fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「Camera Bag、Camera Grip」
2018-04-25 Wed 21:47
2017.07-2018.02

山行におけるDSLRの携帯にウェスト
ポーチを利用していたが、二代目の
ウェストポーチが傷んできたので、
三代目の購入を考えたが革遊びを
しているうちに、
『自分で作れるんじゃないか?』
と思う様になった。w

製作期間が掛かってもオリジナルで
自分の使い勝手に合った、可能で
あれば傷んでも自力で修復できる…
そんな一つが欲しい、と。


まずは納得できる革選びから。

今まで、ウェストポーチほどの薄い
バッグに入れていて問題が無かった
ので、加工のし易さを考慮して革の
厚みはそれ程厚くないものをチョイス。
勿論強度を考えると薄過ぎても不味
いが、2~3mmで。


好みの色、厚み、硬さ、予算を考慮
して一枚の皮をゲットする(@3,000)。

取り合えず自分のDSLRが収納できれ
ばよく、レンズも標準+αと考えて
鏡筒部分は大袈裟に大きくしない。

カメラのサイズを測定し予備的な
空間を考慮して型紙を作成そして
カット。
000_DSCN2613-1.jpg

本体用の革の床面とコバを
トコノールで仕上げる。
001_DSCN2614.jpg

部品として使う革も切り出し。
002_DSCN2500.jpg

携帯用ベルトを通すベルトループは
実際のベルトに合わせて型をつけて
充分に乾燥させる。
003_DSCN2616.jpg

ベルトループ取り付け部分は、本体の
革の強度を考えてベルトループと同
強度で一回り大きめの革を一枚介して
縫い付ける。
004_DSCN2829.jpg

そのループを本体の背面に縫い付ける。
005_DSCN2830.jpg

鏡筒部分を締め付けるベルトの
ベルトループはカシメで固定。
006_DSCN2987.jpg

面を縫い合わせていく前に
ファスナーも縫い合わせ。
008_DSCN2990.jpg


面の用意が出来たので一気に縫い合わせ。
011_DSCN2996.jpg

012_DSCN2997.jpg

ベルト用の革もコバ処理してから
コバをコート、バックルを付けて完成。
016_DSCN3003.jpg



余った革で、未使用時のベルトを
束ねるホルダーを作る。

余った革にジャンパーホックを
付けるだけじゃ気が済まず、
コンチョも作成。
コインは、出張のときに使い切れな
かった10セント、25セントを使う。


100均で工作用の木製の立方体を購入。
立方体は、コインの直径より大きい
計量スプーンが埋め込める大きさ。
彫りながら、サイズを合わせながら
せっせと穴を掘る。彫刻刀を使う
のは久々。
c000_DSCN2438.jpg

木製の土台が出来たら計量スプーン
の柄を折り穴に埋め込む。
c001_DSCN2439.jpg

コインの面が湾曲するまでガシガシ叩く。
これが五月蝿い。
c003_DSCN2444.jpg

取り合えず、これだけ叩いておけば
今のところ足りる。
c005_DSCN2445.jpg

シカゴスクリューとコインの溶接
には銀ロウと銀ロウ用フラックス
が必要。
c006_DSCN2458.jpg

フラックス入りの銀ロウもあるが
自分は別々に購入。

コインの中心にフラックスを塗り
シカゴスクリューを置いて、周りに
小さくカットした銀ロウの欠片を配置。
c009_DSCN2464.jpg

シカゴスクリューが吹っ飛んで
いかない様にステンレスのピン
セットで押さえながら、銀ロウを
融かすべくバーナーで炙る。
溶接できたら水の中に入れて冷す。
c010_DSCN2461.jpg

このままでは真っ黒なので
ピーカールなどの金属磨きで
拭き拭き。
c014_DSCN2575.jpg


コンチョの付いたベルトホルダー完成。
ベルトを身体に巻いているときは
クマ鈴を引っ掛けておけるので一石二鳥。
019_DSCN3022_20180421105533e67.jpg


空き時間を利用して作ったので
出来上がるまでが長かった。



2018.02.25-03.03

CameraBagにカメラを収納している
うちに、カメラに付けていた市販の
CameraGripがお粗末に見えてきた。


CameraBagに続いての製作活動。
001_DSCN3025.jpg

000_DSCN3024.jpg

グリップ部分は違う種類の革を
二重にする。
パーツは裁断して菱目打ち完了。
カメラの上下に固定するベルトの
幅は1cm。長さが調整できるように、
ベルトには小さなバックルを付ける。

長めのベルトはフォルダーを付けて
その中に収まるようにする。
003_DSCN3027.jpg

フォルダーにはジャンパーホックを
付けてコンチョを。
004_DSCN3028.jpg

ベルトはグリップ本体の2枚の革で
挟む様にして縫い付ける。
006_DSCN3031.jpg

ベルトを通して
007_DSCN3032.jpg

装着。
009_DSCN3035.jpg

完成。
008_DSCN3033.jpg

CameraBagに入れた感じも悪くない。
010_DSCN3078.jpg

先日の群馬山行に持って行った時の
GripとCameraBag。
CameraBagは片手で開け閉めが出来る
ようにファスナーを配置をしている
ので使い勝手も悪くない。
Gripの強度も問題なさそうだ。

070_FSCN3048.jpg









スポンサーサイト



別窓 | その他 | コメント:2
「子持山」
2018-04-21 Sat 10:26
2018.04.01(SUN)

前日に山行を終え風呂でリフレッシュ。
朝、道の駅で遅くに目を覚まして、
群馬県立天文台の駐車場へ向かう。

駐車場から林道が延びているが
一般車両の進入が禁止されて、防犯
用のカメラが設置されている。
カメラの配置とゲートの状況から
進入を許可された車両だけが入れるようだ。
001_DSC_0145.jpg

ゲートから数分歩くと小野子山方面
に向かう林道と天文台への分岐に到着する。
002_DSC_0146_20180421101846dd9.jpg

子持山へはこの分岐を右へ進む。
003_DSC_0147.jpg

この林道の先にはNTTの無線中継所が
あるので、こちらにも鍵付の頑丈な
ゲートがある。
005_DSC_0150.jpg

このゲートからも暫く林道歩き。

林道脇に生えていた木の芽のような
花が可愛らしい。
007_DSC_0151.jpg

010_RSCN3067.jpg




天文台のゲートから1時間弱歩いて
山の中へ延びる登山道への分岐に到着。
013_DSC_0155.jpg

林道に飽きたので登山道に進んだが
そこからの斜度がキツイ。w
014_DSC_0156.jpg

落葉でフカフカ状態の登山道で、落
ち葉の下に隠れている物に足を取ら
れない様に気を付けながらガシガシ
と上る。
登山道に入ってから20分くらい
上がったところで斜面が笹っ原に
変わってくる。
017_DSC_0159.jpg

先の見通しが良くなったので、上り
切ったかな?と思ったら未だ先があった。
上り切ったところは尾根のような
箇所で、登山道をパスして無線中継
所を経由したルートとの合流地点のようだ。
018_DSC_0160.jpg

尾根っぽ登山道を進んでいくと
ジグザグの斜面に変わる。
019_DSC_0161.jpg

その斜面を上りきると子持山の頂。
標高1296m
021_DSC_0163_201804211021182a1.jpg


頂では3名の先客がランチの準備。
男3人いろいろ持ち寄ったようだが
多過ぎて食べ切るのに苦労していた。w

頂には方位盤と三角点。
「子持山」と記された札が木に括り
付けられているが、頂きを示す標柱は無い。
頂は広過ぎず狭すぎずで、端の方に
東北の日本海側と上信越に多いと
言われている十二山神様が祀られていた。
022_DSC_0164.jpg

霞んで見えた沼田方面。
023_DSC_0165.jpg

賑やかな3名の横でコーヒーを入れて
一休み。前日に上った十二ヶ岳、
中ノ岳、小野子山は木々が邪魔で見えない。
024_DSCN3068.jpg

暫く休んだあと重い腰を上げて下山。


天文台の駐車場に到着するが
車はほとんど停まっていない。w


約8kmの山行
komochi.jpg




道の駅 中山盆地 から見た子持山。
山の右端肩の所に天文台のドームが
見える。
031_DSC_0169_20180421103435d6d.jpg


道の駅で地産の野菜を買い込む。
034_DSCN3061.jpg

お風呂は同じ道の駅の建物にあり
入り口が違うだけの
「高山温泉ふれあいプラザ」。
035036037-mix

大人3時間500円で自分の好きな
寝転がって入れる風呂があった。
時間を忘れて青空を見ながらのんびり。
目を瞑ればいつまでも…。

二日も山をフラフラしていたので
今日はちゃんと帰らないとな…。


無事帰宅。w



【お役立ち情報】
・道の駅 中山盆地
・高山温泉ふれあいプラザ
・県立ぐんま天文台





別窓 | 北関東 | コメント:2
「十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山」
2018-04-15 Sun 20:22
2018.03.31(SAT)

久々の山行。

リハビリがてら上れる山を探して
見つけたのがこの山たち。

縦走してピストンで戻れば良いリハ
ビリになると安易に計画。

前夜、仕事が終わって所用を済ませ
関越に乗る。関越に乗るのも久々。



渋川伊香保ICで高速を降りて、国道
353号線を北西へ進む。JR吾妻駅を
越えた辺りから右折して十二ヶ岳
方面へ延びる林道を北上。


少し荒れた舗装の林道を進んでいく
と、目の前に「全面通行止」の簡易
ゲートが現れる。

ゲートが交互に並んでいて車が入っ
て行けそうだったが、先がどうなっ
ているかも分からないので、ゲート
脇にあった5、6台の車が停められそ
うな駐車スペースに車を停めて就寝。


(-_-)zzz






(*´0)ゞoO

鼻がむずむず…。花粉が多い。
こんな時季に山に来ちゃいけないな。w

ポケットティッシュを3つ持って
車を離れたのはだいたい8時。
001_DSC_0017.jpg


十二ヶ岳~中ノ岳~小野子山、
小野子山から林道へ下る新ルートが
あると書かれている。ピストンで
戻らずに済むのは良い。
002_DSCN3043.jpg

暫く舗装の林道を進む。
意外に緑が少なく、雪は無いものの
山はまだ冬の色だ。
004_DSC_0020.jpg

右手、上にある林道からの崩落跡が
あったがかなり大きいく目を引く。
008_DSC_0028.jpg

車を停めたところから30分程歩いて
入道坊主に到着。
008_DSC_0029.jpg

入道坊主に向って左脇にテープの
目印が見えたのでそのまま進んで
また林道にぶち当たり、正面に
十二ヶ岳登山道入り口が現れる。
012_DSC_0034.jpg

ここから高度をグイグイ上げていく。

途中に十二岳滝下、十二岳滝上の
標柱が現れたが滝が在るようにも
見えずそのままスルー。

3ヶ月の間、山に登らなかった足には
かなりくる。w
024_DSC_0048_stitch.jpg



「十二ヶ岳へ30分」と書かれた標識
が現れたのは、十二ヶ岳登山道の
入り口から約50分後。
029_DSC_0054.jpg

荒々しい岩肌を横目に右に巻いて
尾根っぽい道を上がると鞍部に出る。
道標によると十二ヶ岳までは20分程。
038_DSC_0064.jpg

木々が邪魔しているがシルエット
は見える。
039_DSC_0066.jpg

頂へは男坂コースと女坂コースの
2コースがあって、自分は下りで
足場が悪いのは嫌なので、上りに
男坂をチョイス。
041_DSC_0068.jpg

男坂はグイグイと高度を上げていく
感じでなかなか上り甲斐のあるコース。
所々にロープが張られてあるので助かる。
047_DSC_0075.jpg

徐々に斜面が緩やかになってきて
先が開けてきたその先に方位盤と
二等三角点。標高1200m
052_DSC_0080.jpg

360度の視界で雲も無い。最高。

「上州武尊山」
054_DSC_0082.jpg

「水沢山」
058_DSC_0086.jpg

「榛名富士、烏帽子ヶ岳、掃部ヶ岳」
060_DSC_0089.jpg

「四阿山」
062_CSC_0092.jpg

「浅間山」。手前には「浅間隠山」
辛うじて見えている。
064_DSC_0095.jpg

「谷川岳」
066_CSC_0099.jpg


腰を下すことなく眺望を楽しみ
女坂を下る。
071_DSC_0103.jpg

鞍部に下りて尾根っぽい道を
上り返すと中ノ岳。
標高 1188m
078_DSC_0109.jpg

気持ちの問題だが、上り返しは
得意でない。w
花粉が酷いので余計にそう思ったりもする。

頂の丸太に腰を下していると
年配のペアが小野子山方面から
上がってきた。

ペットボトルのお茶を飲んでから
腰を上げる。
多分木々の間から見えている山が
小野子山だと思っても、念のため
二人に確認をすると「そうですよ」と。
「ここからだと一度結構下りますよ」
と教えてもらって「やっぱりね…」
思った通り。

なだらかな下りから次第に「折角
上がったのになんでこんなに下る
の~」と言いたくなる下りに変わる。w

鞍部に到着…。

084_DSC_0115.jpg

少し進むと長い上り。
088_DSC_0119.jpg

ゆっくり上がって小野子山の頂。
標高 1208m
089_DSC_0120.jpg

方位盤の下に四等三角点。

往路をピストンで戻るのかと思うと
ちょっと…。
091_DSC_0122.jpg

出発のときに見つけた貼紙に
書かれた新ルートを探すと、
「エスケープルート(急斜面)入道坊主へ」
と書かれた札を見つけてホッとする。w
上って下ってを繰り返すより
急斜面の方が面白いし。w

094_FSCN3051.jpg

到着したときは誰もいなかったが
休んでいると山の東側と南側の
登山道から登山者たちが続々現れる。
腰を下してお湯を沸かしていたら
横がガヤガヤと賑やかに。w


コーヒーとパンを食べて一息ついて
腰を上げて、エスケープルートへ。

下り始めは緩やかな感じだったか
次第に案内の通りに「急斜面」。
目印になるピンクのテープが多くて
道に迷うことはないが急な箇所が続く。
木々の間から十二ヶ岳(左)と中ノ岳
(右)が見えた。
099_DSC_0128.jpg

ぐいぐい下っていくと、下の林道
から見えた崩落のあった場所の上に
立っていた。大掛りな補修跡だ。
102_DSC_0134.jpg

補修跡とは反対側の斜面を下り
ピンクのテープを目印に下る、下る。

林道に出て暫く歩くと崩落補修跡の
下に到着。出発した時に自分が見上
げた場所は右側のガードレールの下。
やっぱでかい崩落だったんだなぁ。
107_DSC_0141_stitch.jpg

15時少し前に車に戻れて、次はお楽しみの湯だ。
108_DSCN3054.jpg

約8.5kmの山行
juuni_naka_onokoyama.jpg


113_DSC_0144.jpg
これは道の駅から見た三つの山。
左から小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳。
地元では、この三つの連山を三並山
(みなみやま)と呼んでいるんだとか。



林道を下って国道353号線から
「吾妻温泉 根古屋乃湯」へ向う。
109110111112-mix

大人3時間400円。
お客がいなくて貸切り状態。
石鹸はあるがシャンプーは無し。
ドライヤーがないので冬は頭が
風邪をひきそうだ。w
お湯の出が弱く、洗い場の端の方に
あるシャワーの出が一番よかった。
と言っても他のシャワーに比べて。w
露天は無かったが窓から桜がよく
見えて、のんびりとお湯に浸かれた
のが一番よかった。


翌日、隣にあった山に登るため、
渋川市街に繰り出して前泊車中宴会
用の買出しを。w



【お役立ち情報】
・道の駅 中山盆地
・吾妻温泉 根古屋乃湯






別窓 | 北関東 | コメント:2
「登谷山」
2018-04-08 Sun 22:04
2018.03.27(TUE)

去年の12月から今年の3月までの間
思うように休暇が取れず、一つの山
にも行けなかった。


偶々平日の午後に休みが取れる事に
なったので、気晴らしに夜景でも
撮りに行こうと秩父に出かけてみた。

急だったので、ヘッデンとカメラ、
三脚をザックに入れて車を出す。



普段使う秩父までのルートとは別の
ルートで来てみたら、なかなか快適
だった。

到着したのは17時過ぎ。
000_DSC_0001_20180408215726147.jpg

道標に従って頂へ向う。

少し荒れているが舗装された道。
登山口からグイッと上ったと思った
ら、また下がってまたまーっすぐ
上がる。
001_DSC_0003_20180408215729a05.jpg

東武東上線の中刷りで見た「外秩父
七峰縦走」のハイキングコースの一部のようだ。
002_DSC_0005_2018040821572953e.jpg

10分も歩くと668mの頂。
頂近くには、コンクリートで出来た
秩父セメントの無線局の建物。
金網で囲まれたおどろおどろしい雰囲気。
005_DSC_0008.jpg

見下ろす草むらから聞こえた獣の気配。
ガサガサ…。コチラの存在をアピー
ルすると、気配が遠のいて行った。
鹿かぁ。


夜景のメインとなる小川町方面は
未だ街明かりが点いていない。

建物や木々が邪魔で日没が見えない。
日没までは充分に時間があるので
駐車スペースまで下りる事にする。
010_DSCN3037.jpg



駐車スペースからの静かな日没。
012_DSCN3039.jpg

014_DSCN3040.jpg

月明かりが明るかったので完璧な
闇にはならず、日没の余韻が弱く
続く景色の中、車内でぼーっとする。

1時間ほどぼんやりしてたかな。
最近はぼんやりしてる時間も無かったから。


ヘッデンを点けて頂に向う。

ちょっとガスが掛かっていたけど
なかなかの夜景だ。
015_DSC_0015_stitch.jpg

寒すぎず暑すぎず、蚊やアブも
いない季節。花粉さえなければ最高なんだが。

3月末、これが今年初めての山?登り。w
どんな年になるんだか。。。







別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR