fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「西岳、編笠山(八ヶ岳)」
2015-03-29 Sun 13:04
2015.03.20(FRI)-21(SAT)

八ヶ岳の西岳、編笠山の登山口であれば、
スタッドレス無しでも行けそうで、
しかも天気をチェックしてたら
金曜、土曜が好天ときた。(゚∀゚)!

低山は花粉が酷いので、
有休を取ってでも雪山に行かんと!w

木曜の夜に家を出発して
高速を乗り継いで小淵沢ICで降り
寝酒を買って富士見高原リゾートの
駐車場に到着したのが午前1時頃で
約2時間半のドライブ。


黒ラベルとツマミのメンマで
車内晩酌を早々に済ませて
シートを倒して睡眠。





(*´0)ゞoO


天気は快晴♪

何だかんだと準備に時間が掛かって
車を離れたのが8時ちょっと前。
002_DSCN8038.jpg

主要装備はアイゼン、Wストック、
テント、スコップ、シュラフ、
シュラフカバー、フットウォーマー、
着替え、ヘッデン、GPS、
カメラ、ラジオ、予備電池、
天辺の雪を当てにせず水2L、
コッヘル、ストーブ、食料は
夜x1、朝x1、非常食x2
などなどが110Lザックの中。

流石に雪山テン泊は荷物が重い。w

富士見高原ゴルフコース横にある
林道をを歩いて行くと登山口があり
車止めをスルーして西岳・不動清水
方面へ舵を取る。
007_DSCN8043.jpg

登山口近辺はハイキングコースにも
なっているので危険個所は無く
ゆったり歩ける感じ。
008_DSCN8044.jpg

登山口から30分ほど歩いて
不動清水に到着する。

「不動清水」
018_DSCN8054.jpg

水がじょろじょろ出ていて
柄杓で水をガブリと頂きます。

冷たくて旨いっ! (゚∀゚)

もう少し山頂よりにあれば
わざわざ下から2Lを上げなくても
良くなるのに・・・w
020_DSC_0001.jpg

不動清水の裏手から、高度を
ぐいぐいと上げていくと
登山道上に残雪が凍結して
滑り易い箇所が現れる。
余計な体力と神経を使わないために
早めにアイゼンを装着する。
021_DSCN8056.jpg

ここで駐車場で見掛けた2人に先を譲り
言葉を交わす。

話を聞くと、青年小屋に
テントを張って一泊して
次の日にキレット小屋まで
行くらしい。

青年小屋までは一緒だぁ。
( ̄▽ ̄)


少し先に進むと腐った雪に出迎えられ、
ちょっとトレースから逸れただけで
ズッポシと埋まってしまう。
( ̄▽ ̄;)

さっき抜かれた2人のザックに
ワカンが付いていたのを思い出す。


トレースにワカンの跡・・・。

スノーシューじゃ重いだろうと思って
持ってくるのを止めたが、これじゃ
重いけど持って来た方が良かった・・・

orz

026_DSCN8062.jpg

針葉樹の中に一際目立つダケカンバ。
028_DSCN8065.jpg

青空の下、ただ只管上へ上へ向かう。
031_DSCN8068.jpg

サルオガセ。
032_DSCN8071.jpg

古い葉を垂らし新芽を
突き出したシャクナゲ。
沢山あったのでシーズンになれば
綺麗なんだろう。♪
033_DSC_0002.jpg

文字は殆ど消えているが
西岳の文字がぼんやり。w
035_DSCN8073.jpg

時間が経つに連れて踏み抜きの
数が半端なくなってくる。w
数歩進んで片足が股間まで沈み
抜け出そうとしてもう片足も沈む。
( ̄ー ̄;)
036_DSCN8074.jpg

踏み抜きと格闘していると
オーバーワークから左太股がつる!
あまりの激痛に喘ぐしかない。
脹脛でなくて太股がつるって
今までにないわっ! (ToT)

最悪少し広い所を探して
テント設営という手もあるか・・・。


お腹は減ってなかったが
ただ普通に休んでいてもしようがないので
パンを噛じりながら、足を投げ出して休憩。



しばらく休んで、騙し騙し
歩いてみるかと、荷を背負う。
やっぱ荷が重いのかな。w

踏み抜きに足を取られても
めげず、倒れてもめげず、
時間が掛かっても良い、
一歩、一歩、前進あるのみ。

ズポッ!!

orz



次第に木々の高さが低くなり
右手に綺麗な三角の編笠山が
見えてきた。
040_FSCN8078.jpg

午後からは雲が増えて、
夕方からまた晴れてくるという
天気予報通りの天気で、
西岳では曇天。
045_DSCN8083.jpg

標高 西岳 2,398m
時間は午後3時。
まさかこんなに時間が掛かるとは
思っても見なかった・・・。
ワカンでも持っていればな・・・。
046_DSCN8084.jpg

ここでもテントを張るなら
何処が良いだろうと考えながら
辺りをキョロキョロ。w

甲斐駒方面の雲が一瞬切れたが
また雲の中に消えていく。
048_DSCN8086.jpg

青年小屋までそこそこ距離はあるけど
下りだからなんとかなるでしょ!と
前向きに考え直して重い腰を上げる。w
050_DSCN8088.jpg

この下りも踏み抜くx2。w
何度倒れたことやら。w
051_DSCN8089.jpg

トレースを頼りに、半分ぐらい
下ったところでトレースが途切れる。
おまけに深く沈む。w
( ̄▽ ̄;)

こういう時は冷静に来た道を戻る。
鉄則ね。w
戻りながら見つけたトレースも
また途切れている。
ピンクのリボンまで戻ってきて
次のリボンを探すが見つからない。

待てよぉ・・・

新たに別のトレースを見つけて
先を見てみるとピンクのリボンを発見!
054_DSCN8092.jpg

( ̄▽ ̄;)
焦ったわぁ・・・
木々が密集していて
斜度が中途半端にあるし、
ここじゃぁテントも張れないし!w

気を取り直して、
踏み抜きながら進んで行くと
陽が傾いて来て
斜面が黄金色に輝き出す。
056_DSCN8094.jpg

けど余裕をぶっこいている
場合ではなかった。
日没を調べたら残り1時間・・・。

全然進めない・・・。

もしもの時のためにヘッデンを
ザックから出しておく。
近い筈なのになかなか小屋が現れない。

最悪たどり着けなくても
テントを張れる場所さえ
確保できれば・・・



小屋だ。

(゚∀゚)!

小屋の脇にグリーンのテントが一張り。
きっと朝の二人だろう。

夕焼けが綺麗で見ていたいけど
見惚れている余裕がない。w
057_DSCN8095.jpg

暗くなると一気に気温が
下がるだろうから、
その前に作業を済ませたい!
小屋の周りを歩いて
ベストな場所を探す。


「遠い飲み屋」の提灯を垂らす
小屋はまだ雪の中。
059_DSCN8097.jpg

小屋で風も防げそうだから
小屋を挟んでグリーンのテントと
反対の位置に張っちゃおう!w

そうと決まれば、作業開始!

急いでスコップを使って場所を確保。
テントに荷物を入れて中に入り込む。
急いだので画像がない。w

page060&061&062&063-中

スープパスタで身体を温めて
分厚い牛肉に塩、胡椒を
馴染ませてじゅ~じゅ~。
付け合せはポテト。
赤ワインはホットにせず
そのままグィグィといく。w

身体に御褒美を与えているようだ。

( ̄▽ ̄)



時間があれば権現岳まで
行けたら良いなぁ・・・と
考えていたが、踏み抜きを
考えると無理か。w
朝のうちは良いかもしれないが
編笠山に向かう頃には雪が腐って
酷いことになっているに違いない。
編笠山も早めに下ってしまわないと
また踏み抜きに苦労させられる・・・

明朝は編笠山に上がって一気に
登山口まで戻ろうと決めて寝床の準備。
page065&066-中

テント内の気温は夜の8時頃で4℃くらいで
深夜2時頃に目を覚ました時は1℃ほど。

朝まで風はほとんどなく、
静かに寝られた・・・。

朝になるとフライシートの内側には
パリパリの薄氷が張り付いていたが、
テント内は、結露防止のために
軽く拭いたりしていたので、
霜は僅かだった。


いつものようにラジオを聞きながら・・・

(-_-)zzz





(*´0)ゞoO


外はすっかり明るくなっていたので、
焦らず朝飯の準備をする。
朝飯として赤飯(α米)と
蟹スープをお腹に収めて
テントの外に出る。
ヾ(^0^)〃

快晴!!
073_DSCN8114.jpg


編笠山も綺麗だ。
070_DSCN8110.jpg

まだ冷えているから
踏み抜きもないので
誰もいないテン場を
フラフラ散歩。w

テントを片して、小屋の
正面側から回って…
079_DSCN8122.jpg

編笠山へ向かう。
080_DSCN8123.jpg


振返れば小屋。けっこう大きい。
「遠い飲み屋」が営業している
時期に来てみたいな。w
081_DSCN8124.jpg

岩塊の間を縫いながら
ほぼ直登するように高度を
上げていく。
082_DSCN8125.jpg

高度を上げるに連れ、背中側に
見えてくる山が増えてくる。w
中央にギボシ、その右が権現岳
更に右が奥三ツ頭。
086_DSC_0004.jpg


直登を続けて低い樹林帯を
出たり入ったりする。
踏み抜きが少なかったので
疲労が貯まらない。w
088_DSCN8131.jpg

次第に斜度が緩やかになり
だだっ広い頂に到着する。
編笠山 標高2,524m
096_DSC_0012.jpg

三角点は二等。
097_DSC_0013.jpg

さっきから見えているギボシの
左側に赤岳、その左が横岳、
分りづらいが横岳の手前に中岳、
一番左が今年は事故が多かった
阿弥陀岳が見えてくる。
090_DSC_0005.jpg

甲斐駒方面は雲の中。
100_DSC_0019.jpg

広い頂きには誰もいなかったので
フラフラ散策してみたが、置き去りの
ゴミが多いことに気が付く。
ワンカップのコップ、食料の袋、
コンビニの袋・・・。
思わず「マジかよ」と声が出てしまった。
ボランティアテ的にゴミを持ち帰りたかったが
自分の荷物で一杯一杯。

折角良い眺めだったのに
ゴミにはがっかりだなぁ…。



下りるかぁ。

東側は雲の中。
106_DSCN8138.jpg

下り初めはカリカリの雪。
下の方に行くに連れて岩塊が現れる。
岩に書かれた矢印に従い下る、下る。
110_DSCN8142.jpg

樹林帯の中は踏み抜かなかったが、
次第にそれらしくなってくる。
111_DSCN8143.jpg

樹林帯を下っている最中に
アイゼンのジョイントが折れ
片足アイゼンで下る。
( ̄▽ ̄;)
112_DSCN8144.jpg

途中に「編笠山頂まで○時間XX分」
と記された標識が多々あったが
時間には疑問を感じた。
どれだけの健脚なら可能なのか?w



斜度がなくなって雪面ハイク。
116_DSCN8147.jpg

登山口に近づくに連れて
雪がなくなり車が増えている
駐車場に到着する。
nishidake+amigasa.jpg

約7.1+5.6kmの山行。


駐車場で軽く着替えて
登山口から車で下った所にある
八峯苑鹿の湯で汗を流す。
大人600円、子供400円。
124_DSCN8155.jpg


踏み抜きはしんどかったが
青空の下、テン泊ができて良かった。

(^0^)


【お役立ち情報】
・Wikipedia(編笠山)
・てんきとくらす(編笠山)
・富士見高原スキー場
・facebook 鉢巻道路 道路状況
・八峯苑鹿の湯



スポンサーサイト



別窓 | 八ヶ岳 | コメント:8
<<「エキスパートオブジャパン アイゼンジョイントプレート交換」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「四阿屋山」>>
この記事のコメント:
おつかれさん
110Lのザックなの!?
何でも入っちゃうね!!
ワカンは浮力はイマイチだけど、軽くて便利たよ〜♪
そのザックなら5セットくらい入るかも(笑)
2015-03-29 Sun 22:25 | URL | えいじ #BxYCzxlY[ 内容変更]
Re: おつかれさん
えいじさん、ちわ。

110Lのザックだよ。w
荷物の多い冬で泊まりの時しか使わないんだけどね。

ワカンの方が確実に軽いよね。
持ってるの?
改造してる?
2015-03-30 Mon 14:37 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
お邪魔しております
こんにちはー。

雪解け水、
冷たくて、キーンとしそうで、おいしそうですね~。
雪の白と、空の青のコントラストが綺麗ですね(^_-)-☆

おじゃましますた。
2015-03-30 Mon 15:59 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
Re: お邪魔しております
ヒッキーさん こんにちは。

> 雪解け水、

もう少し場所がテント場に近ければ良いのになぁと愚痴が出てしまいます。w

雪のある時期はこの青と白が最高です。
たまに墨絵のようなグレーの時もありますが、
それもまたそれ。

何より、雪山泊はテン場が混まなくて好きですわ。w
2015-03-30 Mon 21:09 | URL | らぅめんち2 #-[ 内容変更]
改造?
してませーん。
して(笑)
2015-03-30 Mon 21:32 | URL | えいじ #BxYCzxlY[ 内容変更]
えいじさん

じゃぁ私がワカンを手に入れたら。w
2015-03-31 Tue 20:55 | URL | らぅめんち #5GQd6s0Y[ 内容変更]
気合が入っていますね!
らぅめんちさん、こんばんわ

大変、ご無沙汰しております。m(_ _)m
やっと、7ヶ月間におよぶ福島出張から戻ってきました。
不在の間、度々ブログを見に来て頂き、ありがとうございます。

久々にブログを拝見しましたが、相変わらず気合の入った登山をされていますね。ヽ(・∀・)

今回は西岳と編笠山ですか!
素晴らしい山々は憧れです。

夕焼けの編笠山が、とても綺麗です。(*´∀`*)
深夜の気温は1℃、風が無かったようなので良かったですね。

翌日、晴天の編笠山も素晴らしいです。
僕も登ってみたいです。

いゃ~しかし年明けからは全然山へ行っていないので、だいぶ腑抜けてしまいましたぁ。。。(゚´Д`゚)

明日から年度が変わるので、新たな気持ちで頑張ります。!
2015-03-31 Tue 21:53 | URL | オニオン/ #-[ 内容変更]
お久しぶりです
オニオン/さん こんばんは

ご無沙汰してます。元気でしたか?
やっと福島から戻られたんですね!
待ってましたよー。
不在の間、ちょくちょくブログを覗いていたのですが更新されてなかったので、まだ福島なんだろうな・・・と思ってました。

去年くらいまで雪山にテントは・・・と考えていたのですが、最近は何かの呪縛から解かれたかのように雪山テントを狙ってます。
たぶん谷川岳での雪洞がトリガのような気がします。w
けどもう雪のシーズンも終わりなんですよね。。。。

編笠山は天気が良くてよかったです。
荷物が重くて、おまけに踏み抜きが多くて心が折れそうでしたが。(笑)

>年明けからは全然山へ行っていないので

分かります、その気持ち。
間が空いちゃうと心配になりますよね。
けど無理せず暖かいところからゆっくりで良いんじゃないですかね。
確か今年はアルプスを目標に掲げていらっしゃいましたよね。
徐々に体力を上げていって夏にアルプス!!ですかね。

道具に磨きを掛けて新年度また頑張っちゃいましょ!

2015-04-01 Wed 22:16 | URL | らぅめんち #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR