fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「破魔射場丸」
2016-11-20 Sun 23:31
2016.11.12-13

最後にテン泊をしたのは今年の
2月に歩いた笠取山だった。

牛奥ノ雁ヶ腹摺山(以下「牛奥ノ…」)
まで歩いた際に、この辺でテン泊が
できたら最高だろうと考えていた。
雪が降る前に決行!w

地形図を見たところ、あの周辺は
似たような地形だったので、まだ
歩いていない破魔射場丸周辺の状況
を確認してテン泊を予定する♪


テン泊目的だったので、当日の昼
過ぎに湯ノ沢峠に到着するように
家を出発する。

圏央道から中央道に乗り継いで
時間に余裕があったので、勝沼IC
手前の大月ICで下りて国道20号線
を西へ進んで20号線からは牛奥ノ…
で走った通り。

牛奥ノ…へ来たのは1ヶ月ほど前。
紅葉が進んでまぁ綺麗だこと。w

林道の終端、駐車スペースに二つ程
空きがあって、泊りなのでどちらに
停めようかと考えていたら一台の車
がやってきて、若者数人が下りてくる。

この時間から登るなんてまさか私と
同じテン泊隊?なんて思っていたら
各々停まっていた車に乗り込んで
下山して行った…。

ほ~。( ̄o ̄ )

到着口に1台停めておいて、出発口に
停めた車を皆で回収しに来たのか…。

三台ほど居なくなったので隅の停め
易い場所に車を停めて出発。
000_DSCN1943.jpg

準備を始めたときは青空だったのに
西側から雲が流れてくる…。

駐車スペース近くにある小屋は
避難小屋だそうだ。
先日の山行で小屋があったのを思い
出してWebで色々情報収集していた
ら5、6人が泊まれるようなことが
書かれていた。

小屋を横目に先にある峠へ向かう。
002_DSCN1945.jpg

この日の目的地は、分岐右(南)の
大倉高丸、破魔射場丸。

峠の「小金沢山自然保護地区」と
いう看板に、稜線一帯は自然保存地
区となっていて、地区内における自
然破壊活動を禁止する旨が記されている。

テン泊レベルでは何かやらかさない
限り、自然破壊活動ではないという
認識…w


峠から5分も歩かない所に動物避け
のゲートがある。
この先にもいくつかのゲートがあり、
植物保護にかなり力が入れられて
いる様で、登山道の両脇にロープが
張られて、如何なる人であっても越
えてはいけないと注意書きまである。
004_DSCN1947-ex.jpg

峠から10分ほどで「湯ノ沢峠の
お花畑」にたどり着く。
この時季は一輪も咲いていなかった
が、WEBによるとシーズンであれば
色々な花が楽しめるらしい。
009_DSC_0001.jpg

山から離れた麓は晴れ間がさして
いる様子だが、山の上は風が感じら
れない程でゆっくりと雲が流れている。
012_CSC_0004.jpg

いつの間にか目の前に現れた山が
大蔵高丸で、この日の山行で一番の
アップダウン。w
015_FSCN1959.jpg

トレイルに沿って上がり切ると
山梨百名山 大蔵高丸 1781m。
020_DSC_0007.jpg

雲があって富士山は見えないが
広く見渡せて気分の良いところだ。
次の日の眺望を期待して破魔射場丸
へ向かう。

025_CSC_0010.jpg

ゲートを越え大蔵高丸から30分ほど
で破魔射場丸に到着する。
到着したときは雲の中で薄暗かった
が、突然西日に照らされて頂が明るくなる。
破魔射場丸 1752m
032_DSCN1974.jpg

「破魔射場丸」この山名を目にして
思ったのは「牛奥ノ雁ガ腹摺山」と
同じく、何て読む?だった。
破・魔・射・場・丸…文字自体を
見て感じた重そうなイメージに更に
興味が増した。
034_DSCN1976.jpg

「破魔」は破魔矢のそれと解釈する
説や、当て字と解釈する説がある
ようだが、私には「魔を破る」、
「射る場」という妄想が頭を占有した。

日本では、山には神が宿ると考えら
れている事が多いが、スーパーミス
テリーマガジン「ムー」特派員だっ
た私には、山には神が棲んでいるか
もしれないが、それ以上に多くの魔
物が棲んでいると思えて仕方がない…
山に住む魔物を射て破った頂…。
033_DSCN1975.jpg

がしかし、「マル」の語源が朝鮮語
の峰を意味するマルという説があり
7世紀の後半に百済人が武蔵や甲斐
に移り住んだ記録が日本書紀などに
あるらしく、北海道の山名がアイヌ
語から来ている事が多いのと同じ様
に漢字が当てられた…
とも考えられる。
私のスペクタクルな誇大妄想が崩れ去った…w


この日の幕営は頂の少し南。
036_DSC_0015.jpg

のんびりテントを張って、落ちた枝
を集めて焚き火台で火を熾す♪
木が湿っていて、火の点き始めは
煙が多くて点き辛いのは想定内♪
042_DSCN1979.jpg

またテントの周りで枝を集める。
火の点き易い細い枝は勿論、火を
長持ちさせるため太い枝も、鉈で
短くして確保!w

ウロウロしている間に雲が消えて
目の前に富士山がドーンと見える事
に気が付いた。ヾ(^0^)〃
041_DSCN1978.jpg

焚き火にあたりながら絶景に感謝♪
043_DSCN1980.jpg

雲と太陽による演出を楽しむ。
046_DSC_0020.jpg

048_DSC_0022.jpg

景色をツマミに持って来たビールを
飲みながらマッタリ。w
風も無く良い気分だぁ♪
053_CSC_0031.jpg

コッヘルに鶏肉と野菜と鍋の素を
投入して火にかける。
晩飯は鍋だ。( ̄▽ ̄)

持って来た500mlの2缶のビールが
早々に空になってしまったので
ワインの開封は我慢。w

日没が近づいてきた・・・
055_DSC_0034.jpg

富士山も良い色に染まり始めた。
057_DSC_0036.jpg

インナーを暖かいものに代えて
アウターもダウンのものに代える。
日が落ちて寒くなってきたので
テントの中で宴会だ。w

破魔射場丸の頂はゲートの外にある
ので鹿がウロウロしている様子で
テントから10mくらい先の所で
「キョーッ!」と鳴声が聞こえる。


今夜はお邪魔させて頂きます…。


焚き火にかけておいた鍋をテントの
中で暖めながらワインを頂く♪
060&059&061-mix

鍋を食べ尽してワインとイカリ豆。w
ちょっと飲み過ぎたか。w
軽く片付けてシュラフに入ったら…
寝てしまった。w


(-_-)zzz


4時間くらい寝てしまったようで
目を覚ましたのが23時半。
朝までは未だ時間がタップリある。
062_CSC_0047-ex.jpg

空は軽くガスが掛かっていてクリア
ではないが月が見える。
気温は6、7℃で風もなく静かな夜だ。
065_DSC_0046-ex.jpg

テントの直ぐ裏で鹿が鳴いて
Σ( ̄□ ̄;) かなり焦った。w

ラジオを聞きながら2時…
3時…、うとうと…。







(*´0)ゞoO

おはよう富士山。
最高の天気♪
067_DSC_0048_201611202325046d8.jpg

ゆっくり朝飯の準備を開始。
お湯を沸かしている間に、袋野菜に
ドレッシングを掛けてワシワシ頂く。
我ながら健康的だな。w
パンに玉子サラダを載せてパクつく。
本当は焚き火で温めようと考えて
いたが、焚き火の匂いが付きそうだ
ったのヤメ!w
湯が沸いてカップヌードルの
カレー味に舌鼓を打つ♪
やっぱカップヌードルは美味い。w
締めは先日八ヶ岳の近くで買って
きたコーヒー。
071&072&073&074&077&078&079-mix


帰るのが勿体ない晴日だ…。

ゆっくり片付けたが直ぐに
終わってしまった。w
080_DSCN2003.jpg

ハイキングコースの様な道を歩いて
峠へ戻る。

左手に南アルプスが見ながら歩く。
右側の白い3つは左から北岳、間ノ岳、農鳥岳。
左側の白い2つの左から悪沢岳、赤石岳。
084_DSC_0055_20161120232524d01.jpg

青空に映える白いダケカンバ
085_DSCN2004.jpg

正面からおじさん1人おばさん2人
のパーティが歩いてきて、私の近く
で、「テント!」と声を出す。w
何の反応もしないのも悪いので、
「そうです、昨日はテン泊でした」
と答えると、
テント張れるところあったの?
お水は自前で行ったの?
夜は天気どうだったの?
風は無かったの?
と、まぁ質問が次から次へと出て
きて、取り合えず一通り応えてみた。w
お別れして離れても、遠くを歩く
3人は楽しそうだった。
良い仲間だ。


進行方向に牛奥ノ…へ向かった時に
歩いた白谷丸が見え、その東側に
雁ヶ腹摺山が見えた。
089_DSC_0056.jpg

前日は見ることができなかった
大蔵高丸からの富士山。
091_DSC_0058_0059_stitch.jpg


大蔵高丸を下って振り返って見た
大蔵高丸。
096_DSCN2009.jpg

良い色の葉が残っていた。
098_DSCN2012.jpg

峠に着いたのが未だ午前中だった
こともあり、駐車場は満車。w

往復で約6.2kmの山行。
hamaiba.jpg




お湯は、林道を出た先にある
やまと天目山温泉で頂く。ここは
先日、牛奥ノ…から下りてきた際に
通り過ぎた温泉で、賑わいは先日と
変わらずで駐車場は車でいっぱい。
市外大人は3時間まで510円。
広くはないが肌がツルツルになる
お湯でなかなか良い。
100&101-mix


大月まで20号線を走り途中にある
笹一酒造に立ち寄る。酒遊館で
にごり酒とほうとうを購入。
103&107&108-mix

のんびりした山だった。




【お役立ち情報】
・tenkijp
・Wikipedia(大蔵高丸)
・やまと天目山温泉
・笹一酒造







スポンサーサイト



別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
<<「狩猟エコツアー」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「北八ヶ岳 麦草峠以南(丸山、中山、ニュウ)」>>
この記事のコメント:
こんにちはー(^O^)/
山はすっかり冬枯れの景色ですね。
本当の冬になったら雪に埋もれてしまうのかも知れませんが…(^_^;)。

えっΣ(゚Д゚)!らぅめんち2さんって「ムー」の特派員だったんですかっ!?

夕方の富士山、そして翌朝の富士山も綺麗で、見る事ができて良かったですね(^O^)/。
2016-11-21 Mon 16:38 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
ヒッキーさん こんばんはー
ヒッキーさん、どうもです。

もう冬ですね。
明日は関東も雪が降るとか…

ムーの特派員ってのは、特派員募集の記事が本誌に出ていて、応募すると特派員カードが送られてきて誌面上に名前が出るといったもので、今思えば、客寄せパンダみたいなもんだったのかな?と。w

今年の雪無しテン泊最後ですかね。
のんびりできて眺めも良くてよかったです。
2016-11-23 Wed 21:00 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR