fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「烏場山」
2016-01-11 Mon 13:28
2016.01.02(SAT)

2015年は登り納めは、
仕事が忙しくて行けず。

正月の休みに突入して
年始の登り始めは、千葉かな …
と千葉の山を調べる。

[PC]_ヾ(・_・ ) カタカタ…

烏場山、標高 266.6m、
新日本百名山?
なんじゃそりゃ。
そんなに低くて百名山って。
しかも「新」って何よ。
どんなコンセプトで
チョイスされているの?

中高年が登り易い山という点を
加味して選定した百山…。
だから低山も含まれる、と。

新日本百名山の中でも
一番低いってのが良い。w



船祝いに出かけた家族に
行き先を連絡して、いざ出発!w

館山市内を通過して国道128号線を
鴨川方面へのんびりドライブ。

途中でコンビニに立ち寄って
パンとお茶を購入。

内房線 和田浦駅方面へ車を転がし、
途中から脇に入って登山口へ。
000_DSCN0070.jpg

登山口に着いたのは10時過ぎ。

登山口正面にトイレが有り
車は詰めれば6台くらいなら
なんとか脇に停められそうだが
まだ2日だっていうのに車は
既に3台停まっていた。

夕方から始まる宴に
遅刻はできないので、
日帰りスタイルの準備を
さっさと始める。w
002_DSCN0072.jpg

登山道は、地元の「和田浦歩こう会」
の整備が行き届いているようで、
危険個所は無く、標識もしっかり
していて道迷いの心配も無さそう。

「和田浦歩こう会」に感謝!

この時期に山中に咲く花は少なく、
登山道で人目を引くのは
真っ赤なアオキの実くらいだ。
025_DSCN0091.jpg

和田浦側から烏場山へのアクセスは
花嫁街道と花婿コースの二つ。

北側にも登山道があるが、
車に戻ってこないと駄目なので
縦走はせず、花嫁街道から
烏場山へ行き、花婿コースで
戻る予定。



花嫁が通ったと言われる花嫁街道。
登山口近くはちょっとだけ急な
印象を受けたが、手を使わなければ
登れないような急登はない。
008_DSCN0078.jpg

枯葉の様な蝶々が
枯葉色の山中を
ヒラリヒラリと舞う。

クロコマノチョウ
009_DSCN0079.jpg

見た目は地味だが、
蛾ではなく蝶々。w

枯葉のようで動かなかったら
気が付かずにスルーしてしまうこと
間違いない。

蝶々が好きでも茶色い蝶々は
微妙だなぁ・・・


第一展望台の標識が出てきたので
へ~どれどれ、と登山道から
入り込んだ広場を覘くと
眺望無しでガッカリ。w
013_DSCN0085.jpg

広場の周りは木々が生えていて
何故この場所を「展望台」と
名付けたか不思議で堪らない。w

10分ほど歩くと第二展望台への
標識が現れる。
016_DSCN0088.jpg

長いイスが二つ並ぶ展望台。
018_DSC_0002.jpg

陽でキラキラと輝く海が見える。
019_DSC_0003.jpg

第二展望台から10分ほどで
「経文石」に到着。
021_DSC_0006.jpg

特に感動もせず、次の通過点の
「じがい水」に向けて歩く。w


途中、谷の向こう側に
烏場山へ通じる尾根が見えた。

第一展望台からここまで同様に
尾根に急登は無く、緩やかな
アップダウンが続いているようで
のんびりハイク続行~♪
024_DSC_0009.jpg

この時季は陽が高く昇らないので
斜め方向から差し込む光線が
柔らかで癒される。
026_DSC_0010.jpg

二つの長イスが置かれた
「じがい水」に到着したが
眺望が無しだったので先を急ぐ。
027_DSC_0011.jpg



烏場山への分岐をスルーして
少し進むと「駒返し」に到着するが
特に何も無いのでまたまたスルー。w
030_DSC_0016.jpg


開放感のある「見晴台」へ到着。
こんな山の中だというのに
トイレまである。
陽当りの良い場所にシートを
敷いて昼寝している若者あり!w
031_DSC_0017.jpg

更に足を進めて第三展望台。
034_DSC_0021.jpg

千葉県最高峰愛宕山の上にある
航空自衛隊峯岡山分屯基地の
レーダードームが見える。


先に進んで烏場山への階段。
035_DSC_0022.jpg

サクッと階段を上がって、
烏場山 標高266mに到着。
037_DSC_0024_20160111131535aaf.jpg

038_DSC_0025.jpg

「男女年齢を問わず縁結び承ります おふく」
とある。
040_DSC_0027.jpg

賽銭?賽銭入れにしては入り口が大きい?
まさか連絡先を入れるとか?ww
041_DSC_0028.jpg

長イスに腰を下してパンを
食べていると、見晴台で
挨拶を交わした親子が上がってきて
記念撮影を頼まれる。

良い親子関係だなぁ~。


尻に根が生えてしまう前に
腰を上げて旧烏場展望台を目指す。
042_DSC_0029.jpg

044_DSC_0031.jpg


旧烏場展望台 236m に到着。
045_DSC_0032.jpg

木々の間から烏場山がチラリ。w
046_DSC_0033.jpg

さぁ下ろう、下ろう。
049_DSC_0036.jpg


花園金比羅山 121.0m
を通過して一気に下る。
053_DSC_0041.jpg

往路も復路も登山口近くは
ちょっと急登な感じ。w

花婿コース入り口へ到着。
057_DSC_0045.jpg

階段を下ったところに
黒滝があるが、水の流れが小さく・・・・

スルー。w


花園林道に出て車を停めた登山口へ。

約8.0km、休憩含んで約3時間の山行。
karasuba.jpg

日帰り温泉はハズレだった・・・。

夜の宴のためにウコンの力を飲んで帰宅。
二日の夜は親戚が集まりドンチャン。w




【お役立ち情報】
・Wikipedia(烏場山)
・南房総 花嫁街道ハイキングコース
・Wikipedia(新日本百名山)
・花嫁街道 南房総の海辺集落と山間集落を結ぶ古道・花嫁街道
・不老薬師温泉 安房自然村




スポンサーサイト



別窓 | 房総 | コメント:4
<<「掃部ヶ岳、榛名富士」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「立岩」>>
この記事のコメント:
こんにちはー(^O^)/
千葉県は、全都道府県の中で一番、背が低いですからねー!
最高地点でも500m以下、沖縄県ですら500m以上あるというのに…(´;ω;`)

そして、さすが房総の山。
冬でも冬山って雰囲気は、全くないですね(^_^;)。

落ち葉のような蝶々、面白いですね(^O^)/。
2016-01-12 Tue 16:50 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
ヒッキーさん こんばんは
のんびりハイクはなかなか良かったですよ。w
けどここは冬山じゃないですね。ww

新年一発目の記録ということで楽に。w

今年も宜しくお願いします<(_ _)>
2016-01-14 Thu 21:01 | URL | らぅめんち #5GQd6s0Y[ 内容変更]
千葉も気合を入れていますね
らぅめんちさん、こんばんわ

2日に山登りへ行かれたんですねぇ~
早くも初登山をされていたとは流石です。(^-^)

「新日本百名山」聞いた事はありましたが見たのは初めてです。
千葉県の山もちゃんと整備されていて、ナカナカ気合を入れていますね。

「第一展望台」たまぁ~に展望が無いのに
展望台って書いてある場所ありますよねぇ~(;^ω^)

しかし、その他の展望が開けた場所からの景色は良いものですね。
海が望めるのも千葉県の山の良い所だと思います。

「クロコマノチョウ」は始めて見ました。
本当に葉っぱに見える蝶々ですね。(゜o゜)

既に、もうひと山に登られているようなので
今年も幸先が良さそうですね。(^o^)/
2016-01-17 Sun 22:29 | URL | オニオン/ #-[ 内容変更]
オニオン/さん こんにちは
オニオン/さん こんにちは

>千葉県の山もちゃんと整備されていて、ナカナカ気合を入れていますね。

そうなんですよ。
整備されていて、有志だけの整備ではここ迄いかないだろうなと。

「第一展望台」以外は眺めが良かったですが、到着するまでは「また・・・」という疑いは引きずりますね。w

正月と盆は千葉の山に登ることが多いのですが、登る山が少なくなってきました。w
開拓せねば・・・w

オニオン/さんのレポも楽しみにしてますよ。
2016-01-18 Mon 16:21 | URL | らぅめんち #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR