fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「米山」
2018-06-28 Thu 22:10
2018.06.16(SAT)-17(SUN)

WEBを見ていて山容が綺麗だったので
機会があればいつか登ってみようと
思っていた新潟の山。

頂に無人小屋もあるから、のんびり
小屋泊まりするのも悪くない。
土曜の天気が少し悪いから登山者も
少ないだろうと予測。
仕事を終えた金曜の夜、関越を北上
して、長岡JCTから北陸自動車道に
乗り換えて米山SAに到着。

柏崎市から離れるとコンビニが無い
ようなので、SAで朝を迎えることにする。




(*´0)ゞoO

7時過ぎに目を覚ます。
休日なので駐車場は車も人も多い。

思った通りの曇天。w
000_DSC_0001_20180628215123369.jpg

普段なら曇天かよぉ!と腐る所だが
小屋泊まりが楽しければ曇天でも
いいやぁ~♪という軽い気持ち。

SAのトイレを使ってから米山ICを
経て登山口へ向かう。

米山には沢山の登山口があって
向かったのは、山の西側にある大平
登山口(大平コース)。


柏崎市のホームページではこの他に
山の北側にある吉尾登山口(吉尾
コース)。
北側の谷根(たんね)から頂直下では
東側から頂に向う谷根コース。
山の東側にある払川から上がる
野田コース。
山の南側にある水野登山口を経由
する下牧コース。このコースの途中
にある水野林道登山口から1時間半
で登れるコース等が紹介されてる。


登山口前の駐車場には既に1台の車が
停まっていて中に人はいない。
急いで早く小屋に着いてもそんなに
することはないし…、と寝不足調整
のためにシートを倒す。w

フロントガラスに小雨の跡…。
曇りじゃないのかよ…。

まぁ小雨くらいなら仕方ないかぁ~
とシートに身を任せていると駐車場
に車が続々と到着。小雨だっていう
のに出てきた人たちは上る準備。

荷物を見た感じでは泊まる人は
いなさそうだが、他の登山口から
上がる人の中には泊まる人がいる
かな?と思いながらウダウダ。w

ウダウダする事に飽きて準備を始め
て9時半過ぎに車を離れる。

古い民家の脇から大平登山口へ向け出発。
001_DSC_0002_20180628215124acc.jpg

歩き始めて早々に、ユキノシタが
出迎えてくれる。
003_CSC_0151.jpg

林道を進んで杉林の中の登山道に
入り、また林道に抜けて、また
登山道に入ってまた林道に入って
大平登山口の前に到着。
登山口の前には数台の駐車スペース
があったがこの時は車は無かった。
けど次の日に下りて来た時には2台
ほど停まっていたので、ここ迄車で
上がってくる人もいるようだ。
009_DSC_0016.jpg


登山道は整備されているが階段が
手強い。w
雨で足場が悪い日には有難いが結構
足に来る。w
011_DSC_0020.jpg


大木にぶら下がった赤い札には

山頂まで2250米
登山口まで450米

と、まだ1/5…。w
012_DSC_0021.jpg


10分ほど歩くとまた赤い札。

山頂まで2000米
登山口まで700米
ゴミは持ち帰りましょう。
ラジオはイヤホンでお聞き下さい。

と。

ゴミを持ち帰ろうは分かる。
五月蠅いからイヤホンでラジオを
聞いて欲しいということなんだろう
けど、熊避けかもしれないし…
まぁ、下山の時にラジオをガンガン
鳴らしていた爺ちゃんがいたので
なんでも有りなんでしょうね。w
014_DSC_0025.jpg

日本海が覗き見える場所も眺望無し
で真っ白。(T0T)
015_DSC_0026.jpg


長い階段を上り切って二ノ字に到着。

山頂まで1750米
登山口まで950米
016_DSC_0028.jpg

低い木の長椅子があったが濡れて
いたので座らず、小雨を避ける為
に木の下へ避難。


ヤマツツジ
020_CSC_0152.jpg

二ノ字を後にまた登山道を進んで
木々の中へ入る。

七一一米峰を巻く道があった様だが
崩落しているとの事で素直に尾根道
に向かって進む。
021_DSC_0037.jpg


023_DSC_0041.jpg
ガシガシと階段を上りきって
七一一米峰に到着。
024_DSC_0043.jpg

ここでは妙高山、火打山、焼山が
眺められるのだが上りは真っ白で
眺望が無かった。

七一一米峰を越えて少し下って、軽い
アップダウンを進み、気が付けば
半分過ぎていた。

山頂まで1000米
登山口まで1700米
032_DSC_0058.jpg


すれ違った先輩に、上の天気はこの
辺りよりは良くて視界も少しは良い
と告げられ、少しだけテンションが
上がる。w

アジサイの花が登山道脇にチラホラ
現れるが、蕾が多く満開はこれから
の様子。
033_CSC_0161.jpg

ハシゴの先にガンバレ岩。
034_DSC_0062.jpg



尸羅場(しらば)跡。明治の初め迄
は女人禁制で、ここまでしか上がれ
なかったんだとか。
036_DSC_0066.jpg


尸羅場跡から少し先に米山林道から
上がってきた登山道と合流点があり

山頂まで400米
登山口まで2300米

と。山頂へはもう少し。
038_DSC_0070.jpg

10分程進むと水場への分岐。
水場まで30秒らしいが、お腹の弱い
人は飲まないで下さい、と。
この日は、お茶 500ml x 2、ワイン
720ml、水 2Lを持参しているのでパス。
040_DSC_0075.jpg

水場の分岐から10分ほど上がると
小屋へ到着。小屋の手前で咲いて
いたウラジロヨウラクの花が癒し
になる。
043_DSC_0078.jpg

しっかりした二階建ての小屋がガス
の中に見える。
中からラジオより賑やかな声が聞こ
えてきたので、先ずは周辺を散策する。
045_DSC_0080.jpg

薬師堂もガスの中。頂上992.5mに到着。
駐車スペースの標高が約237mだから
標高差が755.5m。
047_DSC_0084.jpg

三角点は大きな立派なもの。
この近くに、明治15年頃、大三角測量の
際に設置されたという貴重な原三角点
がある筈なんだが見つからず。
測量事業が陸軍に引き継がれる前の
三角点で、マニアには溜まらない物
らしい。
048_DSC_0085.jpg

小屋の周りは白い花が一杯で
花畑のような感じ。
049_DSC_0086.jpg

052_DSC_0090.jpg

063_CSC_0106.jpg

064_CSC_0107.jpg

小屋の中へ入ると先に上がってた
おばちゃん達が大きなテーブルを
囲んでいて帰り支度をしている最中。
かなり盛り上がっていた。w
部屋の端の方では若者二人が自分達
で持ってきた小さなテーブルを前に
お湯を沸かしてカップ麺を食べていた。

おばちゃん達が引き上げた後、
大きなテーブルの角でお湯を沸かし
てコーヒーで一休み。
残り湯でカップ麺を頂く。
053_DSC_0094.jpg

若者二人が出て行った後も、二階は
賑やか♪
退屈だったので一階のフロアーを
モップ掛けをして、持ってきた
マットの上で横になってラジオを聴く。

055_DSC_0096.jpg

二階にいた方達は地元の方達で、
よく皆で上がってくるんだとか。

この山で出会った地元の方達は、
この山のことを愛していて、他県
からの登山者にもっとこの山に
登ってもらいと思っているようだ。
埼玉から来たというと、

ようこそいらっしいました、
ゆっくりしていって下さい、
またいらして下さい、

と自分の家に招待するかのように
言葉をかけてくれる。

地元の方それぞれが、自分の家の様
に掃除をしたり、堂を掃除したりと
皆さんに山愛を感じた。


二階にもテーブルが用意されていて
充分に広い。
056_CSC_0098.jpg

時間の過ぎるのは早いもので午後4時。

ラジオも飽きたのでワインに手を
出す。そうするとつまみたくなって
玉ねぎと鶏を塩コショウで焼き出す。
065 067-mix

ワインをグビグビやっていると
小屋の窓から明かりが差してきた
のでカメラを持って外に出ると
薬師堂のバックが青空!
072_DSC_0147.jpg

雲が完璧になくならないが、
大地が生きている様でこういうのも
好きだったりする。
069_DSC_0126_stitch.jpg

070_DSC_0138_stitch.jpg


小屋の中に戻ってまたワインを
グビグビ…。
段々と日が暮れていく。
075_DSC_0150.jpg


スマホでマニアックな山の映画を
見ながらのんびり過ごして、また
コーヒー。
077_RSCN3227.jpg

ランプを頭の近くに置いてシュラフ
に入って、二本目の映画を見ていて
寝てしまった。w


(-_-)zzz






目が覚めて時計を見ると深夜2時。
078_DSCN3228.jpg

トイレに行こうと立ち上がると
窓越しに夜景がチラッと見えた。
雲が多い時は街を見下ろせるとは
思ってなかったので、深夜2時過ぎ
だというのに一寸テンションが上がる。w


外は風が全くない静かな夜だった。


南に上越市。
080_DSC_0155.jpg

北に柏崎市。
081_DSC_0156.jpg

シュラフに入ってラジオを聞き
ながらウトウト…
パチッ…パチッ…ラップ現象か?
なんか近付いてきているような…

眠気の方が強くてそのまま寝てしまった。w

(-_-)zzz…







(*´0)ゞoO

5時半過ぎに目を覚ますと、御来光
の時刻はとっくに過ぎていて、小屋
の中に朝日が差し込んでいた。
カメラ片手に外に出てみると、昨日
とは打って変った青空が広がっていた。

朝の上越市を見下ろす。
084_DSC_0163.jpg

朝日を浴びた花達もナイス。
091_DSC_0185.jpg

小屋の裏手に回ると、埼玉の狭山
からの登山者が一人休んでいた。
前日に粟ヶ岳から下りてきて、その
序に寄ったとのこと。
林道終端からのコースを歩いてきた
ので1時間半程で上がれたそうだ。


昨日は見えなかった山々がクッキリ
と見える。
中央に火打山、少し離れて左側に
妙高山、火打山の右に丸いドーム型
の未だ入山規制のある焼山。
094_DSC_0198-crop.jpg


小屋に戻ってスープとクラッカーを
腹に詰めたあとに下山の準備。
準備をしている最中、小屋の空気の
入れ替えや掃除で次から次へと人が現れる。

知り合い同士なのか分からないが
片方の爺さんが耳が遠いようで
話が噛み合っていない二人がいたり。

80歳過ぎで冬に米山に上っていたら
身内に馬鹿呼ばわりされるんだけど、
仲間がいるから辞められないと、
最近の厳冬期の米山の写真を見せて
もらったり。

薬師堂は一度落雷を受けて焼けて、
今ある薬師堂は建て直したものだとか。
建て直しにいくらかかってとか。

居心地が良くてなかなか離れられず
小屋を後にしたのは8時過ぎ。



前日は見られなかった鮮やかな
緑のトンネルを楽しみながら下山。
103_DSC_0208.jpg

105_DSC_0210.jpg

七一一米峰に辿り着くと地元の方が
休んでいて、またお話をして一休み。
天気良い日は、ここからも火打山、
妙高山、焼山の三つが見える。
109_DSC_0215.jpg

二ノ字に到着。
木々の間から山頂が見えて、肉眼で
小屋も見える。
111_DSC_0219.jpg




グイグイッと下って2時間掛からず
に駐車場へ到着。


yoneyama.jpg
往復で約6.2kmの山行。


駐車場から車が溢れていて最悪な状態。
もう少し考えて停めませんか?w


まだ10時前だったので、このまま
風呂に寄って帰ってしまうのは勿体ない…。

もう一つ行ってみようと車を走らせる。






【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・柏崎市ホームページ
・にいがた観光ナビ > 新潟を知る > 米山





スポンサーサイト



別窓 | 越後・信州 | コメント:2
「宙玉」
2018-06-24 Sun 12:03
宙玉(そらたま)。

面白い撮影の仕方だなぁと感心して
いたけど、そのために治具を作成す
るのは手間だなぁ…と。

ChipStarの筒を利用した華奢な
治具だと持ち運びに気を使いそう…

DSLR用に作っちゃうと宙玉撮影の為
だけになっちゃいそうなのでCDSC用
に作成を試みる。

近接できるCDSCの鏡筒の前に
アクリルの球が配置できれば
良いだけだから…


円形のアクリル板に穴をあける作り
方もあるが、ちょっとググったら
フィルターに直接アクリル球を付け
るのもありの様で、その方がらくちん。

P300の鏡筒周辺にあるブロックの
直径は52mm。内径が52mmの塩ビ管が
あればステップアップリング等を
駆使する必要がなくなる。
002_P300-crop.jpg

ホームセンターで塩ビ管を探すが
丁度良い径の塩ビ管が無い・・・。
ちょっと削れば何とかなるか・・・。
けど1m以上の商品でそもそも長過ぎ。
こんな長さは無駄。w

連結部分になる短い管を探している
と棚に…
「KVパイプ 52x300」を見つける。
001_DSCN3108.jpg

持ってきたP300に当て付けると
どちらもキッチリ52mmのようで
嵌らない。w
これ位ならパイプの内側を軽く
削れば入るか・・・

フィルターにアクリル球を付ける
際に使う円形のパッキンと接着剤も
併せてお買い上げ~♪
004_DSCN3115.jpg

マクロ最短で撮影できる距離に
アクリル球が配置できるように
KVパイプをカット。プラ用の鋸で
はないがゴリゴリとカット!
003_DSCN3112.jpg


内径52mmなので52mmのフィルターが
カポッと嵌る。
フィルターの内側になる面に円形の
パッキンを接着。
005_DSCN3116.jpg

その上に乗る様にアクリル球を
乗せて接着。
006_DSCN3121.jpg

接着はアクリルが白くならない接着
剤でないと、撮影結果に影響がでる
ので要注意。


カットしたパイプは鉄ヤスリで軽く
バリ取りをしたあと、紙やすりの
番手を変えて仕上げていく。
ツルツルになったら中性洗剤で洗浄
して充分に乾かしてから、内面反射
を抑えるために、艶消し黒のプラ
カラーで塗装。

黒い筒だけだと少し不格好だった
ので革遊びを。w
008_DSCN3124.jpg

アクリル球の着いたフィルターは
取り外しが出来るように、ジャンク
のフィルターから枠だけを取って
その枠を黒筒に接着。アクリル球が
着いたフィルターはその枠にネジ
込むような構成にして清掃が楽に
済むようにする。
勿論レンズキャップも取付け可能。
009_DSC_0003_crop.jpg

フィルターが着かないカメラの
レンズ側もレンズキャップで塞いで
その上から革の押さえる。
取り付け、取り外しが楽なように
バネホック二つでパチパチッ!
010_DSC_0002-crop.jpg

筒に革をキッチリ巻くのではなく
短めの長さの革を革紐で締め上げる
様に仕上げる。革と革の隙間には
Nブランドのステッカーでインパクトを。

フィルター側の造りがカメラ側と
同じでは芸がないので、ベルトを
着けてレンズキャップを保護する
仕上げに。
012_DSC_0002.jpg

P300に装着した状態がこんな感じ。
アナログチックな見た目が良い感じだ。
013_DSC_0001_20180624120043fc5.jpg

撮影した画像はトリミングが
必要になるが、そもそもアクリル球
を通した画像だし、極端に画が悪い
印象にはならない。






先日の天空のポピーも良いし。
DSCN3138-crop★

庭に咲いていたムラサキカタバミも
可愛らしいし。
DSCN3141-crop★

羽を休めている旅客機達も良いし。
DSCN3206-crop★

羽田展望デッキの照明も良いし。
DSCN3211-crop2★

夜間照明が暗い東京駅も良い感じ。
DSCN3188-crop★




球体に閉じ込められた世界を撮影す
ることに当分嵌りそうだ。w



【お役立ち情報】
宙玉 soratama








別窓 | その他 | コメント:2
「天空のポピー」
2018-06-07 Thu 22:23
2018.06.02(SAT)

WEB上では9時から会場となっていた
が、駐車場は8時半の状態で既に車が
たくさん停まっていて、お客さんは
既に会場入り。

DSC_0002_20180607221905849.jpg

DSC_0004.jpg


DSC_0005.jpg


DSC_0007_201806072219095c7.jpg


DSC_0013_20180607221910e55.jpg






今回試したかったのは…「宙玉」


DSCN3135-crop.jpg


DSCN3133-crop.jpg


宙玉撮影用の筒作成は別途。



【お役立ち情報】
・天空のポピー







別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
「CB缶→OD缶」
2018-06-05 Tue 21:25
OD缶使用頻度が上がってきたので
CB缶からOD缶への詰め替え治具を
工作。


CB缶からの受け側は以前に
「CB完→CB缶用治具」
で作成した部品(スペーサ、
ゴムパッキン)を流用。
ゴムは15mm-6mm=9mmにカットして
スペーサの中へ押し込む。

※ スペーサ:4x15
内径4.2mm;外径:5.35mm、長さ15mm
約100円(12本入り)
※ ホームセンターにてダイオ化成
アルミ網戸用押えゴム(太さ4.5mm)



OD缶側の治具は自転車のタイヤ
バルブを加工!
ネジ山を金属用ヤスリで削って
スペーサに入るようにする。
002_002.jpg

タイヤ内に入るバルブの先端を
穴が現れるまで削る。
003_003.jpg

OD缶からのガス漏れを防ぐためと
横に空いている穴からガスが漏れ
ないようにはパッキンに使用した
ゴムを被せる。
横穴は出来れば金属の溶接などで
埋めるのがベストなんだろうけど
手抜き。w
004_004.jpg

スペーサとパッキンで出来た部品と
を組み合わせてCB缶→OD缶用治具の完成!!
006_006.jpg


組み合わせてCB缶を上から押し
付けてガスを注入。
007_007.jpg


メーカーはガスの詰め替えを推奨
していないので自己責任で。

メモ:ガス詰め過ぎ注意!
POWER GAS IP-110 はガスが満充填
された缶の状態で重さは200g。
※ガスが120gで缶が80g



別窓 | その他 | コメント:0
「御正体山」
2018-06-02 Sat 21:58
2018.05.20(SUN)

道志みち沿いの山は不思議な山名が
多い様な気がする。
この山も地図を見ながら首を傾げた
一つで、「正体」という言葉が仏教
用語で、日本の神々は仮の姿でその
正体はインドの仏という説があり、
権現はその逆で、インドの仏が仮の
姿で…という説を知って理解。

昔は山岳信仰が盛んな山だった
らしく明治の仏教破壊運動
(廃仏毀釈)が起こる迄は
ミイラがあったんだとか。

そういう信仰のあった山だった
事を知ると、山の途中で見つけた
古めかしい「○合目」の重みを感じる。




夜のうちに、相模湖東ICから
道志みちを山中湖方面へ向う。

夜の道志みちはわんぱくな車が多い。w

道の駅どうしを超え、御正橋バス停
近くで右折。民宿ふるさとを左手に
通過していくと別荘がポツポツと
現れる。

別荘の中過ぎくらいからかなり道が
悪いので要注意。

別荘街の終端近くの林道沿いに
車が数台停められるスペースがあり
そこでシートを倒して就寝。

(-_-)zzz








(*´0)ゞoO

なんだか雲行きが怪しい。
道志みちを挟んだ反対側の山々は
青空の下だというのに何という
運の無さ。w


腐っていても仕方がないので、
昼飯を楽しみに歩くことにする。



別荘が無くなり標識通りに林道を進む。
000_DSC_0001_201806022147108a6.jpg

のーんびり前進。
002_DSC_0006.jpg

林道の終点に到着して、ここから
登山道らしい道に変わる。
熊出没注意の看板を見ながら
熊避けの鈴を確認。さぁ前進。
003_DSC_0007.jpg

登山道脇には沢が流れていて、沢の
音で熊避けの鈴の音が掻き消される。
こういう所で熊に鉢合せするんだろ
うな、と鈴をシャンシャン鳴らす。w
004_DSC_0009.jpg


ピンクのテープが充分で道迷いは
しなさそうだ。
沢が片側だけにしかなかったのに
気が付けば両側に小さい沢。
雨量が多い時は渡渉もあり得る様な
箇所もあって雨天は要注意かな。
007_DSC_0012_stitch.jpg

雲が多かった空もいつの間にか
青空に変わって、鮮やかな木々の
緑が日の光を和らげてくれる。
008_DSC_0026.jpg

折り返して右手の斜面へ。
010_DSC_0029.jpg

再び折り返して尾根っぽい斜面を
進む。ここも鮮やかな緑のトンネル
の様で心地良い。
011_DSC_0030.jpg

心地良い上りだったが、徐々に
斜度が緊くなってきた。

足元は根が張っている所が多が
歩き辛い程ではない。

必要性を感じない所に虎ロープが
あったが雨上がりは危ないのかな?
と思いながら通過。
013_DSC_0033.jpg

目指している白井平分岐の150mほど
手前に六合目表示の石柱を見つける。
古そうなもので歴史が感じられる。
けどコル手前で六合目とは何処起点
なんだろうか…。w
015_DSC_0036.jpg

木々の間から見える青空。
朝の雲は何処へ行ったやら。
016_DSC_0037_20180602215046c83.jpg


分岐直下で尾根を左手に巻いて
進み上り切ると道坂峠と御正体山
への分岐、白井平分岐へ到着する。
018_DSC_0039.jpg


南側の谷から風が吹き上げてくる。
陽射しを感じるのに風が冷たい。
吐く息が白くなるのが分かって、
白く見えたのは気の所為かと思って
何度か試すがやはり息が白い。w

アウターを出そうか迷ったが、
身体を動かしていたら気にならない
だろうとそのまま頂を目指す。

緑の屋根が良い色だ。
尾根を上がりだすとさっきまでの
風は感じられなくなった。アウター
を出さなくてよかった。w
019_CSC_0041.jpg

緩やかな斜面の斜度が徐々に急に
なってくる。
021_DSC_0042.jpg

斜度が厳しくなってきたが、登山道
の両脇にミツバツツジが出てきて癒される。
028_DSC_0053.jpg

良いねぇ。こんなに咲いているとは
思ってなかったので最高の癒しだ。
029_DSC_0054_20180602215055701.jpg

027_DSC_0052.jpg


白井平分岐から1時間弱上がって
きたら、コバイケイソウが群生した
緩やかな斜面に変わって頂が近くな
ってきた。
030_DSC_0055.jpg


到着したのは周りを木々に囲まれた頂。
御正体山 山梨百名山 1681m。

頂には、小さな社と大き目の三角点
山梨百名山と書かれた標柱、そして
ランチを頂くには丁度良い頑丈な
テーブルベンチがある。
032_DSC_0057.jpg


眺望は無いが頭上に広がる青空が
救いだ。w


上がってきた登山道と反対側にある
登山道はマルバダケブキが群生していた。
上がってきた方はコバイケイソウが
群生していたので、何処が境目か
気になったが、どちらにしても毒草
なので、無駄な詮索は止めた。
036_DSC_0062_2018060221541443d.jpg

ベンチに腰を下ろして、コーヒーと
カップ麺用にお湯を沸かす。
034_DSC_0059.jpg

コーヒーを飲んでいると、自分が
上がってきた登山道と反対側の
登山道から男女一組が上がってきた。

テーブルを半分譲って、片耳にイヤ
ホンを突っ込んでのんびりしている
と、目の前で軽く揉め出したので
もう片方のイヤホンを耳に突っ込ん
で知らんふり。

こんな良い青空の下、揉めるなら
別の所でやって欲しいなぁ…。w

カップ麺をズルズル啜った後は
カシラ肉を塩コショウで頂く。
ビールがあれば最高なんだが自粛。w
035_DSC_0060.jpg

気が付けば1時間半も頂にいた。w
039_DSC_0065_20180602215414e26.jpg


後片付けをしてから重い腰を上げて
ピストンで下山。
040_DSC_0066.jpg

下りは30分ほどで白井平分岐に到着。
041_CSC_0068.jpg


登りで見つけた「六合目」より下で
四合目と三合目の標柱を見つけたが
どれも景色に同化していて分かり辛かった。
044_DSC_0070.jpg

045_CSC_0075.jpg

上りでは日陰だった谷に日が刺し
込んで良い風景になっていた。
046_DSC_0074.jpg

下っている最中、往路では気が
付かなかった山椒の木々を発見して
葉を摘みながら下る。


車に戻ったが辺りは静か、別荘も
静かで人の気配も感じられない…。


約 6.9kmの山行。
mishoutai.jpg





汗は、以前、夜に行った事があった
「いやしの湯」で流す。
大人3時間700円。
そう、夜は500円だったんだなぁ…。w
047_DSCN3095.jpg

【お役立ち情報】


・てんきとくらす
・道志村観光ガイドMAP情報 > 御正体山
・青根緑の休暇村センター いやしの湯







別窓 | 丹沢 | コメント:2
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR