッ!」という
大きな音が聞こえたかと思うと
きちんとした言葉にならない
「危ないっ!」が聞こえた。
マズイ!と思って、振り返っても
大丈夫そうな場所へ動いてから
振り返ると、人の頭くらいの
大きさの岩が私の10m程横に
落ちてきていた。

危ないわ。( ̄□ ̄;)
053_DSCN9757.jpg


中岳コルに下りて来て一息つく。

前回は権現岳のギボシから
こちらを見ていたんだなと
思いながらシャッタを切る。
054_DSC_0037.jpg

赤岳天望荘からのメールには
15時までにチェックインと
書かれていたので、あまり時間に
余裕がない。w

赤岳の前に立つ中岳を目指す。
057_DSCN9760.jpg

赤岳の北側に赤岳天望荘が
見える。ここから真っ直ぐ
行ければ楽ちんなのに。w
059_FSCN9763.jpg

振り返って阿弥陀岳。離れて
見ると急な上りだったのが
よく分かる。
061_DSC_0040.jpg


中岳山頂 2,700m 到着。
062_DSC_0042.jpg

赤岳に掛かっていた雲が取れて、
南側へ回り込む所までルートが
はっきりと見える。

064_DSC_0045.jpg

一番左側の硫黄岳から
荒々しい体の横岳へと伸び
どっしりとした赤岳へと
繋がる稜線。格好が良い。
069_DSC_0049_0050_stitch.jpg


赤岳へは、一度下って
文三郎尾根分岐まで
上り返さなければならず
時間に余裕もないので
先を急ぐ。w


中岳から文三郎尾根
分岐までは30分弱。
072_DSCN9765.jpg

ここから核心部である
ピーク南側へ歩を進める。
078_DSCN9771.jpg

2013年の残雪期はハラハラ、
ドキドキだった記憶がある。
今回は雪が無い所為もあってか、
疲れるだけで精神的な圧迫感がない。
080_DSCN9773.jpg

南西の方角から雲がぎっしりと
流れてくるのが分かった。
青空は暫くお預けか …。
082_DSCN9775.jpg

白い景色と強風で心細さ倍。
バディ無しで更に倍。w
( ̄▽ ̄;)

岩を巻いて越え、立てられている
ハシゴを登り、先に進んでいくと
赤岳頂上山荘が見える所に出る。

山頂は目と鼻の先だ。
085_DSCN9779.jpg

風の音で心が折れそうだったが
赤岳標高2,899mに何とか到着。w
087_DSCN9781.jpg

雲が去る気配なし。w
風が強過ぎて、動かないでいると
身体が冷えてくる。

仕方なく赤岳頂上山荘方面へ歩く。
両側が切れ落ちた尾根を歩く。
2012年の残雪期に通った時は
足場が細過ぎてマジビビリだった
ことを覚えている。w
094_DSCN9787.jpg

赤岳頂上荘をあとに、風呂が
待っている天望荘へ下る!

風が弱くならず身体が冷えていく。w
096_DSCN9789.jpg

東側の雲が薄くなって下界が見え
天望荘も見えてきた。
このまま雲がなくなってくれるかも
という甘い思いは打ち砕かれたが。w
099_DSCN9793.jpg

受付は北側の入口にあるそうで
回り込んで今宵の宿に到着。
100_DSCN9794.jpg

受付で夕食付きの一泊料金
8000円を支払って、館内の
説明を受ける。
お湯、コーヒー、お茶は
受付時にもらったカップを
使えばタダ。カップが食券
代わりらしい。
101_DSCN9795.jpg

説明された寝床に向かうと
上下段に分かれてそれぞれ
11人分の青いシュラフが並んでいる。
しかもシュラフが重なり気味で
11人並んで寝ると、かなり
キツイだろう・・・。w
この上下組の段が複数あって
この日は11人並ぶことはなく
余裕で寝られたので良かった。w
102_DSCN9796.jpg

凄く身体が冷えていたので
早速、地下のトンネルを潜って
五右衛門風呂へ。
105_DSCN9800.jpg

お湯が出るまで時間のかかる
シャワーで身体を流してから
五右衛門風呂に足を入れる。

ヾ(^0^)〃

身体の芯から冷えていたので
泣きそうなくらい嬉しかった。w
風呂で一緒になった岡山県の方、
神奈川県の方とは山の話ができて
楽しい一時が過ごせた。

風呂から上がって食堂で
コーヒーを頂く。


外は真っ白で風がビュービュー。

( ̄ー ̄;)
107_DSCN9805.jpg


夕食は山小屋では珍しい
バイキング形式でお代り自由。
108_DSCN9806.jpg

食堂は7時に閉まるので、
腹を満たしたあとは
談話室へ移動して真澄を
ぐぃぐぃ。w
109_RSCN9809.jpg

テレビの音は楽しそうな談話で
聞き取りづらい。w
古い山の雑誌を見ながら
ほろ酔い気分を楽しむ。
部屋はストーブが点いていて
暖かく、酒が入っていた所為も
あって着ていたダウンを脱ぐ。w


消灯は9時だったが8時過ぎに
寝床に戻る。外は相変わらず
真っ白で強風が続く。
( ̄▽ ̄;) 明朝が心配…。




(-_-)zzz




5時頃に電気がついて
辺りが騒がしくなる。

朝食の案内で皆さん食堂へ移動。

その間にトイレに行って
顔を洗って、荷物の整理。

皆さんと入れ違いで食堂に行って
カップ麺にお湯を入れて
スマフォで天気と八ヶ岳の
ライブ映像をチェック。
どう見ても直ぐに雲が去る様子はない。w
窓から見える真っ白な風景と
風の強さを確認して、この日の
横岳ピストン計画は断念。
111_DSCN9813.jpg

朝のコーヒーを頂いてから
カップを返却し、小屋を
出発したのが6時半。


食堂から外を覗いたとき、
白かったが建物がここまで
白いとは思わなかった。w
112_DSCN9814.jpg

とにかく風が強い。w

小屋から地蔵の頭までは15分ほど。
吹曝しだからしようがないのだが、
地蔵さんがエライ冷えている。w
この地蔵さんに会うのは三年ぶりか…。
三年の内に色々あったので
もっと会ってないような気がした。
115_DSCN9817.jpg

地蔵の頭まで霜が付いていて
かなり足元に注意しながら来たが
尾根が更に危なかしい。w

立派なエビまで付いている始末。w
116_DSCN9818.jpg

気を付けながら地味に下る。

途中で出会った先輩の話では
樹林帯までこんな感じだと。
117_DSCN9819.jpg

なんとか滑ることなく、
キンキンに冷えた鎖を補助に
下る、下る。w

地蔵の頭から50分ほどで
行者小屋に到着。

流石に平日朝の小屋は静かだ。w
125_DSCN9828.jpg

椅子に座ってペットボトルのお茶を
コクりと頂く。

見えるはずの赤岳方面に
目をやるが雲の中。
昨日見れて良かったと
つくづく思う。w

腰を上げて登山口まで
1時間半で下る。

登山口から山を見ても雲の中。

駐車場で荷物を整理してると
西側から雲が消えそうだったが
赤岳の雲が取れる程の勢いが無い。

まぁ今日はこんな感じなのかも
と思いながら車を出す。

ちょっと不完全燃焼気味。w

山から離れると雲がなくなり
紅葉が映えた青空の元、秋を実感。

いや、もう冬はそこまで来てる
感じかな。w
130_DSCN9834.jpg


約14.0kmの山行。
amida+aka

■1日目(8.5km)
赤岳山荘 → 行者小屋 → 中岳コル →
阿弥陀岳 → コル → 赤岳 → 赤岳天望荘

■2日目(5.5km)
赤岳天望荘 → 地蔵の頭 → 行者小屋 → 赤岳山荘


標高差は以下参考。

・赤岳山荘 1,710m
・行者小屋 2,350m
・中岳コル 2,640m
・阿弥陀岳 2,805m
・中岳 2,700m
・コル 2,640m
・赤岳 2,899m
・赤岳天望荘 2,722m
・地蔵の頭 1,673m


【お役立ち情報】
・Wikipedia(八ヶ岳)
・Wikipedia(阿弥陀岳)
・Wikipedia(横岳)
・てんきとくらす(阿弥陀岳)
・赤岳天望荘
・赤岳頂上山荘
・長野県山岳連盟 - 長野県の登山マップ - 硫黄岳・赤岳
・決定版!八ヶ岳連峰ライブカメラ




スポンサーサイト



別窓 | 八ヶ岳 | コメント:2
「権現岳、編笠山」
2015-10-10 Sat 18:27
2015.09.19(SAT)-20(SUN)

SWの頭二日のみの山行・・・。

さてどこに行こうか・・・
と考えながら、テン泊が御無沙汰
だったのでテン泊できる所で

… 八ヶ岳を選択!

編笠山のテン場をベースにして
権現岳をピストン。決まり!w



打合せが長引いて帰宅が遅くなったが
なんとか金曜の夜に出発。

さっさと上がりたい時に限って
トラブルや打合せが発生するって
どうなのさ。(`O´)b


寝不足だけは避けたいと思いながら
圏央道、中央道、小淵沢ICから
観音平へ。
001_RSCN9566.jpg

深夜1時の駐車場は10台位だったが
朝には満車になっていた。
寝ている間に大型車が転回していて
擦られやしないかと心配だったが
なんとか無事だった。w





(*´0)ゞoO

充分に寝た。ww



登山口の観音平の標高は 1,560m。
003_DSCN9568.jpg

登山口で登山届の提出を
促していたので、私もペンを
借りて記載。w

ゆっくり用意をして登山口を
離れたのが7時半過ぎ。


急登なく良い感じのハイキング。
009_DSCN9575.jpg

登山口から40分ほどで、ベンチが
ある「雲海」へ到着したが
あいにくイスが埋まっていたので、
先に進むことにする。
013_DSCN9577.jpg

青空がチラチラ見えてナイス。
014_DSCN9578.jpg

018_DSCN9583.jpg

登山口から1時間半強で
編笠山頂上と青年小屋への分岐に
到着する。
ベンチは無いが横たわった大木が
あったので座って足を休める。
020_DSCN9586.jpg

重い腰を上げ巻道を進む。

分岐から少し先に上がった所に
ちょっとした展望があったが
視界は真っ白で心が折れる。
( ̄▽ ̄;)
022_DSCN9589.jpg

巻道だからと油断していた。w
なかなかの急登が続く。
023_DSCN9590.jpg
027_DSCN9595.jpg

ん?青空がチラリ!
029_FSCN9599.jpg

標高2,280mの道標。
032_DSCN9602.jpg


20分ほど上がって小屋に到着。
登山口からは3時間。
036_DSCN9607.jpg


吉田類は来そうにない遠い飲み屋。
3月に来た時は入口が雪の中だったっけ。

入口の前には大人二人が乗れそうな
ブランコがあって、おっさん二人が
楽しんでた。w
041_DSCN9613.jpg

受付をしようと小屋に入る。
数人が宿泊の受付のために
前に並んでいたが、テン泊は
ノートに必要事項を書いて
トイレ代込みの600円を払うだけ。
水場の案内を受けるが許可プレート
も無く、何ともラフ。w
132_DSCN9680.jpg

広いテン場で、サクッと
今夜の宿を立てる。
042_DSCN9615.jpg


テント全開でゴロ寝。
青空が出てり隠れたり。
テン場から権現岳までは
1時間半くらいなので
のんびり休憩。w
043_DSC_0003_201510101810468d2.jpg


一時間ほど休んでいる間に
テントが続々と増えた。w

目指すは権現岳!
045_DSCN9616.jpg


背にする編笠山は雲の中に
入ったり出たりを繰り返している。
046_DSCN9618.jpg


小屋の北側にある登山口から
権現岳へ向かう。
047_DSCN9619.jpg

ちょいと急な上りもあるけど
ジグザグにぐいぐいと高度を
上げられる。
051_DSCN9621.jpg


標高 2,530m の のろし場に
到着するが辺りは真っ白。w
053_DSCN9623.jpg

道標に従い権現岳方面へ下る。
真っ白だが足元はハッキリと
見えていて危険な感じはない。

ナデシコ
060_DSCN9631.jpg

急登のガスが一瞬消え去るが、
またガスに覆われる。
064_DSCN9635.jpg

鎖もあって問題無さそうなのだが
ブロック状の岩肌が意外に脆い。
落石をさせないためにも○印が
付いた所を進む方がベスト。
065_DSCN9636.jpg

振り返って編笠山。
067_DSC_0008.jpg

足場の悪い急登を上りきって
先に進むと、クリアではないが
ギボシ(左)と権現岳(右)が見えた。
076_DSC_0016_201510101816214b0.jpg

ギボシに設置された鎖場は、
山肌が濡れている場合は
かなり気を付けたい。
080_DSCN9641.jpg

鎖場を越えて権現小屋が見える所迄
来たが、曇天なので眺望は良くない。
歩を進めて権現小屋の裏手を進んで
権現岳のピークを目指す。
082_DSCN9643.jpg

小屋の裏手を上がり、赤岳への
分岐をスルーして、尾根伝いに
歩いてピーク直下へ到着する。
権現岳のピークは下から見ると
上がり辛そうだが、岩の溝に沿って
大きくジグザグに上がって進むと
意外に楽だったりする。w
096_DSCN9662.jpg

権現岳 標高 2,715m
090_DSCN9653.jpg

頂きは狭くて、人が多い場合は
記念撮影待ちになりそう。w

ガスが多く眺望がイマイチだった
事といい時間になっていたので
ピークを下りる。

権現小屋の裏手を通って進み
ギボシの手前(鎖場の手前)に
小高い所があったので、
そこに腰を下ろしてスマフォを
チェック・・・。
編笠のテント場ではスマフォが
繋がらなかったから。


スマフォから目を離して
顔を上げると辺りが明るくなって
いることに気が付く!
Σ( ̄□ ̄ )

どんどんガスが流れていき、
全く見えなかった赤岳方面の
視界が開ける。
114_DSCN9665.jpg

権現小屋、権現岳ピークにも
日が当たっている。
110_DSC_0029.jpg

青空を突き刺すようなギボシの
山容を見て登らずにはいられない。w
112_DSC_0031.jpg

ギボシ 標高2,700m。
117_DSCN9670.jpg

石仏と賽銭が置かれた狭い頂なので
足元に注意しながら360度の絶景を
楽しむ。

飽きずにシャッターを切る。w

阿弥陀岳、中岳、赤岳
120_DSCN9672.jpg

下山前にスマホのチェックをして
良かった。w


ギボシを下って鎖場を通過。
振返ると登りで見た時の
ガス掛かった眺望ではなく
クリアなギボシと権現岳が
目に入る。
122_DSC_0036.jpg

登りの時はガスで視界の無かった
のろし場からの一枚。
125_DSC_0039.jpg

絶景を楽しんだので一気に
テン場まで下る。




戻ったテン場は、SWの休み初日
ということもあってテントの数が
めちゃくちゃ多かった。
まさかこの後、AM3時のスマフォ
目覚しやイビキに悩まされるとは・・・
( ̄▽ ̄;)


さぁ、旨い水割りを飲むために
乙女の水を汲んでこないと~っ!
126_DSCN9673.jpg

西岳方面へ5分程歩いた所に
乙女の水がジャブx2と流れていた。
先に汲んでいた方が終わったので
自分もパックと空のペットボトルに
たっぷり汲む。w
129_DSCN9677.jpg

小屋で缶ビール(\500)を
買ってからテントに戻る。
134_DSCN9683.jpg



日が暮れる前に飯の準備。
ヾ(^0^)〃

荷を大きくしたくなかったので
この日のメニューは大ざっぱ。
トマトカレーメシを食べながら、
玉葱をカット、塩胡椒してジュ~、
ベーコンの塊をジュ~ジュ~焼いて
汲んできた乙女の水で焼酎の水割り
を作ってグィグィッと!
権現岳夕飯

流石にベーコン300gは多かった。
( ̄▽ ̄;)


辺りが橙色に染まり始める。

今年の3月、雪の中を西岳周りで
日没ギリで到着して見た夕焼けを
思い出す。

あの時は疲れてヘロヘロだった。w
148_DSCN9698.jpg


・・・・。

気が付いたら寝てた。w

Σ( ̄□ ̄;)

遠い飲み屋!!
151_DSCN9701.jpg

時刻は21時少し前・・・

どう考えたって21:00消灯だよな・・・

orz



辺りは真っ暗。

で、意外に静か…と思いきや
グーッ、グーッと聞こえるイビキ。
耳にイヤホンを突っ込んで無視。w

ラジオを聞きながらうとうと…


(-_-)zzz



耳からイヤホンが外れていて
ご近所のスマフォの目覚しで
AM3時半に起こされるが、
再び眠りについて、ちゃんと
目を覚ましたのがAM6時。w

テントの窓から辺りを伺って
真っ白な状況を見て心が折れる。

それなら焦ってもしゃーない!
ということでゆっくり朝飯を。

玉子を二つぶち込んだ
サッポロ一番塩らーめん
を啜っていると、テントの外が
明るくなってきたことに気が付いて
サッサと麺を啜る。w


ガスが去って良い天気になった。
やっぱこうじゃないとな。
ヾ(^0^)〃
155_DSCN9706.jpg

テントの外側は露でびっしょり。
この日は下るだけだったので
焦らずにテントを乾かしながら
片付ける。

飛ぶ鳥跡を濁さず精神で
残したのはテント跡と足跡だけ。
156_DSCN9707.jpg

ゴロゴロした大きな岩に記された
丸印を結ぶように進む。

積雪期に来たときは出来なかったが
丸印を結んで進むと岩の高低差を
小さくして進めるようで疲れが若干
少ないような印象を受ける。感謝。


振返って昨日いたギボシと権現岳。
間に権現小屋も見える。
冬に登ったときより細かい所まで
見えるのは、登ったという実績が
そうさせるのかな。
157_DSCN9708.jpg

30分ほどで網笠山の頂上へ到着する。

編笠山 標高2,523.9m

冬に撮ったときと同じような一枚を
撮って頂上を散歩。
雪が無いとかなり歩き辛い。w
160_DSC_0041.jpg

頂の東側にある観音平への
道標から下る。
164_DSCN9714.jpg

これがなかなかの急登で、前日に
巻道を使って小屋に行ったのは正解。w
登ってくる人の何人かが
「頂上は未だですかね?」とか
「あとどれくらいですかね?」
と聞いてきたが、この斜度なら
下っていても気持ちが分かります。
( ̄▽ ̄;)


網笠山の上から2時間強で
観音平の駐車場に到着する。
下りが足に来た。w( ̄ー ̄;)
166_DSCN9716.jpg


山行距離(計12.6km)、
標高差は以下参考。
gongendake.jpg

観音平 → 青年小屋:4.4km(標高1570m→2400m:830m)
青年小屋 ⇔ 権現岳:3.3km(標高2400m→2715m:315m)
青年小屋 ⇔ 乙女の水 :0.7km
青年小屋 → 編笠山 → 観音平:4.2km(標高:2400m→2524m→1570m:124+954m)




冬にも立ち寄った「八峯苑鹿の湯」
まで車を走らせる。

大人600円。
思った以上に混んでいなくて
のんびり浸かれた。
172_DSCN9722.jpg

SWが始まったばかりだったので
高速の下り車線は渋滞していたが
上りはスイスイ流れていた。
渋滞に巻き込まれる事なく帰宅。w




八ヶ岳連峰で踏み跡を付けていない
残りの箇所は・・・。w





【お役立ち情報】
・Wikipedia(権現岳)
・Wikipedia(編笠山)
・tenkijp(八ヶ岳)
・てんきとくらす(権現岳)
・てんきとくらす(編笠山)
・長野県山岳連盟>長野県の登山地図
・八峯苑鹿の湯




別窓 | 八ヶ岳 | コメント:2
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR