fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「十勝岳」
2016-07-27 Wed 21:52
2016.07.17(SUN)

苫小牧港から下道を通って
道東自動車道の追分町ICから入って
占冠ICで出て、富良野を経由して
望岳台登山口へ向かう。
000_DSCN0922.jpg

夜の12時、寝酒も買わずに到着。w
駐車場の6割程が埋まっている感じ。
車を停めてシートを倒してぐぅ~。

(-_-)zzz



フェリーの中で、飲んで+寝てを
繰り返していて、睡眠は充分に
取れていたようで、朝の4時に
目を覚ます。

(*´0)ゞoO


ちょっと早いな。w
天気予報では早朝から晴れるが
朝の10時頃には雲が出てくることに
なっていたので、早々に用意をして
5時には車を離れる。

↓クリックで拡大
003_004_DSC_0001_stitch.jpg


さすがに5時だとそこそこ明るいので
車中泊した方々が出てきて準備を
始めている。

駐車場奥の登山口から出発。
ぱふぉぱふぉー♪
010_DSCN0929.jpg

十勝岳温泉登山口と同じく
歩き初めは幅広な登山道で
ハイキング気分。w


「エゾノマルバシモツケ」
008_DSCN0928.jpg

穏やかだった登山道も次第に
ガレ場が出てきて、徐々に高度を
上げていく感じで歩を進める。
014_DSCN0934.jpg

登山口から50分ほどで
十勝岳避難小屋に到着する。
018_DSCN0938.jpg

小屋の中を覘いてみると
床が剥き出しの地面で
ヘルメットが等間隔にぶら下がり、
汚れないように袋に詰められた
毛布が積まれ、整理の行き届いた
避難小屋だった。
020_DSCN0940.jpg


行けない前十勝か。
024_DSC_0010.jpg

小屋を過ぎてからも
ガレの斜面が続く。
027_DSCN0944.jpg

右手には去年上った富良野岳が
見えている。
028_DSC_0011.jpg

朝日が眩しい。
このあと贅沢な悩みになるとは…w
029_DSCN0945.jpg


「ミヤマキンバイ」
030_DSCN0947.jpg

「イワブクロ(タルマエソウ)」
032_DSCN0951.jpg

さっきより噴煙が近くなったなぁ。
033_DSC_0012.jpg

一部雪渓が残っている。
035_DSC_0014.jpg

噴火跡が荒々しい十勝岳が
姿を現す。
040_DSC_0019.jpg

ツンと尖って見える美瑛岳。
043_DSC_0022.jpg

1時間ほど掛けて斜面を登りきると
大きな火口跡、スリバチ火口の横に出る。
048_DSCN0952.jpg

左に美瑛岳、右に十勝岳の大パノラマ。
↓クリックで拡大
044_045_046_047_DSC_0025_stitch.jpg


アップダウンのない緩やかな斜面に
ペンで描かれたカーブの様に登山道
が続く。
地球以外の星にいるようだ…。
ただただ北海道の山の大きさを感じる。


その登山道の先に
急な斜面を持つ十勝岳が
待ち構えている。
049_DSC_0027.jpg

最後の急登。
051_DSC_0028.jpg

十勝岳 標高 2077m
058_DSCN0958.jpg

富良野岳にガスが掛かり始めている。
054_DSC_0030.jpg

三連休だからか
まぁー人が多い。w

取り合えずパンをかじって休憩。
どんどんと人が増えてきて
ガスも掛かってきそうだったので
下山開始!!


ペンで描かれたカーブの様な登山道。
062_DSC_0032.jpg

065_DSC_0035.jpg

時々ゴーッと音を立てながら
噴気を上げている。
↓クリックで拡大
066_067_068_DSC_0038_stitch.jpg


天気予報通り10時頃には
雲が掛かってきた。
雨に降られる前に下りる!
077_DSCN0967.jpg


約11.2kmの山行。
標高差は以下の標高を参考。
 望岳台登山口:930m
 十勝岳温泉登山口:1280m

tokachi.jpg


風呂は十勝岳温泉登山口にある
湯元 凌雲閣 にお邪魔する。

望岳台登山口が混んでいたのだから
十勝岳温泉登山口も混んでいて当然
なのに、何も考えずに足を運んでしまった。w

登山口駐車場は勿論、道路脇にも
車がズラリ。w
凌雲閣の駐車場も車が一杯で
浅はかだったなぁ…と後悔しながら
山を下ろうとしたとき、道路脇に
1台の空きスペースを発見!

らっき~♪w
081_RSCN0973.jpg

赤茶で鉄分が香るお湯。
洗い場があり、シャンプーと
ボディシャンプーも用意されている。
露天風呂は、内湯と同じ赤茶色で
ちょっと温めかな。
けど、のんびり入るには丁度良いかも。




富良野市に、今どき珍しい無料の
キャンプ場があるので、そこへ
食糧を買い込んで向かう。
ちゃんとルールが守られているから
無料が成り立っているんでしょうね。
こういう場所は大切にしたいものだ。
page091&094

一人ジンギスカンの始り、始り~♪

085086087088-mix


喰ったー。(^0^)


小雨が降って来たので、早々に
食べ終えて次へ向かおうとしたが
トムラウシの天気予報が雨天。

(T0T)

計画順を入れ替えて次へ向かう。


次の山へ向かっている途中、
雨の中で濡れる「トムラウシ温泉」
の看板を見るのがとても悲しかった。






【お役立ち情報】
・tenkijp
・てんきとくらす
・十勝岳連峰登山案内
・上富良野Navi-十勝岳【登山口について】
・十勝岳温泉 湯元 凌雲閣 (8:00-20:00、大人\800)
・カミホロ荘 (7:00-20:00、大人\600)
・山部自然公園太陽の里キャンプ場
 住所:富良野市山部町西19線
 電話:0167-39-2312 (富良野市観光商工課)
 利用料金:無料

スポンサーサイト



別窓 | 北海道 | コメント:4
<<「雌阿寒岳」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「高尾山」>>
この記事のコメント:
こんにちはー(^O^)/
北海道の山へ行ってこられたのですね!
あちこちに雪が残っていて、さすが北の山って感じです。
そして仰るとおり、本当に地球以外の惑星の景色のようです。
音をたてて上がる噴気、これは近くで見てみたい!
迫力なんでしょうね(^_^)v
2016-07-28 Thu 15:09 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
http://sapporopotato.blog.jp/
えー? 来てたの?連絡欲しかった・・・・。
2016-07-28 Thu 21:30 | URL | えいじ #BxYCzxlY[ 内容変更]
ヒッキーさん こんばんは
ちょっと北海道に行ってました。w
去年登れなかった山を登りに北海道の東側をぐるっと。w
いられる期間が短く、天気に左右されるのも残念。

北海道の山の上は標高の割りに結構まだ寒いです。
本州のアルプスと同じくらいですかね。

噴気の音は遠いから良いんですよ。w
近いと結構どきどきしますよ。w
こっちだとアルプスの焼岳の噴気はほとんど目の前で見られますよ。
危ないのであまり近くで見ている人はいないですが
積雪期の誰もいないときに目の前で噴いている見ていたことがあります。かなりどきどきです。ww
2016-07-29 Fri 21:34 | URL | らぅめんち #5GQd6s0Y[ 内容変更]
えいじさん こんばんは
メッセージ飛ばしたのですが、切断されたり、
配信済みになったのに返信が無かったので
こちらとしては、どうすることも…
何か変えたんですかね?
ショウとは連絡が取れましたけどね。
2016-07-29 Fri 21:37 | URL | らぅめんち #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR