fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「横岳」
2015-11-30 Mon 22:18
2015.11.21(SAT)

週末に限って天気が悪く
山に行く計画を立てた前日に
打合せや不具合対応が発生して
山欠症状が続いていた。

3連休前日も夕方になって
修正対応が発生して…。

だが、しかーし!!

上手くかわして帰宅!
即行で出発準備!ww

基本は日帰りスタイルで
天気が悪くなければ車中泊をして
あわよくば二山くらい … w

圏央道と中央道を乗り継いで
須玉ICで下り、下道を北上して
杣添尾根登山口に向かう。


登山口周辺は別荘地で
街灯も無くかなり静か。

登山口から少しだけ離れた所に
7、8台が停められる登山者専用の
駐車場がありそこに駐車する。


エンジンを切って外に出たら
まぁ~静か。w

街灯も点いていないので
星空が綺麗で、冬の星座、
オリオン座もバッチリ見える。

なんとなくトランクに積んできた
三脚を出して夜空にレンズを向ける。
000_CSC_0008_20151120.jpg

星空は難しい。w

それにしても寒い!ってことで
車の中に逃げる。w

車中を暖房強で一気に温め
ファミマで買ってきたチーズと
長野の濁り酒をぐいぐいっと頂く。

(* ̄0 ̄*)ノ口
004_DSCN9892.jpg




(-_-)zzz





シュラフを広げて身体に
掛けて寝ていたら、寒くて
暗い内から何度か目を覚ます。


目が覚めたら8時半!!

Σ( ̄▽ ̄;)

またやってもうたぁ。w
006_DSCN9896.jpg

天気は絶好調!w

夜に無かった車が2台増えていて、
オーナーは既に山に向かったようで
姿がない。

特に変わった装備はせず
よくある日帰りスタイル。
お茶のペットボトル500mlx3、
サンドイッチと飴。
ツエルト、ヘッデンとポールを
ザックに入れ、登山口を出発したのが
8時55分。w
007_DSCN9897.jpg

別荘地の脇を通る富士見岩遊歩道を
横岳方面に進んでいくと、横岳と
反対方向に富士見岩へ向かう分岐が
現れて、考えることなく横岳方面へ
舵を取る。
011_DSCN9901.jpg


やたらと幅の広い登山道に出る。
登山道にしてはヤケに広い。w
015_FSCN9907.jpg

寒いと思って着ていた
レインウェアを脱ぐ。
017_DSCN9911.jpg

青空に伸びる白いカンバが綺麗だ。
016_DSCN9908.jpg

現れた橋に名前が付いていて
欄干には「北沢橋」とある。

橋の少し先の開けたところに
東屋と登山口。
021_DSCN9916.jpg

小さな沢に架かった橋。
023_DSCN9918.jpg

024_DSCN9919.jpg

木の橋の手前に「8先は長いぞ」
の文字。
どういう意味か分からない…。


木々の間から陽が差し込む。
コントラスト差が綺麗で癒される。
025_DSC_0009.jpg

傾斜が段々とキツくなる…。
030_DSC_0013.jpg


木々が疎らになってきて
森林限界が近いと思われるが
これがなかなか限界点を
越えられない。w
031_DSC_0015.jpg

冬に取り付けた思われる
『万歩計による中間点』と
書かれた標識がえらい高い所にあった。w
page034 in 032

所々休憩を取ったけど、
2時間掛かってまだ半分かい!
と少々心折れ気味。w

カンバの形が歪になってきて
限界点も近いようなのだが…
なかなか越えられない。w
木々の間から見える北八ヶ岳方面
の麓は雲海が広がっていた。
041_DSC_0021.jpg

斜面をトラバースするような
登山道を進んで、登山口から
4時間ちょい掛けて森林限界を越えた。w
(掛かり過ぎだろぉ!w)

左手に富士。
044_DSC_0025.jpg

赤岳を下った箇所に、10月に
泊まった赤岳天望荘が見える。
045_DSC_0026.jpg

ここからの登山道の脇は
ハイマツがびっしりで、
シャクナゲがちらほら生え、
道は筋のように上へ伸びている。
八ヶ岳の登山道では珍しいタイプかも。
048_DSC_0029.jpg

赤岳と富士山を横目に先を急ぐ。
045_046_DSC_0026_stitch.jpg

岩肌の斜面を通過したところで
尾根にある分岐の標識が見えた。
051_FSCN9936.jpg

左に進めば赤岳、右に進めば横岳、
そして硫黄岳。

長かったわ。( ̄▽ ̄;)


尾根で腰を下ろし、
あまり腹は減ってなかったが
サンドイッチを頬張る。
野菜ジュースで流し込み
また頬張る。


横岳方面から若者が1人歩いてきた。

考えてみればこの日出会ったのは
1人、2人、1人で、交わした言葉が
挨拶程度だったので、若者とは
話が弾んだ。w
053_DSC_0031.jpg

気が付けばいい時間になっていて
のんびりしている場合ではなかった。w
お互いに気を付けてと
声を掛け合いそれぞれの
方向へ向かう。

自分の目指す横岳は直ぐそこだ。
072_DSC_0047.jpg

立て掛けられた朱色のハシゴを
二つほど通過して、横岳奥の院
標高2,829mへ到着。
063_DSCN9942.jpg

誰もいない頂に自分一人。
064_FSCN9944.jpg

硫黄岳方面。
065_DSC_0039.jpg

改めて赤岳、中岳、阿弥陀岳方面。
066_DSC_0040.jpg

横岳を荒々しく見せている
西側斜面。
068_DSC_0043.jpg

登山口から4時間強も掛けて
しまったので、下山時間を考えると
長居は出来ない。
麓に着く頃には暗くなっている筈
だからとヘッデンをザックの
取り易いポケットに移動。

さぁ、下山!w
067_DSC_0042.jpg

もと来た道を下る。
樹林帯に入り富士山がチラリ。
075_DSCN9948.jpg

別荘地近くまで下りてきた頃、
空には月が出ていた。
083_DSCN9960.jpg

約 9.9km の山行
yokodake.jpg

標高差は以下を参考。
杣添尾根登山口:1,754m
赤岳硫黄岳分岐:2,810m
横岳奥の院  :2,829m



風呂は、松原湖近くの八峰の湯へ。

駐車場の照明が少なくて暗いが
駐車している車が多いのは分かった。

何やらイベントでもあったようで
入口には地物の果物や野菜が並び、
帰る人を相手に福引までやっていた。





地物の野菜があまりにも安かったので、
自分も帰りに白菜(80円)とキャベツ
(100円)を購入。w
086085087092_gif.gif

福引では、次回利用100円割引券
をゲット。w



飯は佐久市まで車を走らせ
「そば処 藤蔵屋」に信州蕎麦を。
088089090091_gif.gif


腹が減っていたので
大もり蕎麦 税込890円にするか、
大ざる蕎麦 税込940円にするか…
悩む。
メニューに「追加の蕎麦つゆ」が
220円で書かれていてちょっと驚き。w

悩んだ挙句、50円高い
ざるに決めっ!ww

美味かったぁ~♪



P.S.
この記事を書いている最中に
八ヶ岳には雪がゴッソリと
積もったようです。
お出掛けの際はお気をつけ下さい…。


【お役立ち情報】
・Wikipedia(八ヶ岳)
・決定版!八ヶ岳連峰ライブカメラ
・てんきとくらす(赤岳)
・tenkijp(赤岳)
・長野県山岳連盟 - 長野県の登山マップ
・八峰の湯



スポンサーサイト



別窓 | 八ヶ岳 | コメント:3
「日向山」
2015-11-04 Wed 17:00
2015.10.13(TUE)

美濃戸から離れれば離れるほど
雲がなくなっていく。

風呂を探そうと思いながら
車を転がしていると、
甲斐駒ヶ岳が目に入る。

立派な山容。いやいや、
今から甲斐駒は無理。w
けど甲斐駒は無理だが、
麓にある日向山には以前から
行きたかったので、横岳に
行けなかった鬱憤を晴らしに。w


時計の針は10時半過ぎを指す。

日向山を下りてから昼飯だと
遅いか・・・

コンビニで冷たい蕎麦を買って
サクッと食べてから再び車を転がす。

国道20号線を南下し
道の駅「はくしゅう」の
交差点から矢立登山口へ向かう。

奥に見えるのが甲斐駒ヶ岳。
000_DSCN9835.jpg

11時過ぎに登山口に到着
登山口近くの駐車スペースは満車。
( ̄▽ ̄;)

午後になれば空くのだろうが
午前中だから仕方ないかと
納得して、少し戻ったところに
車を停めて、カメラ、GPS、
ペットボトルのお茶500mlを
ザックに詰めて出発~。w
001_DSCN9836.jpg

日向山は、登山口から頂上までの
標高差が540m、高尾山は登山口から
頂上まで標高差が398mなので
体力的には高尾山に登るのと
大した変りがなく、下山後の
ストレッチと考えて気楽に歩く。

整備された樹林帯の中、
登山道を進む。

「日向山ハイキングコース 1/10」の
看板を通過。

「1/10」で約10分か・・・。

「日向山ハイキングコース 2/10」の
看板を通過するときにまた10分。
005_DSCN9840.jpg

「3/10」までまた10分。
これは「10/10」迄で合計100分かな?
と思いきや「4/10」まで8分。w

次が7分、と「1/10」は10分以下で
歩ける感じ。w


午前中の八ヶ岳からの下山時とは
打って変わっての好天。
もしかしたら寒いかも?と思って
羽織ったきたアウターをザックへ
仕舞う。w
006_DSCN9841.jpg

登山口から「5/10」まで上がって
だいたい45分。
010_DSCN9845.jpg

私が歩いた頃、「5/10」近辺では
紅葉の気配もなく、樹林帯の中を
進むだけで楽しみが少なかったが、
012_DSCN9847.jpg

木漏れ日で笹薮が輝いたり
する様は綺麗だった。
014_DSCN9850.jpg

1時間10分ほどで「9/10」
「9/10」を越えた所で三角点への
標識が現れる。

コース終了位置とは反対側に
三角点への案内があったので
気になって見に行くと、一寸した
広場に三角点がポツンと。w
020_DSCN9857.jpg

私が見たいのは三角点ではなく
花崗岩で真っ白な山肌。

「登山道」の標識に従って
歩を進めると、色付いた木々が
チラホラと頭の上に現れる。

この高さまで来ると紅葉か…。
( ̄▽ ̄)
021_DSCN9858.jpg


進行方向の木々の間から青空が見え
先が開けている事が分かり、歩を
進めると ・・・ 開けた!ヾ(^0^)〃


日向山 標高 1,660m
026_RSCN9870.jpg

砂浜の様にも見えるし、雪山の様
にも見える綺麗な山肌。

甲斐駒ヶ岳も見える。
023_DSCN9861.jpg

午前中に下山した八ヶ岳の頂上は
まだ雲の中。
024_DSCN9862.jpg

絶景を眺めて一休みする。




さぁ、下りて風呂だ、風呂!w


上りは1時間半弱掛かったが
下山は1時間弱。

駐車スペースに2、3台の空きが
出来ていた。

駐車スペースの空きを考えて
14時以降に登りだすのも有りかな。

風呂は近場の「尾白の湯」へ直行。
034_DSCN9873.jpg

以前立ち寄ったときは、幾つかの
風呂が故障で使えなくて安かったが、
今回は使えたが … 。

北杜市外大人820円(北杜市内大人410円)
北杜市外子供420円(北杜市内子供200円)

この辺りは600円くらいで入れる
お風呂が多いのでちょっと高いかな。w

まぁゆっくり浸かれたので良しとしよう。w

hinatayama.jpg


【お役立ち情報】
・Wikioedia 日向山(山梨県)
・てんきとくらす
・富士の国やまなし観光ネット > 日向山ハイキングコース
・尾白の湯




別窓 | 南アルプス | コメント:2
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR