fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「男山」
2017-05-30 Tue 20:42
2017.05.20(SAT)

金曜に休暇を入れて久々のテン泊を
計画していたのだが、木曜日中に仕
上げてしまわなければならない事が
できて仕事が終わったのが21時過ぎ。
( ̄▽ ̄;)

家に帰って準備をして夕飯を食べて
風呂に入ってから出発して…
到着が3時過ぎ…無理!!w

金曜はゆっくり休み、夜になって
から高速で、八ヶ岳の東側に位置す
る男山の登山口へ。

登山口の前に到着して駐車場が無い
事を初めて知る。調査不足。

何とか停められる所を見つけて
シートを倒して寝る。



(*´0)ゞoO

想定通りの快晴に大満足。

車を停めた所からは八ヶ岳がバッチリ。
000_DSCN2470.jpg

御所平の登山口は道路沿いにあるが、
立看板を見過ごしてしまう程なので
車で探す場合は要注意。
鹿除けと思われるゲートを開けて出発。
002_DSCN2472.jpg

道幅の広い林道のような登山道を
ハイキング気分で歩く。
003_DSC_0001.jpg

心地よい木漏れ日。
005_DSC_0003_201705302029470ad.jpg

山肌に届く光の強弱。
006_DSC_0004_201705302029504de.jpg

007_DSC_0005.jpg

徐々に高度を上げていく。
008_DSC_0006_20170530202952ea1.jpg

薄い紫色の「イカリソウ」と
棘々した形の白い「ヒトリシズカ」
011_DSCN2474.jpg

木漏れ日の美しさに何度も
シャッターを切ってしまう。w
013_DSC_0008.jpg

木漏れ日の中にある登山道を
グイグイっと上がっていくと
先が開けたように見えて、そこ
から軽いアップダウンの続く
登山道。
015_DSC_0011.jpg


ネットに「ジュラシックパークへの…」
と言う書き込みがあったが、その
意味が鬼こごみの群生を見て理解
できた。w
018_DSC_0014.jpg

鬼こごみじゃ食べられやしない。
いや正確には食べられるけど、前
処理が大変だからな…。
055_DSC_0042_20170530203330f75.jpg

他に山菜は無いか辺りを見回し
ながら前進。
019_DSC_0016.jpg

多くはなかったがタラの木も数本
あったあ。けど既に芽が開いていて
食べられる程度ではなくなっていた。
020_DSCN2477-crop.jpg

登山道上にスミレが多く咲いていた。
あちこちに咲いていたので足の置き
場に気を使った。
021_DSC_0017.jpg

木々の間から見えた男山。
024_DSC_0018.jpg

頭上からぶら下っている枯れ木。
落ちてくるなよと願いながら、
脇を通過する。
025_DSC_0019.jpg

林道の様な広さの登山道の終点で、
山頂まで1.0kmの標識でホッとした
のだが、ここからが急登だった。w
028_DSC_0022.jpg

道が登山道らしく狭くなり、
徐々に急登になっていく。
030_DSCN2480.jpg

急なので下山で滑るのことが心配だ。w
031_DSC_0024.jpg

癒しの「フデリンドウ」
033_DSCN2482.jpg

登山らしく軽い岩場が現れて、
暫く頑張ると男山と天狗山の分岐に
到着する。
034_DSC_0025.jpg

035_DSC_0026_20170530203632666.jpg


男山迄0.6kmと印刷されてた様だが
60mと手書きで修正されている。
自分のGPSでも頂は5、60m程で明ら
かに印刷ミスのようだ。
036_DSC_0027.jpg


ロープが二本ほど垂れていて
一気に上がると頂だ。
037_DSC_0028.jpg


標高1851.4m 男山 到着。
八ヶ岳バックに一枚。
039_DSC_0030.jpg

東側に天狗山
042_DSC_0033.jpg


南を見れば遠くに富士山、中央に
見える山の端がガタガタした瑞牆山、
その左側に金峰山の五丈岩まで見える。
043_DSC_0034.jpg

改めて八ヶ岳。
今シーズンは八ヶ岳の北側を歩こう。
045_DSC_0036.jpg


左に見えるまだ雪塗れの山は
間ノ岳と北岳、右側に見えるのは
甲斐駒ヶ岳。
046_DSC_0038.jpg

この男山とのペアである女山が
南側にあるが…。
051_DSCN2485.jpg

バナナと牛乳でブランチ。
049_DSCN2483.jpg

しばらくのんびりしていると
自分が上がってきた登山道から
人の声…。
現れたのは年配の男性一人。
声がしたので二人だと思っていたが
独り言だったようだ。w
佐久から来たその方は、野辺山と
佐久の自宅の途中で見えていたこの
山にいつか登ろうとと思っていたそうだ。

山の話などかなり話し込んでしまい
あっという間に時間が過ぎてしまった。


根が生える前に腰を上げて下山。w



お湯はいつもの八峰の湯。
お湯は大人500円。
お目当ては昨年家で大人気だった
ハラペーニョの醤油漬け(680円)。w
056057058-mix

露天風呂に浸かりのんびり。
天気も良くて良い湯でした。



約9.0kmの山行。
otokoyama.jpg



【お役立ち情報】
・八峰の湯




スポンサーサイト



別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:2
<<「烏帽子岳」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「鳥ノ胸山」>>
この記事のコメント:
こんにちはー(^_^)/
ホント、木漏れ日が気持ちいい季節ですね。
これが真夏になると、標高にもよるでしょうけど歩いていてもムシムシするようになってしまうのでしょうか。
鬼こごみの群生地、本当にジュラシックパークのようですね(^o^)v。
高いところまで登ると景色もそれだけ素晴らしいものがありますが、ワタシはハイキング気分で歩く程度でも限界です(^_^;)。
それでもゼーゼー、休み休み歩いています(TдT)。
2017-05-31 Wed 10:35 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
ヒッキーさん こんにちは
良い季節ですがもう少しで梅雨ですかね。
残り少ない晴れの日を上手く過ごしたいですね。

気温が高くなる夏はやっぱり標高が高い山の方が心地良いですよ。

でも最近、私も体力が落ちてきております。。。
2017-06-02 Fri 21:07 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR