fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「守屋山」
2016-03-10 Thu 20:48
2016.02.27(SAT)

「ゆーとろん 水神の湯」の湯で
寛いだあと、守屋山の登山口がある
杖突峠へ車を走らせる。


駐車場には朝から停めたと
思われる先客の車が2台。

夕方から上がって頂上の小屋で
夜を明かして、朝の山々の
写真を撮って来ようと、一寸
多めの装備なのだが、車を見て
小屋泊まりしている先客が
いるかもしれないと考えると
どうしようか迷う。w

おまけに、伊那市側の方の雲が厚く
小雪が舞い始める。( ̄ー ̄;)

尚更、悩む。w


(-_-)zzz


(*´0)ゞoO

気が付くと30分ほど
寝てしまったようで
外を見ると、車が一台
増えたような??

( ̄▽ ̄;)

あ、年配夫婦が戻ってきた。
1台減った。

少し経ってから4人組が下りてきた。
あの小さい車に4人?
いやぁ、実は私の見間違いで
車が増えたんじゃなくて、もともと
あの人達の車じゃ…

4人が1台に乗って消える。

( ̄▽ ̄;)


やっぱ、残っている1台の所有者は泊りか…

どっちの小屋にいるだろう?

キャンプ場にある小屋か…
それとも西峰近くの避難小屋の
ラビットハウスか…
それとも新道の登山口へ
擦違いで下りるか…



その客が二人連れだったら、狭い
ラビットハウスには泊まれない…

キャンプ場にある避難小屋の状況が
悪くなければ、そこに泊まって
朝一で山の上を目指すのもありか…

ここで悩んでいても解は得られない…

(そうだ!守屋山に)行こう!

と決断したのは17時半。( ̄▽ ̄;)



風は強いわ、小雪が舞うわで
朝の入笠山とは大違い。

001_DSCN0457.jpg

駐車場の横には太陽光パネルが
ずらーっと並んでいる。
002_DSCN0456.jpg

太陽光パネル管理用の金網沿いに
登山道が伸びているので、そちらに
舵を取る。

樹林帯の中、徐々に暗くなっていく。
004_DSCN0459.jpg

ちょっと急登かなと感じる上りで
高度をグィッと上げる。

緩やかになってからそのまま進むと
林道にぶち当たり、直進できる筈の
登山道が通行禁止になっていたので
林道を進む矢印に従い歩を進める。
006_DSCN0461-2.jpg


風と激しく舞う小雪で寂しさが倍増。w

目が暗さに慣れてきたのでヘッデン
無しで歩いていたが、流石に何か
あってからでは困るのでヘッデンを
点けて前進!w

林道を進んでいくと左手の木に
「守屋山座禅草コース 守屋山近道」
の標識があって、偶々目に入る。

見落とすところだった。
( ̄▽ ̄;)
危ない、危ない。


沢へ下るように伸びる登山道を
進んでいくと木道が続き、
渡り切った前方に人工物らしき物の
シルエットが見えてきた。

近づいて見ると、テーブルやイスで
そこがキャンプ場であることが分かった。

…ということは、近くに小屋が…

誰かがいれば小屋から灯が
漏れてくる筈なのだが人の気配が
感じられない。
009_DSCN0464.jpg

「こんばんは~」と声を掛けるが
応答なし。

戸を開けて中を見る…

( ̄▽ ̄;)


部屋の中央で火が起こせそうな造り。
自分は何処ででも寝られると
思っていたが、埃っぽくて
泊まるのはちょっと気が引けた。w
011_DSCN0467-2.jpg

外には火を起こす場所が幾つかあり
丁度上に屋根のあるテーブルが
あったので晩飯作って、ここで一人
晩餐会を開いて終わりにするか…
とも思ったが、再びザックを担いで
踏み跡を探しながら前進。

林道を横切って登山道を進む。
012_RSCN0469.jpg

道の中で凍結した石ころ大の氷が
ヘッデンの灯でキラキラと光る。
まるで水晶の塊が埋め込まれた様で
これが水晶だったらなぁ…と。w

小屋から40分くらい歩いて
胸突坂の看板がある坂の手前に到着。
東峰まであと10分とある。
014_DSCN0471.jpg

ここに来る迄でもヒヤリとする
凍結部分があって、「胸突坂」と
いう名前を聞いて、軽アイゼンを
装着。( ̄ー ̄;)

15分ほど掛けて傾斜が無くなり
東峰に到着する。
東峰標高 1631.2m
015_DSCN0472.jpg

画像では伝わらない風と
吹き付けてくる小雪に苦しむ。w

降る雪で夜景が霞んでしまい
三脚を出す気にもなれず…。

登山口に停まっていた車の
持ち主とは会っていない…。
新道の登山口から下りたか、
それともラビットハウスか…。

動かないでいると寒いので動く!w
マップ上、西峰までは大きな
アップダウンが無いので西峰へ
向かうことにする。

東峰のピークから西峰側に
少し進んだ所に守屋神社奥宮の
祠がある。
018_DSCN0478-2.jpg

手を合わせて主峰、西峰へ。

西峰まではとにかく風が強くて
頬にあたる雪が痛くて痛くて。w
ネックウォーマーを目の下まで
ズリ上げて前進!前進!

途中、よくカモシカが立つと
言われている「カモシカ岩」が
あったが感動なくスルー。w
021_DSCN0483-2.jpg

東峰から20分ほどで薄明かりが
漏れるラビットハウス前に到着。

orz

やはりいましたか。w
023_RSCN0487.jpg

声掛けをして戸を開ける。
こんな時間に人が来るとは
思っていなかったようで、
口を開けて驚いていた。
一つの長椅子の上でシュラフに
入り、テーブルを挟んだ位置の
長椅子にはザック、三脚など。

滞在は一人とのこと。

泊まれないことはないなぁ・・・
と思いながらも、西峰を見て来る
こと告げて小屋を離れる。

本当に近い。すぐそこだ。w

守屋山主峰 西峰 標高1,650.3m
024_DSCN0489-2.jpg

何故か異様にデカイ一等三角点。w
028_DSCN0495.jpg

雪が降っていなければ夜景が
綺麗なんだろうが、残念な天気。w

雪が吹き付けてくる状況は
変わらないが、極端に視界が
悪くないので不安はない。

さてどうするか。w

シュラフに入った年配者の
直ぐそばで、これからガチャx2と
飯の準備をすることに抵抗を感じる。
まいったな。w

これも良い経験だ~。
下りるかぁ~。w



小屋に戻ると、机に広げられた
食器は片付き、長椅子に置かれた
ザックも退けられていた。
片付けてくれたのは大変有り難いが
ヘッデンの電池の交換だけを
させてもらって下山する事を告げる。

先客は、今までにもここに何回か
泊まったことがあるらしく
後から人が来たのは初めてだとか。w
明朝の天気、晴れている時の眺望、
いろいろな話をしていたら
8時近くになっていた。w
泊まっていくと良いと言われたが
明朝の晴天が確約されてもいないし
こんな感じで下りるのも悪くないと
何故だか納得ができた。w


さよならラビット…。
029_DSCN0496.jpg

気合を入れて下山。w
自撮り!w
032_DSCN0500.jpg


行きには気が付かなかった
「元気になる木」
031_DSCN0497.jpg

元気をもらって下山!w

無事に駐車場へ到着。西峰からは
サクサク歩いて1時間ほどで下山。


約7.7kmの山行

moriyasan.jpg

何のために登ったかは考えない、考えない。w

さぁ家に帰って持って来たチキンと
ワインで盛りあがってから寝るかぁ!
と帰路へつく。




【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・守屋山ドットコム
・Wikipedia(守屋山)




スポンサーサイト



別窓 | 南アルプス | コメント:4
「入笠山」
2016-03-04 Fri 22:30
2016.02.27(SAT)

雪山シーズンももう少しで
終わりだなぁ…と2連で何処か
登れないか探す…

目指したのは、雪山の初心者に
人気の入笠山。

スキー場のリフトを使えば
簡単に湿原まで上がれて、
湿原に積もった雪の上で
手軽にスノーシューを楽しめる。
また頂上からは、八ヶ岳、甲斐駒、
仙丈が臨めるというローリスクの山。

けど、この時季にしては
雪がかなり少なく凍結部が多いとの
情報を得ていたので、スノーシュー
は持たず、代わりに軽アイゼンを。w


当日朝4時半に起きて、圏央道と
中央道を乗り継いで、八ヶ岳の
雄姿を眺めながら南諏訪ICで下りる。

富士見パノラマリゾート方面へ
車を走らせて、途中から
沢入登山口へ向かう林道を進む。

雪が少ないなら、スタッドレスを
いつ脱ごうか悩んでいたが、
登山口近くの登り口が、雪で
覆っていたので、我慢した甲斐が
あったというもの。w
001_DSCN0433.jpg

広い駐車場に一番乗りで到着。
トイレも設置されていたが
冬期は使用できない様に
シャッターが下りていた。

私が出発する頃に後続車が2台。
003_DSCN0435.jpg

登り口から少し急かな?と
思いながら歩を進めるが
ある程度高度を稼いだところで
斜面をトラバースする様な
登山道になり、眺望は良くないが
樹林帯の中でハイキング気分で
歩を進める。
007_DSC_0002.jpg

偶にある凍結部を避けながら
軽アイゼン無しで湿原の入り口へ到着。
010_DSCN0438.jpg

鹿避けの門があったがネットが無く
鹿は入り放題のような状況で、門の
脇から湿原に入る。
011_DSC_005_006_007_stitch.jpg

湿原には登山口から1時間弱で到着する。
湿原には雪が軽く残っている状況で
誰もいなくて、見晴らしも良い。
018_DSC_012_014_015_stitch.jpg

湿原を挟んでゲートの反対側に
山彦荘が見えたので、頂上方面でも
あったのでそちらに進む。

案内にも書かれていたが
湿原は年々小さくなっている様で
確かにスケールは小さめか…。

山彦荘は4月までは閉館状態。
022_DSC_0016.jpg

山荘横にトイレがあったが
冬期は使用不可。
トイレ前にベンチがあったので、
そちらに座って軽アイゼンを装着。
小屋のおばさんらしき女性が現れて
「随分と早く出て来たねぇ~」と
声を掛けてきた。
駐車場には後続で2台ほど車が
来ていたので次期に来ることを
告げると、あらそう~なんて事を
言ってマナスル山荘方面へ歩いて行った。
025_DSC_0018.jpg

軽アイゼンを付けて歩くと、氷が
砕ける「ゴリッ!ゴリッ!」と
いう音が響く。

この音が良い。ヾ(^0^)〃
029_DSC_0022.jpg

立派なサルオカゼだ。
032_DSC_0025.jpg

「カゴメの森」という看板があって
この辺りは、富士見町とカゴメ(株)が
共同で森林保全・整備活動を
している事が記されていた。
企業が森や山に関わるのは良い♪

遊歩道から林道へ経て、まだ
準備中のマナスル山荘の前へ。
039_DSC_0032_2016030422244695e.jpg

通りを挟んでマナスル山荘の
前に頂上への登山道が伸びている。
駐車場もあるようで、雪の無い
シーズンは車でここまで上がって
来られるのだろうか。

頂上へのルートはツルツルで
光っている。
取り合えず軽アイゼンを付けている
ので何とかなっているが、
滑り止めが無いとかなり危険。w
042_DSC_0036.jpg

今まで歩いてきたところより
積雪はあるが、カチコチで
ツルツル。
基本、壺足で歩を進めるが要注意。w
043_DSC_0038.jpg

途中で「岩場コース」と
それを迂回するコースの
分岐に来るが、刺激が欲しくて
岩場コースをチョイス。w

雪で埋もれている所為か
二跨ぎで越えられそうな鎖場以外に
大きな障害は無く…
マナスル山荘から30分弱で
広い頂きに到着。

標高1,955 m
049_DSC_0044.jpg

三角点
057_DSC_0053.jpg

天気が良いというのに霞んで
眺望がイマイチ。( ̄ー ̄;)
左に見えるのが甲斐駒と鋸。
053_DSC_0049.jpg

高速で移動中はクッキリと
見えていた八ヶ岳も霞んで…
( ̄ー ̄;)
058_DSC_0054.jpg

風はそれ程強くなかったので
ちょっとした岩を背にして
ブランチ。w

この日はお湯を沸かして
簡単に済ませる。w

袋入りの野菜にドレッシング投入で
簡単に野菜を摂取、湯が湧いたら
カレーメシに湯を投入して
出来上がる迄インスタントの
コーヒーで時間つぶし。w
059&060&061&062-mix

気が付けば頂上に1時間程いたようで
下から人が次から次へと上がってきた。w

こりゃ堪らんと思ってさっさと下山。w

来た道をピストンで戻る。

湿原に下りるまで沢山の人と擦違い
この山の人気の高さを知ったが
湿原のゲートから沢入り登山口へ
下る途中では4人一グループとしか
擦違うことがなく、殆どの人が
スキー場のリフトを利用しての
登頂と理解する。w

湿原からはのんびり下山。
064_DSCN0448.jpg

駐車場には出発時より
5台くらい車が増えていたけど
スキー場から上がる人の方が
断然多いんですね。w


約6.8kmの山行

nyukasa.jpg

二山目の前に軽く汗を流すために
「ゆーとろん 水神の湯」へ。
067_DSCN0451.jpg

広いとは言えない内湯x1、
熱めの露天x1、
大人3人くらいが入れる樽湯x1、
ぬるめの湯x1、冷泉x2と
この時期に寒い湯船が
3/6つあって800円とはちと
髙いような…。
けど、何だかんだ言いながらも
冷泉を除いて1時間近く入ってました。ww





【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・tenkijp
・富士見パノラマリゾート
・すずらんと星の宿マナスル山荘新館
・入笠山の山小屋「マナスル山荘本館」
・ゆーとろん 水神の湯
・Wikipedia(入笠山)





別窓 | 南アルプス | コメント:6
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR