fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「御荷鉾山」
2017-09-26 Tue 23:40
2017/09/18(MON)

遠出して3日間フルで山歩きしようと
思っていたのに、台風の所為で3連休
の予定はグダグダ。

最終日だけ晴れる予報になったが
台風の進むスピードが遅かったので
本当に晴れるか疑わしく遠出には
リスクがある。


地図を見ていて読み方が分からず
気になっていた「御荷鉾山」(みかぼやま)。
駐車場位置と地形から、2ヶ月ほど
山に上がっていなかった足には
丁度良い慣らしになりそうだと感じ
たので御荷鉾山を歩くことを計画。



晴れたら行く気満々で早朝に目を
覚まし、スマホで天気をチェックして…

二度寝をしてしまった。
( ̄▽ ̄;)


起きたときには家族の皆が既に
起きていて「山に行かなかったの?」
の問いに「これから行くさ」と
応えて早々に準備を済ませて家を出発。

山に向かうというのに8時過ぎの
行動はさすがに遅かった。w

所沢から関越に乗って本庄児玉で
下りて神流湖方面へ車を走らせる。
見落としそうな県道71号線を右折して
休業中の「みかぼ高原荘」をスルー
して先へ。

交互通行が厳しい道幅の県道なので
勢いよく走ってくる対向車には気を
付けたい。



県道71号線沿いには駐車スペースが
2か所あり、一つは西御荷鉾山の南側
の麓に広い駐車スペースがあり、
もう一つは投げ石峠の近くに小さめの
駐車スペースがある。

東御荷鉾山と西御荷鉾山の二つの頂
を踏みたかったので、投げ石峠近く
のスペースに停めようとしたのだが
駐車スペースの入り口から覘いたら
前日の台風で、かなりの範囲が水没
していたのでそこには停めず、土砂
崩れで通行止めの看板が出ていた県
道71号線の端に車を停める。
000_DSCN2834.jpg

鬼石方面に少し歩くと登山口。
斜面に登山道が延びていて出だし
からちょっと急登。
001_DSCN2835.jpg

前日が台風だったので山肌が
ズルズル。ストックを持ってくれば
良かったかなと思ったけど必要に
なったのはその時だけ。w

ぐいぐいと上って車道を見下ろす。
003_DSC_0003_201709262333051bd.jpg

上り始めだけが急だったようで
徐々に優しい斜面に変わっていく。
樹林帯の中で程よい風の流れが
あったので心地良く歩を進められた。
005_DSC_0005_20170926233306e93.jpg

見上げれば久々の青空で言う事なし。
006_DSC_0006.jpg

頂きまでは軽いアップダウンが続き
途中には休憩するにはちょっと広い
場所があったりとハイキング気分の山行。

「←投げ石峠 東御荷鉾山→」の
標識が立つコルに到着したのは
登山口から30分ほど経過してから。
010_DSC_0010_20170926233309e62.jpg

風が流れて心地いい場所。
立ったまま一息ついて先に進むと
少しだけ足元に岩がチラホラ現れる。
012_DSC_0012_201709262333114df.jpg

先が明るくなってきて
頂が近いのが分かる。
013_DSC_0013_20170926233312343.jpg

東御荷鉾山 標高1246m 到着。
017_DSC_0017.jpg

狭い頂の中央に神様が祀られて
周りを歩けるように踏み跡が
付いている。

南側は障害物がなく眺望が良くて
秩父の山塊が見渡せる。
018_021_DSC_0018_stitch.jpg

秩父の武甲山も良く見える。
022_DSC_0022.jpg

北側は木々が生えていて眺望が無い。

時季的に花は終わりだろうと
諦めていたが、頂の周りには
数輪のカイフウロが咲いていた。
024_DSCN2837.jpg

ベンチに座って武甲山を眺めて
ぼんやりする。
陽射しはそこそこあるがジリジリ感
はなく秋を感じる。

西御荷鉾山からの景色も見たかった
ので早々に腰を上げ下山。





車を停めてある登山口まで戻り
お茶を飲んでから西御荷鉾山を目指す。
025_DSC_0023.jpg

登山口から入って、県道71号線沿い
に延びる細い尾根を伝って頂へ向かう。
027_DSC_0025.jpg

しばらく歩くと丸太の階段が現れる。
028_DSC_0026.jpg

階段の高さで歩くテンポが乱される。
結構長いのが曲者だ。
031_DSC_0029_20170926233525b62.jpg

前方の傾斜が緩くなってきて
頂が近づいてくるのが分かる。
しばらく歩くと・・・
032_DSC_0030.jpg

視界が開けた開放感のある場所に出る。
033_DSC_0031.jpg

南側には秩父山塊が広がる。
東の頂からも見えた武甲山が
ここからも見える。
035_038_DSC_0033_stitch.jpg

東御荷鉾山からは見えなかった北側、
榛名山方面の眺望もある。
034_DSC_0032.jpg

頂を示す三角点と標識は広場の奥
側にあり、横にはベンチがある。
西御荷鉾山 標高 1287.2m
039_DSC_0037.jpg

神様はその先に鎮座。
040_DSC_0038.jpg

ベンチに腰を下してちょっと
遅めのランチ♪
ランチと言ってもセイコーマートの
カップ麺。w
それが出来上がるまでコーヒーを
飲みながら一息。
042&043-mix

食べ終わったあともベンチに座って
のんびりする。


青空に浮かぶ雲も眺めながら。


どこに止まろうか悩んでいる
トンボを眺めながら。


30分以上もいたが、焦ることもなく
後片付けをしてゆっくり下山。




東の山でもそうだったが、まだ青い
どんぐりが沢山落ちていた。
この時季に落ちちゃうと秋が深まる頃
に動物たちが困らないだろうか・・・

特に熊・・・

( ̄▽ ̄;)

約5.8kmの山行
mikabo.jpg


標高差は以下を参考。
投げ石峠 標高:1015m
東御荷鉾山 標高:1246m
西御荷鉾山 標高:1287.2m




帰りに道の駅 万葉の里に立ちより
とうがらし醤油、青唐辛子、甘唐辛子
をお手頃価格でゲットして帰路へ。
052&053-mix



【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・道の駅 万葉の里


スポンサーサイト



別窓 | 北関東 | コメント:2
「雷」
2017-09-25 Mon 23:37
今日も働いたなぁ~と思いながら
駅から原付で走っていると、埼玉の
東側が豪く光っていたので近くの
河の土手まで行ってシャッターを
何回も切ってみた。w

ストームチェイサーなるものが居るらしく
一度やってみたいなぁと思っていたんだが
濡れるのが嫌でね…。w

車で嵐を追いかけなくても良い一枚になった。

20170925.jpg


山でこんな雷には遭いたくない。w



別窓 | その他 | コメント:4
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR