fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「白沢峠」
2016-04-24 Sun 00:04
2016.04.16(SAT)

ネットサーフィンをしていて
以前から気になっていた白沢峠。
いや、気になっていたのは
白沢峠でなく、白沢峠にある
廃車のトラック。


土曜の朝4時半に家を離れる。
早朝なだけに車の量はそれほど多い。
青梅、奥多摩を越えて国道411号を
山梨方面へ車を転がす。


国道411号沿いの雲取山登山口近くの
公衆トイレに立ち寄る。この公衆
トイレは奥多摩以西に向かう際に、
最後のトイレとしてよく利用させて
もらっている。w

朝早くからトイレ清掃されていた
年配の方に「雲取ですか?」と
聞かれて、「白沢峠に」と応えると
そこは何処?というような顔をして
いたので、笠取山の南西にある峠で
そこには廃車のトラックが…、と
説明すると不思議そうな顔をしていた。w

何となくお気持ち分かります。
そういうものに興味を持たれる方は
少ないですからね… ( ̄▽ ̄;)



再び車を転がしておいらん淵を通過。
笠取山に行く時に通った林道
一ノ瀬線の入り口をスルーする。

白沢峠へは、塩山市一ノ瀬高橋
の北西に位置するゲートからが
最短で行けるが、スルーした
一ノ瀬林道口からもでも行ける。
が、2016/02の状況と変わらず、
犬切峠辺りの崩落で通行止めが
続いているそうなのでパスだ。


落合橋から分岐に入り、
奥多摩養魚場の前を通過して
高橋へ向かい、高橋にある分岐から
犬切峠とは逆の方へ進んでゲートへ
と向かう。

林道は、養魚場くらいまでは
コンディションに問題無いが、
そこを過ぎた辺りから舗装道路が
車の底を擦るほど荒れている。
(実際にゴリッ!と底を擦った…)

高橋周辺は、明らかに人が住んで
いない家屋や人が住んでいるのか
分からない家屋が多く寂しい雰囲気。

路面の状況に冷や汗をかきながら
なんとか到着したゲート前は
車が4、5台停められるスペースが
あって、ゲートのチェーンには
一般車両が入れない様に鍵が
かけられている。


靴を履き替えて、寒くなかったので
アウターは着ずに、長Tの上に
半袖Tシャツを着て、いざ、
しゅっぱーつ!!w

ヾ(^0^)〃




直で白沢峠へ向かうのではなく
ゲートの北東側にある石保戸山に
上がってから、鳥小屋分岐経由で
斉木林道を通って白沢峠に向かおう
と石保戸山への登山道を探す…。

ゲート付近を探すが見当らず、
先日の毛無岩に続き又もや
出鼻をくじかれる。( ̄▽ ̄;)


さて。。。

駐車スペースの北東側にある
藪の上りを越えられれば
見通しが付きそうだ…、が
藪が深くて気が乗らない。w

雪解け後なので、雪の重みで
藪の先が下に向いていて、
私が上ることを阻んでいるかの様…


藪を漕いで進んでいる間に
登山道に出られるかもという期待を
胸にワッセ、ワッセと漕ぐ。

漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ。


途中、藪の中に人工物があって
一枚写真を撮ってまた藪を漕ぐ。


40分ほど漕いで
「開けた場所に出られた!」
と気が晴れたところで
さっき使ったコンデジを出そうと
ザックの肩ベルトに取り付けた
ポーチに手を伸ばすと…


無い!?Σ( ̄□ ̄;)

ズボンのポケットを探るが無い!


○| ̄|_ マジかぁ…


藪の中で落としたか…。



いま来た道を戻ろうと藪の方へ
眼をやるも漕ぎ跡が不明瞭…。
おまけに所々に薮が深く積もって
いて、その隙間にすり抜けて
落ちていたら捜索は困難…。


凹む。w



ここまで画像が無かったのは
P300が失くなったからでした。w

失くした物がiPhoneやGPSでなくて
良かったじゃないか(?)と思う事にする。
メインでD5100を持って来ていたので
気を取り直して、開けた先に進むと
地図にも無い新しい林道が現れる。


Σ( ̄▽ ̄;) どういうことよ…。


どうやらこの林道を切り開く際に
山をぶった切った様で、本来の
登山道が無くなったということか?
DSC_0002.jpg

GPSで確認しながら、石保戸山へ
進めそうな脇道を探す。

DSC_0003.jpg

ここから?と思った箇所から
入ってみたが、踏み跡が無くて
尾根に上がる事が困難に見えたのと
そもそも序と考えていた石保戸山の
頂上は、眺望が無いと聞かされて
いたので諦めに至るのは早かった。w



作戦練り直し!w
( ̄へ ̄!|) う~む


出した結論が、白沢峠へ行けるか
新しい林道を進んでみる。
行けそうであればそのまま進み、
駄目そうなら、また不快な藪を
引き返して、ゲートから再度、
白沢峠に向けて出発しようと。
DSC_0006.jpg

GPSを気にしながら開放的な林道を
進んで行くと、ゲートからの道と
交わることが分かった。

林道は正面に伸びているが
白沢峠に行く為にはここで折れる。
DSC_0007.jpg



沢に架けられた橋を何回か渡って
沢沿いを進む。
DSC_0013_2016042323462460b.jpg

沢の音を聞きながら、
ヤブ漕ぎとは違った快適な
ハイクを楽しむ。w
DSC_0014.jpg


沢が細くなってきて踏み跡が…
DSC_0017.jpg

( ̄▽ ̄;)

また道が無くなったと思ったら
右手の斜面に折り返して
伸びていることに気がついて
ホッとする。w


登山道には何本か倒木があったが
どれも軽くスルーできるトラップで
大きな危険はない。

登山道に倒れ込んでいる倒木は
処理の予定が決まっている様で、
ピンクテープで印が付けられていた。
近い内、邪魔にならない様に
ぶった切られるんでしょうな。
DSC_0021.jpg

緩やかな斜面をのんびりと
歩いていると木々の間から
茶色い景色に同化した魂の抜けた
鉄のオブジェが視界に入る。

Σ( ̄▽ ̄ ) あれだぁ。

DSC_0022.jpg

笠取山と柳沢峠へ伸びる斉木林道と
一ノ瀬高橋のゲートから三富村へ
伸びる登山道が交差する白沢峠。
木々が葉を付ける前の時季なので
視界が良く辺りの地形が分かる。


後方から静かに近づく。
DSC_0082.jpg

木製の荷台が朽ち、地面から生えた
桜の木が空に向かって伸びている。
桜は笠取小屋主さんが剪定してるらしい。


車両は、第二次世界大戦時に
アメリカで開発、運用された
陸軍汎用車両 Dodge WC で54型
の形状に近いらしい。
細かい箇所が違うとか、進駐軍から
払い下げられた後に改造されたのか
とか疑問が残るそうな。
DSC_0031.jpg

このオブジェとの時間を楽しむ為に
持って来た大きめのブルーシートを
広げて、ザックなどを下ろして、
靴を脱いでリラックス。w
DSC_0064.jpg

DSC_0047.jpg

沢山シャッターを切った。w

お気に入りの一枚。
DSC_0035_0036_stitch.jpg

鍋で湯を沸かしてDodgeと一緒に
ランチの準備。w
DSC_0054.jpg

この日は煮玉子を投入した
チャンポンのカップ麺。
カップ麺が出来上がる迄
コーヒーをドリップ。
055&058&056&060-mix


食べ終えてからまた撮影。w

左右のドアは一応開閉が可能。
シートは形が残っていない。
ギヤも外れて在らぬところに
転がっている。
計器類はカバーのガラスが
無くなっていて、おまけに錆びて
何のメーターかハッキリしない。
DSC_0066.jpg

ボンネットは重いが開く。
チューブ系は劣化して無くなり
ファンの存在だけがエンジン
らしさを演出している。
DSC_0081.jpg

面白い事に気が付いた。

左フロントのタイヤ側面に
「MADE IN GREAT BRITAIN」
「INDIA SU…」の文字。
半分くらいが埋まっているので
何処のメーカーのタイヤか不明だが
戦後軍用車の払い下げであれば
イギリス製でも納得がいく。
DSC_0070.jpg

右フロントのタイヤパターンが
左フロントと違う事に気が付いて
側面を隠している枯草を退けて
見ると「DUNLOP」の文字。
フォントが古めかしく時代を感じる。
ダンロップはイギリスの会社だから
もしかしたら左フロントのタイヤも
DUNLOPなのかもしれない。
DSC_0075.jpg

右リアのタイヤは?と思って
外側からは確認できなかったので
内側を見ると「Yokohama」の文字。
横浜ゴム!?と驚いたが、
同時に感心してしまった。w
DSC_0077.jpg

左リアは劣化して何もかもが不明。
ただ、パターンが他のタイヤと一致
しない。

4本とも違うタイヤ…。

今の時代と違い、ただタイヤが
装着されていれば良いという時代の
ものが、今の時代の白沢峠に有る事
が面白かった。



この Dodge に魂が込められたら
どんなエンジン音を響かせるのだろうか。
DSC_0026.jpg


そんな事を考えながら峠を離れる。

帰りは近道をせずにもう一度
ヤブの中を探しながら下りたが、
やはりカメラは出てこなかった。w

さよなら P300。

無事に下りてこられて良かった
としよう・・・。


DSC_0089.jpg

約5kmの山歩。

shirosawa.jpg




スポンサーサイト



別窓 | 奥多摩 | コメント:4
「毛無岩」
2016-04-11 Mon 21:35
2016.04.06(WED)

3月は何処にも行けなかった…。

花粉が飛んでいてクシャミばかり…

週末の天気予報が悪く、実際、
当日は予報ほど悪くなかったり…

さぁ行くぞ!と決めていた前々日に
上司に誘われて飲みに行き、
前日まで体調が回復せず…

そうこうしていたら、山の上は雪が
少なくなり、踏み抜きの季節に…



リハビリの意を込めて、雪の無い
群馬あたりの岩山を探す。w





群馬の南牧村のホームページで
見つけていた「毛無岩」。

以前登った「立岩」にほど近い。

山名に「毛無」が付くということは
頂に木々が少ない事が由来なんだろう…

良いリハビリになるに違いない。w

ルートの参考になるのはサイト上の
トレッキングマップのみ。
毛無岩

国土地理院の地図に登山道が
記載されていないのがちょっと
気になるが、何とかなるか…


天気の良い平日に休みを取って
群馬へ車を走らせる。



(*´0)ゞoO

朝の4:00にアラームをセットして
家を出発したのが4:30頃。
関越と上信越を乗り継いで
下仁田で下りる。


県道を西に奥へ奥へと進む。

「立岩」へ向かった時に通った
県道201号線の途中から
道場という集落へ折れる。

「あの山か…。」
001_DSC_0002.jpg

集落終端の浄水場の近くに
駐車スペースがあると紹介されて
いたので車を進めるが、
一度では切り返せないS字に
出くわし、この先の道路に
不安を覚える。w

車から降りて近くの民家を訪ねて
先の情報と登山口に関して情報を
得る。

登山口を越え、更に浄水場を越えた
林道の途中に車3台ほどのスペース。

平日ということもあってか
先客は無し。

ザックを背負い登山口まで
下っていると、別の登山口へ向かう
ハイカーが1人上がってきた。

私の進むルートの方が急登で時間も
掛かりそうだと聞いて少し迷ったが
「上で会いましょう。」と交わして
初志貫徹!で下る。w
004_DSCN0520.jpg

朱色の鳥居が目立つ「山神宮」。
005_DSC_0004.jpg

登山口は沢を渡った対岸にあると
思い込み、見えている赤い橋を目指す。

山神宮からは赤い橋へ行けず、
辺りを見回して畑の脇へ下る道を
見つける。
007_DSCN0521.jpg

山側から土砂が崩れている箇所が
あったが、登山道じゃなくてホッとする。w

登山道の目印になるテープなどが
見当らない…。

( ̄▽ ̄;)

辺りを探して軽い踏み跡を見つけ、
石にハッキリと記された目印を
見つけてそのまま進む事にする。

沢を跨いで進むと対岸の斜面に
腐りかけた丸太のハシゴを見つける。

踏み跡を歩いて行くと、家屋の土台
となる石積みらしきものが
ある程度の広さで現れる。

昔は集落があったのだろうか…。

植林されたような木々が成長して、
人が居た過去を消そうとしているが、
僅かに残された場違いな人工物が
そうはさせない。
012_DSCN0522.jpg

先に進むと、登山道を示すような
印が現れてホッとする。
011_DSC_0014.jpg


軌道に乗ったと思ったのだが
踏み跡も目印も無くなる…。
GPSで位置を確認して、違う方向に
進んでいる事に気が付く。


あの矢印や丸印は何だったのか…。

簡易マップとGPSを比較して
分岐がありそうな位置まで戻り
正規の登山道を探す。

ない?

ない。

無い!

ねぇー!!

(TOT)


ルートを探しながら上下して
40分程経っていた。
諦めて対岸に戻ったところに
逆の方向に延びる登山道を見つける。

くそ!

あの丸太の腐ったハシゴを
登ったのが間違い。w

朝一に会ったハイカーさんは
ぐるっと回って下りてくると
言っていたから、私がピークに
着く前に出会うことになるのか…。

まだ時間に余裕があるから
のんびり進もう!そう決めた。w


家に帰ってから迷った道を調べたら
大屋山方面への登山道の様だった。
とあるサイトでも、迷って毛無岩に
辿り着けなかった人の記録があって
道迷いが多いルートのようだ。

さぁ頑張ろうと思いながら
歩いていて、

あ、車にグローブ忘れてきた…

あ、タオルを車に忘れてきた…w

チェックリストまで作って
忘れ物を撲滅しているというのに
登るときに忘れちゃ意味がない…

1ヶ月間登らなかっただけで
ボケたんか?w



暑い。w

この日の関東は六日ぶりの晴れで
桜もピークだった。

防寒着代わりに着ていた
レインウェアを脱いで
Tシャツ一枚になる。

動かないと少し肌寒いが
歩いていると丁度良い。w

気を取り直して、いざっ!



全体的にこの山はテープや標識等の
目印がかなり少ない。

踏み跡を探しながら、GPSの
位置情報を頼りに歩を進めて行くと
斜面が次第に急になってくる。

踏み跡脇に咲いていたハシリドコロ
015_DSC_0017.jpg

出来れば毒の無い花に癒されたいが
贅沢か …。w


想像していた以上にザレった斜面が
多く、下りは気を使った。w

少し前まで道に迷っていたので
久々の人工物にホッとする。
毛無岩への標識だから余計に嬉しい。w
016_DSC_0018.jpg

林業関係者による芸術作品が
登山道脇に。
018_DSC_0021.jpg

木々の生えた尾根を更に上へ進み
遠くに毛無岩本体を臨む。
まだ先は長い…。w
021_DSC_0025.jpg

結構細い痩せ尾根が沢山あって
気が抜けない。
023_DSC_0027.jpg

このルート上で唯一張られた
虎ロープでなかなか登り辛い箇所。
026_DSCN0533.jpg

木々の間から本体が見えてきた。
027_DSC_0031.jpg

本体を横目に、離れる方向に
巻いて進んで行くと黒滝山不動寺と
荒船山の分岐に到着。
けどこの巻道は無駄だ。w
途中でショートカットするのが良く
下りはそうさせてもらった。w



本番はここからだった。w

ナイフリッジや足場の悪い急登が
これでもかと続く。w
031_DSC_0035.jpg

流石にへばってきた。www




頂までの道も狭いし、
頂自体が狭い。w
039_DSC_0051.jpg

なんとかピークに到着。
毛無岩 標高 1,275m
042_DSC_0045.jpg

標識は地べたの岩肌に
取り付けられている。

上ってくるときに見る事が出来た
断崖は見事なまでに切れ落ちている。w
038_DSCN0529.jpg

腰を下して行動食のチョコバーを
食べながら休憩。

風は強くない。

頂上でコーヒーでも飲もうと
色々持って来たのだが頂の狭さに
ヤル気が失せる。w


それにしても360°の展望は素晴らしい。
少し霞んでいるのが残念だが、
平らな荒船山や雪が少なくなって
斑になった浅間山まで見える。
044_DSC_0043.jpg

荒々しい山容の妙義山も臨める。
046_DSC_0048.jpg

画像のタイムスタンプを見たら
頂には30分ほど居たようだ。w
道迷いが無ければ3時間位で来られたかな。

朝に出会ったハイカーは
どうしたんだろうか…。

まさかあっちの登山道も
不明瞭なのか…。

私が来ない=険しい=下りは危険と
判断して、来た道で下山したか…。


さっさと下りて風呂でも入って
帰るか!ってことで下山開始。w

ザレっている下りはかなりドキドキ。
転びはしなかったものの2、3回は
バランスを崩した。w

目印が少ないために下りも
変な方向へ進んで危うい思いを。w
踏み跡が付いているって事は
同じように間違って歩いた人が
居るというわけで…。


登山口に近くなってから
正規の登山口を確かめるため
辺りを伺いながら下山…。

Σ( ̄□ ̄;) あ・・・

山神宮の南側に在ると思っていた
登山口は、実は山神宮の北側に…。
しかも下りられる舗装された道が
崩落しており…。

049_DSCN0534.jpg
050_DSCN0535.jpg


初めの迷い道を除いて
約 7.6kmの山行。
kenashi.jpg

行こうとしていた風呂屋が定休日…。
( ̄▽ ̄;)

いつもの「道の駅しもにた」で
玉こんにゃくをゲット。
下仁田ネギは残念ながら秋までお預け。w
053_DSCN0538.jpg

群馬は桜満開だったが、春の山は
私には冷たかった。w
051_DSCN0536.jpg




【お役立ち情報】
・南牧村ホームページ
・南牧村ホームページ > 西上州の山歩き
・南牧村ホームページ > 村へのアクセス
・tenkijp(南牧村)




別窓 | 北関東 | コメント:4
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR