fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「赤城山(駒ヶ岳~黒檜山)」
2012-04-30 Mon 12:33
2012年1月。

今年のワカサギ釣りは放射性物質の関係で開催されず、寂しい雰囲気。

前日の夜に『駒ヶ岳登山口駐車場』へ向かう。

最近、山へ向かうまでに良く動物に出会うのだが
その日は、イノシシだった。(笑)

凍結を心配しながら山道を進んでいると、山側からラグビーボールのようなものがコロコロコロ・・・
と思ったら、そのサイズのイノシシ。(笑)

ゆっくり走っていたが、ヤツにしてみたら
道に出たら、いきなり光(車のライト)に追い回された気分なんだろう。
あまりにも動きがコミカルで、このままというのもなんなので・・・・

クラクションを。(笑)

余計焦って、逃げる、逃げる。
と、少し走ったところで道路外へ。(笑)

面白かったぁ。( ̄▽ ̄)

駐車場には車が一台もいない。

登山口はどうなっているのか車で近くまで行ってみる。

トレースがしっかりとあって、持って来たスノーシューは車に置いていく事になりそうだなぁ、と。

駐車場に戻ってライトを消す。

暗くて何も見えなかったが、月明かりのお蔭で暗いながらも徐々に視界が開けてくる。

風は強め、月明かりに照らされている雲の流れが速い。

さっさと寝てしまおうと寝袋の中に入り込んで、
焼酎の酒をグィッと飲んでウトウト・・・


(/0 ̄) oO


さぁ、朝。

今日はアイゼンを装着。

DSCN1335.jpg

駐車場には未だ誰もいない。
というか誰か来るのか?
けど駐車場は除雪されているし・・・。

まぁ、取り合えず登山口まで・・・。

車道は完璧なアイスバーンになっていてツルツルです。(笑)
日が登れば溶けるんだろうなぁ~なんて思いながら、
アイゼン装着で滑ることのない歩行を楽しむ。

DSCN1337.jpg

トレースがしっかりと付いて迷う事はないが、GARMINの電源を入れて位置をキャッチ。

急な鉄の階段が2箇所くらいあったかな。
どちらの階段も雪で埋もれて段が無い。おまけに急なので滑る。
危ないので階段の横を登って先を進む。

ジグザグに駒ヶ岳の頂上を目指し、ジグザグの端点に来る度に振り返ると、
完全凍結した大沼の見晴らしが段々と良くなってくる。

広いところに出たので、早くも駒ヶ岳に着いたのかと思ったら未だ。(笑)
標識には『駒ヶ岳 0.4m』と刻まれていて山頂へ続くトレースを追う。

DSCN1356.jpg

兎に角、雲の流れが速い。

枝の雪化粧。

DSCN1361.jpg

尾根を通っていくような感じで駒ヶ岳の山頂へと続いている。

DSCN1370.jpg

もう少し足を前に踏み出すと、抜け落ちるような箇所も多々。

DSCN1378.jpg

駒ヶ岳(1685m)の標識に辿り着く。

DSCN1385.jpg

大沼側は雲で見えないので、反対斜面を見下ろす。

DSCN1386.jpg

時々覗かせる青空が綺麗。

DSCN1401.jpg

雪化粧と青空。

DSCN1410.jpg

天気が崩れたら困るので、先の黒檜山頂を目指す。

風の音と、コツ、コツ、・・・・コツ、・・・・という音。

ん?

黙って耳をすますと、どうやら木が音を出してる様だ。
木の皮が剥け掛けた白樺が、コツ・・・コツと。

周りを見回すと、そんな白樺が数本、あっちもこっちにも。

生きている様に思える。


あれれ・・・

先に見える筈の黒檜山山頂が真っ白で見えない・・・。(; ̄O ̄)

DSCN1415.jpg

ここら辺で初めて黒檜側からの人とすれ違い、
黒檜側の様子を聞くと、風は強いとのこと・・・・。( ̄ー ̄;)

黒檜山山頂への道はかなり急な斜面となっていて、
アイゼンでも喰い付きが悪い箇所が多々。

DSCN1417.jpg

登りきったところに標識があり、
もう少し進んだ所に黒檜山の山の神が祀られた『黒檜山大神』がある。

DSCN1421.jpg

風は何とか治まっているいるようだが、雲が近いようで真っ白。(笑)

ちなみに黒檜山山頂はこの鳥居がある場所ではなく、もう少し先となる。

DSCN1443.jpg

黒檜山(1828m)。

雲に覆われたり、日が差してきたりしてなんとも不安定。

じ~っと黙って突っ立っていると、グラグラと足元が揺れているのを感じる。

地震だ・・・・Σ( ̄ー ̄;)

周りにいた人は感じてないようで、家に帰ってから調べたら
茨城県南部震源で震度3でした。

この前登った三つ峠山で地震にあってちょっと怖い思いをして
また続けて山で地震に合うなんて何かの前兆か・・・・。

少し引き返して黒檜山から大沼に向けて下ります。

これが急な道だこと。
こっちから登るとかなりハードなんですね。(笑)

頂上では雲が多かったが、青空が見えてきて、
完全凍結した大沼が木々の間から見えてくる。

DSCN1456.jpg

猫岩と呼ばれる急な尾根を下り、黒檜山登山口に到着。

あとは車道を通り、赤城神社に寄ってお参りをして駐車場へ到着。

帰りの車から見えた黒檜山(左)と駒ヶ岳(右)。

DSCN1480.jpg

帰りに日本酒『赤城姫』を手に入れて帰宅。

RSCN1483.jpg

-完-

クリックで拡大!
akagi.jpg

【お役立ち情報】
・赤城山ライブカメラ
・“群馬県前橋市富士見町赤城山”の天気(weathernews Pinpoint天気検索より)
・赤城山 tenki.jp
・Wikipedia
・気象庁

スポンサーサイト



別窓 | 北関東 | コメント:0
<<「浅間山」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「草津白根山」>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR