fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「狩猟エコツアー」
2016-12-03 Sat 21:36
2016.11.26(SAT)

今回の記事はグロテスクな記載がありますので閲覧注意願います!!
小さい画像はクリックすれば拡大できます。

狩猟に興味を持ったが、
サラリーマンである場合、
猟銃の所持や猟場迄の距離など、
生活のスタイルを変えなければ、
折角ライセンスを取得しても
狩猟活動が出来ない事が分かってきた。w

猟銃免許を取得しても
獲物の解体場所、猟銃の管理や
猟銃所持が家族に与える影響など
を考慮すると、免許の所持・維持は
かなり厳しい…。



網猟や罠猟であっても
銃猟と同じで獲物の解体場所
が必要であることは勿論、
網や罠に掛かっている事を確認する
作業があり、猟場がある程度近くな
ければ、獲物が傷んでしまうという
問題も出てくる。

おっさんの夢か・・・




狩猟解禁となり、各地で獣害駆除
含め狩猟が始っている。
WEBの情報を漁っていたら、千葉の
鋸南町で狩猟エコツアーが開催され
ることを知る。

・けもの道トレッキング
・解体ワークショップ
・ジビエ料理ワークショップ

その中で興味を引いたのは
「解体ワークショップ」。
順番的には獣道のトレッキングを
先に受けるのが普通なのだろうが、
山を歩いていると獣道らしき筋を見
つけたり、里山近くでは獣害から畑
を守る仕掛けを見ていたので今更感
が否めない…。
解体の前なので、実際の猟を体験す
るべきなのだろうが、そのプランが
こちらには含まれていない。

0000_千葉県鋸南町狩猟エコツアー

先ずは経験だろう~と申込書を
見てみると、申込者が多い場合は
抽選で決定するとある…。

参加申込書

申込書をメールで送付して、
開催の2週間くらい前に鋸南町から
抽選結果についてと書かれた封書が
届いた。
落選かもしれないな、と思いながら
開けてみると…

0000_鋸南町狩猟エコツアー抽選結果

ヾ(^0^)〃

当選してしまうと、本当に人数が
多かったのか?と疑心を抱いてしまった。w




当日朝5:30過ぎに家を出発。
000_DSCN2023.jpg

首都高を走るのは久々だ。w
こんな早い時間に転がすのは
いつ以来かな。w
005_DSCN2028.jpg


首都高5、6、7号線で神田、箱崎、
小松川を経て京葉道路に乗り継いで
富津館山道の鋸南保田ICで下りる。

のんびり転がしてきたので会場の
道の駅 保田小学校に到着したのは
8時ちょい過ぎ。
006_DSCN2029.jpg

施設のオープン時刻前だというのに
駐車場には車が何台か停まっていて
観光客の姿がチラホラ。

「きょなん楽市」が9時にオープン
したので、直売の農産物を偵察。
安い野菜はないかな?と期待したが
やはり葉物は高め。w
店内をふらふらして「勝浦タンタン
メン風 熱血!!旨たれ」をゲットする。
007_DSCN2032.jpg

他に目ぼしい物も無かったので
車に戻ってツアーの開始時間を待ち
開始の10分前に会場へ向かう。w
010_DSCN2035.jpg

教室の入り口で3500円を支払い
中へ入ると、教室の中は人、人、人!w
118名の応募があったらしく
当選者は21名とのこと。
なかなかの倍率だったようです。

参加者は、山梨、埼玉、神奈川から
が多く、最も遠方からは札幌から来
たという年配の方。
どちらかと言えば北海道の方が
何か開催されていそうな気もしたのだが…。w


講師はその道で力を発揮されている
JPN野生鳥獣研究所 代表である
有泉 大(ありいずみ おおい)氏で、
わざわざ山梨から招かれており、
解体講座・実習は去年から開催して
今回で2回目とのことで評判は良いようだ。

こういう狩猟のノウハウを公開した
がらない人が多いらしいが、有泉氏は
40年間の知恵を全て教えたいという太っ腹。

時計が10時を回り「解体講座」が始る。
012_DSCN2037.jpg


以下メモ。

・年間20回一斉に捕獲を実施して、猪700頭、猿・鹿・ハクビシン等合わせて1000頭程を捕獲している。
・鋸南町の獣害対策は千葉県の中では進んでいる方。
・アライグマは肉の下から毛が生えていて皮の裏側に特徴がある。
・テンの毛皮は毛が柔らかく人気がある。
・皮は水を通さないのでマタギが敷物として使っている。

013_DSCN2038.jpg

・天然記念物だったハクビシンを捕獲するにはアンパンを用いるのが良い。
・鹿皮の夏毛は良いが、冬毛は折れるので使いものにならない。
・鹿の歯からは年齢が分かる。
・地域によって異なるが捕獲した鹿の歯や捕獲した写真を自治体に提示することで、獣害駆除の補助金として捕獲した獣の種類に応じて補助金が支給される。
 ※鹿は1頭1万5千円など。
・狸や鴨が一番病気を持っている。
・生食が許されてる肉は馬肉しかない。
・馬は無菌であれば屠殺され、保菌していると屠殺されない。
 菌は冷凍すると活動を停止するだけで凍死はしないが虫は冷凍で死滅する。
 そういう管理がされているから馬肉が生食で食べられる。
・動物も(後ろ足の)アキレス腱が弱い。
・箱罠に掛かった獲物はは数日生きているがオリから捕獲するのが大変。
・捕獲は心臓、動脈を刺して直ぐに抜く。直ぐに抜かないと道具が刺さったまま暴れられて怪我をする恐れがあるから。
・猪は罠で足を失って3本足になっても妊娠して子孫を残す。
・猪は檻の中から外に向かって突進するので外側に膨らむようにオリが変形するが、熊はオリを内側引っ張るので、仮にオリから逃げられた場合でもオリにかかった獲物が熊か猪かの判別がつく。

2時間ちょっとの講義が終わり
お昼休みに突入。

昼飯はお茶と弁当が用意された。
先生からジビエのソーセージが
振舞われ、ブリブリした食感で
なかなか美味かった。
014_DSCN2040.jpg

午後は場所を変えての解体実習。


015_DSCN2041.jpg

町役場職員の車に連なって有害
鳥獣対策施設まで車で移動する。
立派な道の駅を見た後だったので
エライ立派な対策施設なんだろうと
想像していたらこじんまりした解体
小屋で、ゲートボール場の横から
山側に少し上がった所にあった。


3つの台が用意されていて、其々の
台に内臓が取り除かれ頭を落とされ
た猪が横たわり、もう1体は他の3体
同様に内臓を取り除かれ頭を落とさ
れた状態で逆さ吊りになっていた。
5人一組になって1体を処理する想定
で計4体。

小屋の前には解体用の猪を射止めた
猟友会関係者が紫煙を燻らせながら
談笑中で、我々が到着したのを見て
お、来たな、といった感じで笑顔で
我々を迎えてくれた。

午前中の講義においては、内臓は
参加者で処理する予定となっていた
のだが、作業時間や菌の繁殖などを
考慮して猟友会の方々が済ませてく
れたようだ。

なんとも有り難い。( ̄人 ̄)

早速、講師が猟友会の方々へお礼し
作業手順の説明が始まる。
019_DSCN2045-crop.jpg

先ずは皮を剥ぐための切れ目を入れ
易いように四足の足首にビニール
テープを巻き付ける。
切れ目を入れる際に切れた毛が肉に
付着しないための予防でもある。

021_DSCN2047.jpg

巻いたテープの上からぐるっと切れ
目を入れて足の内側から腹に向って
皮の内側から外に刃を向けて
一直線に切れ目を入れていく。

022_DSCN2049.jpg


切れ目から皮と身の間にナイフを
入れて、少しずつ皮と身を剥がして
いき、皮と動体を分離する。

024_DSCN2052.jpg


カツにすれば美味いヒレ部分は
内側から摘出する。

025_DSCN2053.jpg


後足、前足と順に外していく。

026_DSCN2054.jpg

027_DSCN2055.jpg


四足を外し終わったら、蹄の上に
ある間接から下を外して、其々の
足から肉をブロックで外す。
その後、背骨を中心に左右の背ロー
ス部を外す。
背ロース部の摘出が終わったら、
肋骨に付いたバラ肉を、肋骨と肉の
間にナイフを入れて切り剥がして、
バラ肉を剥がし終わったら、内側
から背骨と肋骨の間に沿って切れ
込みを入れて背骨と肋骨を分離する。
スペアリブの出来上がりと。w

028_DSCN2056.jpg


残ったのは背骨、手足の骨、蹄。

030_DSCN2058.jpg

ここからは自己責任でお肉を譲って
もらちゃいます。w
031_DSCN2060.jpg

太い足の骨からは出汁を取ると良い
が手間が掛かるからパス。w
猟友会の方が
「ほんといいの~?捨てちゃうよ~」
なんて言いながら骨を捨てに行った。

空を見上げれば沢山のトンビ…。
おこぼれを狙っているんですね。w
032_RSCN2065.jpg

首都高の渋滞に巻き込まれながら
なんとか家に辿り着き、早速、
肉をスライスしたり小分けにして
冷凍庫で保存!
これが結構大変な作業で、肉屋さん
の苦労が味わえた。w


この日はモモ肉と玉葱を串に刺して
美味しく頂いた。w
033035-mix

次の日は牡丹鍋 ♪
036&037-mix

煮込めば煮込むほど柔らかくなる猪。
これも美味かったぁ。



数日後に揚げたヒレカツも美味かった。w
IMG_1955.jpg




【お役立ち情報】
・道の駅 保田小学校
・きょなんまち 「狩猟エコツアー」の開催について





スポンサーサイト



別窓 | その他 | コメント:2
<<「蛭ヶ岳」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「破魔射場丸」>>
この記事のコメント:
こんにちはー(^O^)/
秩父の山でも鹿の食害がひどい、
猟友会の人たちが高齢化してなかなか駆除できないらしい、
なんて話を今日、たまたま同僚としていました。

冬毛の鹿革は使いものにならない、とか、
ヒレ肉は内側から取るとか、
一つ一つ、へ~と感心してしまいました。

本当に応募者多数だったんですねー!
ジビエの串焼き、そして牡丹鍋、おいしそうです(^_^)v。
でも実際、山を駆け巡っての狩猟はすごく大変なんでしょうね。
2016-12-03 Sat 16:04 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
Re: こんにちはー(^O^)/
ヒッキーさん コメントどうもです。
レス遅くなりました。

そう、鹿でも猪でも食害が酷いんですよね。
自分たちに直接的な被害が無いから、
むやみに動物を殺すな!と思う人もいるかもしれないけど、みんな自分の手を汚すことなく、殺して喰って、仕舞いにゃ腹いっぱいで喰えなくて残す人もいますからね。w
人間は、動物や植物、他の命を頂いて生きている、生かされているってことを勉強した一日でした。

先日ヒレをカツにして頂きました。
旨かったです。
けど冷めると、食肉として飼われている
普通の豚より早く硬くなりますね。
そこは違うんだなと。
まだ猪が冷凍庫にいるので次は何に・・・。w
やっぱ生姜焼きかな♪

狩猟のために山に行くのも良いなぁと思う今日この頃です。w
2016-12-11 Sun 19:28 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR