fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「室蘭岳(鷲別岳)」
2017-08-10 Thu 20:58
2017.07.21(FRI)

鉄の街 室蘭における地球岬に次ぐ
シンボルであるだろう一座。
前日は支笏湖畔で一日中、ぼ~っと
していて、ラジオの天気予報で、
太平洋側の一部が晴れると聞く。
当初の予定から室蘭岳には行く予定
だったので、最後の最後で晴れを
期待して室蘭に向かった。


室蘭岳の登山口は、だんパラ
スキー場ロッジ近く(だんパラ
公園の上側)にある。
水場、トイレがあり、テントが張れる
スペースもある。

駐車場の横、緑の上にテントを
張って、久々に足を伸ばして寝る。w
ラジオを聞いていたら、いつの間
にか寝てしまい…





(*´0)ゞoO

目を覚ましたら5時少し前。
久々のナイスな晴れ! ヾ(^0^)〃
000_DSC_0050_stitch.jpg

麓の街は雲の下。
下界で飲んだくれて、そのまま朝を
迎えたら、曇天に嫌気がさしていた
に違いない。w

急に天候が変わるかもしれないと
考えると、のんびりしていられず
早々にテントを片付けて出発準備を始める。
006_DSC_0055.jpg

登山道脇の白樺が綺麗だ。
009_DSC_0060.jpg

久々の晴れにテンションが上がって
シャッターを切る回数が増える。
010_DSC_0061.jpg

「登山道入口」という看板が過ぎた
辺りから徐々に傾斜が出てくる。
011_DSC_0062.jpg

駐車場から15分くらい経った所で
白鳥ヒュッテが現れる。
しっかりした造りの小屋で、小屋の
中がどうなっているのか気になった。w
014_DSC_0066.jpg

トイレや水場もあるので帰りに
またお世話に。

小屋の左に回れば西尾根コース、
右に回れば夏道コース。
入山届けに必要事項を書き込んで
夏道コースに進む。
013_DSC_0064.jpg

道はヒュッテを過ぎてから登山道
らしい道になってきて、しばらく
進むと鳥居が見えてきた。
この先に室蘭岳水神社保存会が
管理する「水神社」があるらしいが
何処まで歩くことになるか分からな
かったのでスルー。
019_DSC_0073.jpg

朝日に輝く緑が疲れを吹き飛ばしてくれる。
026_DSC_0078.jpg

陽に透けて葉脈がクッキリ見える。
027_DSC_0079.jpg

シモツケソウの開花はこれから。
029_DSC_0082.jpg

樹林帯から抜けたと思ったら
カンバだらけの樺林の中へ突入。
何処を見ても白いカンバで綺麗だ。
031_DSC_0085_stitch.jpg

朝日に照らされて黄金色に輝く樺。
036_DSC_0092.jpg

039_DSC_0096.jpg

10分以上樺林の中を歩いて、
ようやく樺の背丈が低くなってきた。
040_DSC_0097.jpg

しばらく進むと風が心地良く
流れるのを感じる。
笹原が広がり、周りには強風に
耐えて変形したと思われる樺が
幾つか目に付いた。
041_DSC_0099.jpg

麓は相変わらず雲の下。
042_DSC_0100_stitch.jpg

街を飲み込むような滝雲。
045_DSC_0102.jpg

足元に現れた「頂上マデ500M」の文字。
046_DSC_0103.jpg

樺林の中で見つけた「頂上まで1000M」の
木札からもう500mも歩いてしまった。
あと500mで終ってしまうのかと
思うと何だかもったいない…。
047_DSC_0104.jpg

道筋にたくさん生えている
「ウツボグサ」を眺めながら
一歩一歩。
050_DSC_0110.jpg

笹原が広がり眺めが良くて気分が良い。
049_DSC_0107.jpg

頂はあの木々の奥辺りか…。
052_DSC_0112.jpg

正面に分岐を示す標識が見えてきた。
近づいて見ると、西尾根コースと
頂への分岐。マップからは頂が分岐点
になっていると読んだのだが違った
ようだ。
053_DSC_0113.jpg

054_DSC_0115.jpg

頂方面へ歩を進めると、カムイヌプリ
方面への分岐。
笹原を下った先に、一際目に付く
山容のカムイヌプリが待っている。
055_DSC_0116.jpg

分岐から少し歩いた所に、大きな
一等三角点。
056_DSC_0118.jpg

その先に鐘と室蘭岳911Mの標識。
058_DSC_0123.jpg

ロープを振って鐘を三回つく。
今年の正月に他界したお袋が
生まれた室蘭。
お袋の趣味に山登りはなかったので
上った事はないと思うが、室蘭を
見下ろして合掌。(-人-)

笹原が邪魔だったので
少し大きめの岩に上がって
カムイヌプリを眺める。
雲の上に浮いている様にも見えて
「カムイ(神)ヌプリ(山)」、その
名前に劣らぬ山容に、しばし眺めた
まま時が流れる。
059_DSC_0124.jpg

登山口でバナナを食べただけだった
ので、腹が減ってきた。
行動食を食べたいとは思えず…。
何故だか無性にセイコーマートの
豚串が食べたくなってきた…。
それにビール、いやそれでは運転
できなくなるから炭酸水をグィグィッと!

天を仰ぎ見てカムイ(神)ニシ(空)に
感謝して下山を始める。
夏道と西尾根の分岐まで戻って
西尾コースを下ることにする。

夏道に比べてアップダウンがあり
道幅も気持ち狭い感じがする。
ぐいぐいっと下ると、笹原の中に
尾根伝いの道筋がついているのが
見え、この中を歩けるのかと思うと
気分が良くなる。
065_DSC_0127.jpg

登山道脇で滴を纏った「オトギリソウ」
066_CSC_0130.jpg

振り返って見た室蘭岳。
夏道側から見上げた様とは、また
一味違った感がある。
068_DSC_0131.jpg

まだまだ続く心地良い尾根歩き。
069_DSC_0132.jpg

あっという間に「825mピーク」に
到着。ここを下ってしまうと樹林帯
の中へ入ってしまい眺望がなくなる。
072_DSC_0136.jpg

改めて振り返って室蘭岳を見渡す。
074_DSC_0138_stitch.jpg

825mピークからはグイグイと一気に
下がる感じの斜面になり、30分ほど
下って樹林帯の中に入る。
086_DSC_0144.jpg

樹林帯に入って暫くすると、道が
穏やかな下りに変わり、のんびりと
森林浴をしながら歩く。
087_DSC_0145.jpg

夏道ルートは樺が多かったが
西尾根ルートは樺以外のの木々が
多かった。

「カツラ」
088_DSC_0146.jpg

「イタヤカエデ」
089_DSC_0147.jpg

「ハウチワカエデ」
091_DSC_0150.jpg

頭の上を見ながら歩いていると
前方に太い倒木が見えた。
092_DSC_0152.jpg

近づいて逆側から見てみると、
根元の辺りから捩れて折れていた。
自然の力で折れたんだろうけど、
どうやって捩れ折れたのか見当も
つかなかった。
093_DSC_0153.jpg

するするっと下り、沢にぶち当たるが
渡渉せず沢に沿って進む。
095_DSC_0156.jpg

対岸に目印を見つけて
岩を伝って渡る。
096_DSC_0157.jpg

樹林帯の中を進んでヒュッテに到着。
098_DSC_0161.jpg

トイレを借りて水をガブリと頂く。
099_DSCN2812.jpg

入山届けに、戻った時刻を記入して
車のあるところまで歩く。
スキー場のロッジが見えてきて、
山行の終りが近いことを実感する。
100_DSC_0163.jpg

約7.2kmの山行。
muroran.jpg




風呂は何処で入ろうか。セイコー
マートは何処にあるだろうか等々
考えながら、軽く着替える。

苫小牧方面に車を転がしながら、
駐車し易いセイコーマートを見つけて
中に入る。
28142813-mix

目的の豚串と炭酸をゲット。w
コンビニの前で腰に手をあてて、
豚串を食べながら炭酸をグビグビ
やる奴は室蘭では珍しいのか …、
じろじろ見られた。www


風呂は帰りのフェリーの事を考えて
苫小牧に近い方で入る。

アヨロの湯。
108_DSCN2823.jpg

海の前にあり、車から降りると
強烈な潮の匂いがしてきた。
凄く懐かしい匂いだった…。
その匂いで昔の思い出が蘇る。
105_DSCN2820_stitch.jpg

親戚たちと海水浴に行き、海から
上がってスイカにかぶりついたこと、
親戚の年下の男の子が調子に乗って
志村喰いをして、叔父に引っ叩かれ
ていたこと、
砂浜に座って味付けジンギスカンを
頬張ったこと、
テトラポットを越えるなと言われたが
越えた親戚の兄さんが豪い怒られたこと、
海から上がって着替えた服と肌の間を
風が心地良く流れたこと、
濡れた肌に貼り付いていた砂が、
乾いてパラパラと落ちていったこと
帰りにラムネを飲みながらビー玉を
取る方法を真剣に考えたこと、
日焼けした後の風呂が鬼のように
熱かったっこと・・・。


ずっと潮の匂いを嗅いでいたかった
が…、風呂!!w

シャンプーやボディーソープは
無いので要注意。自分は入り口の
注意書きに気が付いて車に取りに
戻ったのでセーフ。w

大人420円。
ほんのり硫黄の香るお湯。
露天風呂は小さいが衝立越しに
海が見えるのが良かった。w



この日の深夜、苫小牧をあとにする。





【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・胆振総合振興局 > 鷲別岳








スポンサーサイト



別窓 | 北海道 | コメント:4
「銭函天狗山」
2017-08-04 Fri 19:27
2017.07.19(WED)

前夜、札幌に戻って飲み過ぎて
目を覚ましたのが朝8時過ぎ…。
札幌の天気は青空で少し風が強め。
支笏湖方面と中山峠方面の天気は
イマイチ…。
札幌だけ晴れなのかぁ…ん?
天気予報では、小樽方面もなんとか
天気が保っている様子だったので
昼過ぎに登山口に向かって、着いた
のが昼過ぎ。

札幌は青空だったがこちらは曇天。
今年はこういう山行なんだと諦めモード。
041_DSC_0046.jpg

登山口のすぐ近くに4、5台の車が
停められるスペースがあり、先行者
の2台と少し離して駐車する。
001_DSC_0001.jpg

はい、熊の覚悟をします。
003_DSC_0003.jpg

序盤は緩やかな上りが続き、登山口
から15分程の所に「銭天山荘」が現れる。
札幌山岳会所有の小屋でしっかりした
造りの小屋だ。
005_DSC_0005.jpg

山荘を過ぎた辺りから斜度がきつく
なり、上りきって一息ついた所に
熊の糞。虫も寄っていてまだ新しい。
今年は南区で熊の目撃が多く、近く
の小学校は集団下校をしたという
ニュースを車の中で聞いたばかり…。
009_DSCN2774.jpg

先行者もいたし、熊避けスプレーも
あるし、何とかなるだろうと上を目指す。
010_DSC_0008_2017073016373069d.jpg

登山道脇にはロープが張られている
箇所もあり、雨で道が滑りそうな時
はありがたい。
011_DSC_0009.jpg

道上に岩が現れて登山道らしく
なってくる。
013_DSC_0011_20170730163733f6b.jpg

「コオニユリ」
016_DSC_0014.jpg

ぐいぐいと高度を上げて、樹林帯
を抜けて頭上が明るくなる。
017_DSC_0015.jpg

目の前に山頂方面の岩壁が見えた。
019_DSC_0017.jpg

頂には岩壁の裏手から回り込む。
道上が少し荒れていて、斜度も
相変わらず緩まない。w
021_DSC_0019.jpg

また樹林帯から抜けて、左手が
切れ落ちた縁を歩く。
022_DSC_0020_stitch.jpg

切れ落ちていない側に咲く
「タカネナデシコ」
026_DSC_0026.jpg

切れ落ちた岩壁に張り付く様に咲く
「エゾノキリンソウ」
028_DSC_0028.jpg

振り返って石狩湾。
029_DSC_0029.jpg

左手に落ちない様に先に進むと
木に括り付けられた天狗山の木札。
031_DSC_0031_20170730164039012.jpg

先に進むと銭函天狗山の標識。
標高536.7m に到着する。
032_DSC_0032_20170730164322d61.jpg

平らなところが無く、何処に腰を
下そうか探しているとニホントカゲ
が現れる。
034_CSC_0036.jpg

少し離れた所でガサガサという音と
視界で何かが動いたので目を向けると
30-40cmくらいのヘビが草むらに
身を隠すところで、思わず
オイオイオィ…と声が出た。w

そんなのを見た後に、座る場所を
探す気になれず立ったまま休憩。w

こんなところで静かにしていて
熊でも出て来られたら溜まらんと
いうことで早々に下山開始。

帰りは来た道をピストンで。
037_DSC_0040.jpg



約3.7kmのお手軽山行。
zeniten.jpg


【お役立ち情報】
・Wikipedia(銭函天狗山)
・てんきとくらす
・札幌山岳会







別窓 | 北海道 | コメント:4
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR