fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「竜王山」
2018-09-30 Sun 12:38
2018.09.16(SUN)

中華そば いのたに の徳島らーめん
で腹が満たされたので香川県に向う。
向ったのは香川県と徳島県の県境に
あって香川の最高峰、竜王山。
竜王山は、讃岐竜王(東竜王)という
東の峰と阿波竜王(西竜王)という西
の峰の二峰をもっていて、今回向っ
たのは西の阿波竜王。


眺望が良くないと聞いたので、
どんな所かを見るだけのつもりで
車を走らせる。

林道をサクサク上がっていくと小屋
(小屋ではなくて使用禁止になった
トイレ)の横と、通り挟んだ向いの
2箇所に駐車場がある。
DSC_0015.jpg

車を停めて舗装された道を歩く。
DSC_0017_2018093012281374b.jpg

電波塔らしき建物…。
建設省 無線中継局らしい。
DSC_0019_20180930122815918.jpg

登山道を探すが見当たらず。
注意しながら下ると、大きな岩の横
に踏み跡を発見。
DSC_0021_20180930122816a79.jpg

先に進んでみると阿讃縦走コースに
出て
DSC_0022_20180930122818731.jpg


そのまま道なりに進むと展望台が
現れる。標高1,059.8m
CSC_0029.jpg

案の定、木々が成長して眺望が無い
に等しい。
葉の無い冬ならまだ見えるのかも。
CSC_0026.jpg

羅針盤があっても意味が無い。w
DSC_0027_20180930122820100.jpg

柵に上がって屋根と同じ高さで撮影
しても何とか見えるがイマイチ…
DSC_0028_2018093012282135a.jpg

南側も木々で全く…。

撤収!w

約0.7km
ryuou.jpg



これだけで香川は終われない。w

予め探しておいたうどん屋を目指す。


うどん屋さんは比較的早く閉店してしまうので
時間はギリギリ。w
閉店が18:30と聞いていた山下うどんに
到着したのは18:15くらい。
IMG_4267.jpg

暖簾が下りてない!Σ( ̄□ ̄;)

駄目もとで聞いてみようと店の前に
行くと丁度店からおばちゃんが店から出てきた。

「もう終わり?」
「終わっちゃったけどあるかなぁ?一人?」
「そう一人。」
「じゃぁ頼んであげるよ」と神対応。

讃岐初心者の自分はおばちゃんの、
いや神の言われるがまま。w

おばちゃんはオーナーだったみたい。
作業を終えそうな厨房の中に指示を
出して麺を暖めてあげて!とか、
生姜のトングを出してきてくれたり。

トレーに載ったうどんを持って
お会計。大盛りで330円。安っ!
IMG_4268.jpg

テーブルに座って頂きまーす。
IMG_4269.jpg

白いモッチモチのうどん。
天かす、青葱、生姜、そしてレモン。
出汁が美味いわ。
帰りにお土産用のうどんを購入して
店を出る。
あんがと~美味かった~(ー人ー)


さぁ、日が沈んだけど香川は終わっていない。w





【お役立ち情報】
・tenkijp
・てんきとくらす
・Wikipedia(竜王山 讃岐山脈)




スポンサーサイト



別窓 | 四国 | コメント:0
「弁天山」
2018-09-28 Fri 23:29
2018.09.16(SUN)

潰れた夏休みの代わりに秋休み。
りつりん

フェリーに揺られて大平洋を
どんぶらこ~どんぶらこ。



四国の地におりて初登頂したお山。

国土地理院で認定されている山の中
で日本一低い山というのが、徳島市
方上町にあるこの弁天山。

徳島港からあまり離れていないので
車でサクサクっと来られます。

畑の中の黒い塊…。遠くから見ても
山には見えず、一寸した林?に見え
なくもない。w
DSC_0001.jpg

DSC_0003_20180928232545652.jpg

赤い鳥居を潜る。
DSC_0005_20180928232545368.jpg

3段、スロープ、6段で踊り場、更に
3段上って社。
DSC_0010.jpg

四国遠征が無事に済むように手を
合わせる。

左側の木の扉を開くと御札、御守り
おみくじ、記帳が入っていて福山雅
治も記帳されたらしい。
DSC_0009_20180928232548a11.jpg

通りを挟んで向い側に在る中華そば
店「チーアン」では絵馬や交通安全
のステッカーも取り扱っているらしい。




フェリーの中で昼食を食べずにいた
のは、このチーアンのためではない…。

徳島ラーメンを拡げたと言っても
過言ではない「いのたに」のため!w

10年位前に徳島出身の方に、徳島
ラーメンと言えばここ、と聞いて
いたので、この日夢がかなったわけだ。w
いのたに
食券制で、並に卵を付けてもらって
600円。自分が車を停めた時は偶々
空いていたタイミングだった様で、
席で一杯が出てくるのを待っている
間に人がわんさか増えた。w
いのたに 中+玉子

甘みのある徳島ラーメンのスープ。
中太ストレートのパツパツとした
食感が良い。
「中肉650円」ではなく「中550円」
なので入っている肉は気持ち程度。
甘めの味わい、これもよし!
スープも完飲!美味かった。w


四国遠征の始まり。 ヾ(^0^)〃




【お役立ち情報】
・弁天山
・中華そば いのたに 本店






別窓 | 四国 | コメント:0
「武川岳、大持山」
2018-09-14 Fri 22:47
2018.09.09(SUN)

遠征前のトレーニングと靴慣らしの
ために、久々に埼玉の山を歩くことに。

向かったのは武川岳登山口。
下道を通って12時過ぎに到着。

周辺に駐車場がある認識でいたが
駐車場は時間が来たらCloseされる
ようで駐車できず。

ちょうど名栗元気プラザの入口前に
車道脇の草原スペースがあったので
そこに車を停めて車中泊。



(*´0)ゞoO



何度か目が覚めてちょっと寝不足。

7時頃に名栗元気プラザのゲートが
開いたのでトイレを借りるために
第二駐車場へ車を停めて建物の中へ。
快くトイレを貸して頂き、駐車も
快諾して頂けて感謝。
01_DSC_0001.jpg

8時少し前に車を離れて、カーブに
ある林道大栗沢線の入口へ向かう。
02_DSC_0002.jpg

簡易的なチェーンゲートを跨いて出発。
03_DSC_0003.jpg

沢沿いのアスファルトの林道。
緩やかな上り。前日の夕方に雷雨が
あったようで路面がゴミだらけ。
おまけに日当たりが良くないようで
苔で滑りやすい。
05_DSC_0006.jpg

しばらく歩いて標識通りに砂利道の
林道へ進む。
08_DSC_0013.jpg

道なりに進むと十字路が現れるが
マップでは十字路ではなく丁字路。
林道にぶつかったら林道を右に進む
予定だったので十字路は想定外。w
10_DSC_0016.jpg

少し悩んだが、方向修正の標識や
案内が無かったのでそのまま直進。


少し進んで登山口を示す標識を発見。
11_DSC_0018.jpg

登山道脇に伸びている背の高~い杉。
14_DSC_0024.jpg

暫く直進して折り返す様にして斜面
を上がる。
ガスの中に日が差し込む…。
快晴の日では見られないこういう
光景もまた良い。
18_DSC_0032.jpg

尾根に出て暫く進むと名栗元気プラ
ザ側からの登山道と合流。
20_DSC_0040.jpg

薄っすらガス掛かった尾根道。
21_DSC_0042.jpg

軽いアップとフラットが交互に現れ
るのんびりと歩けるコース。
22_DSC_0044.jpg

幅の広い登山道。
ここも薄っすらガスが掛かって僅か
に差し込む日差しが良い感じ。
27_DSC_0058.jpg


横たわる大木
28_DSC_0059.jpg

登山口から1時間40分ほどで武川岳
の頂に到着。標高1,051.7m

ベンチが4つ。
一つに腰を下ろして一息つく。
29_DSC_0062.jpg

ガスが無ければ景色が見下ろせそう
な所もあったがガスで真っ白。
30_DSC_0063.jpg



時刻はまだ9時半。
武川岳だけでは少し物足りなかった
ので、大持山まで足を延ばそう…

とあるサイトのマップでは大持山迄
1時間10分ほどのこと。これを信じ
たのがちょっと甘かった。w

先ずは妻坂峠へ向けて下る。
31_DSC_0064.jpg

差し込む日が良い。
32_DSC_0066.jpg

静かで良い。
34_DSC_0070.jpg

右手側にも尾根が続いていそうだっ
たが、左手の目印に気が付いて左側
へ舵を取る。
踏み跡が薄くて、本当にこっちか?
と思いながら下る。

この下りがなかなか急で、ピストン
での上り返しを考えると萎える程の
斜度。w
35_DSC_0072.jpg

更に急斜面を下る。
気持ち的にはもう限界。w
36_DSC_0073.jpg

時間にして30分弱ほど下って
妻坂峠839mへ到着。

武甲の一の鳥居登山口方面から
おば様方の笑い声。
38_DSC_0078.jpg

石仏は、この峠で命を落とした人を
供養するために1747年に建てられた
そうだ。
39_DSC_0079.jpg

大持山までは約1時間40分…。
Σ( ̄□ ̄;)
41_DSC_0083.jpg

マップでは50分と書いてあったのに…
やけに下るなぁと思ったんだよな。w
まぁ地形をよーく確認しなかった
自分が悪いんだが…。

大持山から戻る迄に駐車場がClose
されないか心配だったが、昼飯の
時間を考慮するとギリだが決行!

ヾ(^0^)〃




上り始めもまたガス。
42_DSC_0086.jpg

上りがきつくて画像がない。w
妻坂峠から5、600mが急な上り。
それを越えると軽いアップと
フラットの繰り返し。



1時間半ほど上って鳥首峠と大持山
への分岐に到着。
丸太に腰を下して一休み。
ここも晴れれば眺望が良いみたい
だがガスガスで真っ白。
47_DSC_0098.jpg

大持山の頂で昼飯にしようと
先に進む。




10分ほどで大持山の頂、標高1294m
に到着。三角点と標識があり、あま
り広くない。おまけに眺望もなし。
腰を下すような感じでもないので
丸太のあった分岐迄戻って昼飯にする。



先ずはお湯を沸かしてコーヒー。
フライパンで野菜とソーセージを炒
めて麺を投入。
ちょっと水を足して麺を解し、焼き
そばソースを混ぜ混ぜして出来上がり。
54555657-mix

気が付けば30分も居たようだ。

( ̄▽ ̄;)


頭上に晴れ間が見えたがスッキリせず。
直ぐに好転する雰囲気でもなかった
ので眺望は諦めて下山。
58_DSC_0113.jpg

妻坂峠手前の下りで木々の間から
見えた武川岳。
60_DSC_0116.jpg

妻坂峠から武川岳に向かう斜面から
見た大持山方面。
この奥が大持山だが見えず。
64_CSC_0124.jpg

武川岳へ上り返している最中に
天気が良くなったようで木漏れ日が
良い。
66_DSC_0126.jpg

武川岳の頂は午前中に見た頂とは
別物。
ベンチに腰を下して一休み。
68_DSC_0129.jpg

見える範囲は広くないが良い眺めだ。
69_DSC_0131.jpg

上りでは気が付かなかった花。
ヤマジノホトトギス
76_CSC_0143.jpg

ここまで下りてくれば駐車場が閉じる
前に着ける。
78_DSC_0149.jpg


林道ゲート前にバイク乗りの
おっちゃんが一人。
世間話をしてから駐車場へ。


約13.3kmの山歩。
takekawa_ohmochi.jpg




【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・名栗元気プラザ





別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
「飯盛山」
2018-09-06 Thu 23:23
2018.08.19(SUN)

甘利山の麓近くで朝飯を食べたあと
韮崎市を横切って北上~。

当初から予定していた飯盛山へ向かう。


Googleで平沢峠駐車場を目的地に
設定すると…

「…営業時間が終了している可能性…」

のメッセージ。

( ̄▽ ̄ )??

展望台の営業時間?店でもあるのか?


取り合えず行ってみよう。
登録のミスかもしれないし。

のんびり車を走らせながら、頭の中
で、往復で2時間位なのでのんびり歩
いて、帰りに八峰の湯で汗を流そう。
あ、(^o^)
お気に入りのハラペーニョの醤油漬
けも買わないと!
など考えて10時少し前に駐車場へ到着。


駐車場の入り口に

『当駐車場は午後5時迄といたします。』

と書かれていたので、時間管理され
ている事は間違いないよいうだ。
Googleは間違っていなかったと。w
前夜に来て車中泊する場合は要注意。
( ̄▽ ̄;)


駐車場は、獅子岩を見に来た観光客
と登山客の車で半分位埋まっている。
と言っても広くて、車間が充分なの
で、停めようと思えばもっと停めら
れるような感じがした。



駐車場の正面に、八ヶ岳がドーン
と見える筈なのだが、生憎早朝より
雲が増えて八ヶ岳は雲の中…。
DSC_0090.jpg

青空の下がベストだけど、寝不足感
があるのは否めず、ピーカンでバテ
バテになるよりはマシかと納得する。w

登山口は通りを挟んで正面。
DSC_0091.jpg

入り口にはマツムシソウやアザミ等
小さい花たちが咲いていて良い癒し
になっている。
DSC_0115.jpg

DSC_0096.jpg

緩やかな傾斜から始まって、上り甲
斐のある斜面と緩やかな上り斜面が
交互に現れるようなリズムが取り易
いルートで、危険個所と思える様な
箇所もなくハイキング気分。
DSC_0097.jpg

天井が抜けると気分も良い。
DSC_0101.jpg

木々の中に入ってもムシムシした
感じも無く心地いい。
DSC_0105.jpg

下から上がってきて初めて現れた
丸太を並べた短い木道を過ぎた頃
から、フラットに近い緩やかな上
りが続く。
DSC_0107.jpg

木々の中をしばらく進んでいくと
正面に通過点としての標識(※1)
が現れて、示された方向は開放的な
明るさが見えている。
DSC_0108.jpg

調査不足だったため「牛の放牧場」
と書かれた札を見てちょっと驚き。w
DSC_0109.jpg

トラバースするかのような登山道を
のんびり進む。

牛を探してみたけど見当たらず。w


進行方向に目指す頂が見えた。
文字通り飯を盛ったかの様な三角山。
DSC_0113.jpg


登山道の両脇に咲く花たち。

アサマフウロ
DSC_0112.jpg

シモツケソウ
DSC_0128.jpg

ヤマハハコ
DSC_0132.jpg


次第に近付いてくる頂。
DSC_0117.jpg

カワラナデシコ
DSC_0135.jpg

ツリガネニンジン
DSC_0153.jpg

ヤマトラノオ
DSC_0150.jpg

スタスタ歩いて。
DSC_0119.jpg


狭い頂上へ到着。標高 1,643m。
DSC_0120.jpg

雲が多くて眺めがイマイチ。w

来た方角を見下ろして歩いてきた
道のりをお浚い。
広場の少し奥から手前の丘への分岐
は見た記憶がある。
中央より少し右側にある頂から下り
ている道筋は … あの斜度を下りた
覚えがない …、あれが平沢山?
分岐に気が付かなかった…。
戻りで見つけよう!w
DSC_0122.jpg

ファミリーも多かったので頂を
早々に撤退♪


気を付けて下ったら分岐があった。
飯盛山側の分岐は、牛避け用のゲ
ートから入るようになっていて、
草むらの中のゲートが分かり辛く
分岐を示す札もない。
登山口側の分岐は前記 ※1の箇所
で標識の裏側にあって踏み跡も薄く
て気付き辛い。w

牛避けのゲートから草むらを越すと
ザレた上りが現れる。
これが飯盛山から見えた道筋で
この日一番の急登かな。w
DSC_0134.jpg

5分弱で平沢山の頂に到着。
標高 1,653m
DSC_0137.jpg

飯盛山の頂がちょこんと。
DSC_0139.jpg

八ヶ岳に掛かっている雲は飯盛山
から見たときより良いが消えていない。
DSC_0145.jpg

辛うじて中央に甲斐駒ヶ岳。
DSC_0147.jpg

暫くだだっ広い頂をうろついてから
登山口方面へ延びる道を下る。
30分ほどで駐車場に到着。



約4.4kmの山歩
meshimori.jpg




汗を流しにいつもの八峰の湯へ向う
ため北上する。
湯から上がってお土産を…、
Σ( ̄□ ̄;)
ハラペーニョの醤油漬けがない!

しょうがないので帰りにたかちゃん
・ふぁーむに寄ったところ、品切れ
で9月中旬に新しい物が出るとのこと。

ついてなかったが…。




ヾ(^0^)〃
近々、夏休みリベンジ決行。w





【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・八ヶ岳・野辺山 南牧村観光協会 > 野辺山高原を楽しむ(飯盛山) > 飯盛山
・八峰の湯
・たかちゃん・ふぁーむ








別窓 | 越後・信州 | コメント:2
| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR