fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「富山」
2015-01-19 Mon 21:28
2015.01.02(FRI)

津森山、人骨山を下りて
富山の無料駐車場へ向かう。

この山は、館山自動車道のSA
「富楽里」から山行をされる方も
いるようだ。
東京方面から来て、SAから
そのままUターンは出来ないが
館山市に行く途中のハイキング
というのもありなのかもしれない。


昼時だというのに
途中にコンビニがなく
持っていた行動食を口にしながら
県道258号線沿いの駐車場へ到着。
069_DSCN7406.jpg

この駐車場から「伏姫籠窟」
という洞穴へ観光される方も
いる様子。

民家脇の道を中学校に向かって
テクテク進むと右手に富山が見える。
071_DSCN7408.jpg

正面に中学校が見えてきて
右に延びる道を進む。

道幅が次第に狭くなり
道路脇に落ちている落ち葉などが
多くなってくる。
074_DSCN7411.jpg

下りてきた数組のハイカー達とすれ違う。

「伏姫籠窟」
075_DSCN7412.jpg

車でここまで来る人がいるようだが
駐車スペースが門の前だけで狭い。
数台停められる程度なので、
折角ここまで来て停められずに
戻るのはイヤだな。w。

門の横にトイレがあり、登山者用に
竹の杖が用意されている。
借りた杖は、ピストンで戻るのであれば
この場所に返却するか、南峰周りで
下山するのであれば、麓の福満寺にも
同じように杖が用意されているので、
そこに返却すればいいようだ。

「伏姫籠窟」へは寄らずに
標識の示す通りに富山の頂を目指す。
page079&080-中

標識に従って林道の終点まで歩き
ここからひたすら上る。w
page082&083-中

危険個所はないが、丸太の階段が
想像より急で何回足を止めただろうか。ww

鐘の鳴る音が聞こえて来て
頂上が近いのが分かる。

水場らしいが、ペットボトルの
お茶が残っているのでスルー。w
085_DSCN7424.jpg

コルに到着。
左に進めば北峰 展望台、
右に進めば南峰 観音峰。
087_DSCN7427.jpg

北峰より杉の巨木と愛の鐘がある。
この山は皇太子御夫婦が登られた事が書かれてます。
その登山後に設置された愛の鐘は、
家族愛、親子の愛、友達との愛、
カップルの愛を確かめるために
設置されたようです。
093_DSCN7434.jpg

人が辺りにいなかったので
カンカン鳴らしてやりました。
勿論、家族愛を確かめるためです。w

少し歩くとベンチと簡易トイレがあるが
北峰を目指してスルー。
104_DSCN7446.jpg

長ーい階段を登っていくと祠。
これが金比羅宮。
095_DSCN7436.jpg

先に進んで頂。北峰標高349m。
ジャングルジムのように見える
「十一州一覧台」という展望台。
096_DSCN7437.jpg

360度の展望で良い眺め♪
房総の先っぽが見える。w
098_DSCN7439.jpg

眺望案板の下部に、
ありがちな昔話だが
大太法師という大きな人が
富山を枕にして寝たために
双耳峰となったという民話が
記されている。

~♪~♪


Σ( ̄▽ ̄;)
夜の宴会開始時間を考えると、
のんびりしていられない事に
気が付き急いで南峰に向かう。

(北峰の三角点を見てこなかった。w)


歴史を感じる石段を上がると
広いスペースの正面に
草臥れた感のある観音堂が現れる。
page106&112-中

観音堂に向かって左手に
観音様がいて踏み跡がある。
先には休憩できる屋根と電波塔(?)がある。
三角点は見つけられなかったが
ここが南峰標高342m のようだ。w
page109&111-中

もしかしたら木が伸びる前は、
見晴らしが良かったのかもしれないが
現時点での眺望は良くない。w

15時を過ぎていたので福満寺を
目指して下山開始。w


南峰からは45分ほどで
福満寺に到着する。
途中、倒木などがあったが
大きな危険個所は無し。
福満寺のトイレ脇に
杖を返す場所もあり。w
120_DSCN7464.jpg

福満寺から駐車場までは車道を歩く。

約6.3kmの山行。w
tomisan.jpg

なんとか宴会に間に合った。w

家では私がいなくなっていたの
騒ぎになっていたらしい。w
ばあちゃん、すまん!(-人-)


【お役立ち情報】
・Wikipedia(富山)
・ハイウェイオアシス富楽里 道の駅 富楽里とみやま


スポンサーサイト



別窓 | 房総 | コメント:2
<<「三条の湯」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「津森山、人骨山」>>
この記事のコメント:
お邪魔しております
こんにちはー。

房州の山でも、このように綺麗に登山道が整備されているのですね。
杖まで用意されているなんて、驚きです。
私が猿を追って房総半島の真ん中を駆けていた大昔は、高速道路すら通ってなかったですから…(T_T)。
さすがに房総西線、房総東線じゃなくて、内房、外房線でしたけど(^_^;)。

おじゃましますた。
2015-01-20 Tue 16:37 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
ヒッキーさん こんばんは
ヒッキーさん こんばんは

コメントありがとうございます

そうですね。
館山道路もそんなに昔からある道路じゃないですよね。
私も昔は館山まで下道を通って行ったものです。
地元ののんびりした車の後ろに付いたら最後、
渋滞になるんですよね。
最近じゃ高速に乗ってしまうので下道が少し懐かしい気もします。

昔は内房、外房じゃなくて、房総西、房総東だったんですか。それはそれは。ww
2015-01-23 Fri 20:51 | URL | らぅめんち #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR