fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「黄金山」
2017-07-31 Mon 16:05
2017.07.18(TUE)

暑寒別岳の南西に位置する石狩市
浜益区のシンボル黄金山。
地元では浜益富士とか浜益の
マッターホルンとか呼ばれているそうな。

065_DSCN2764.jpg
※下山後撮影。

途中で通過した石狩の北側は雨天。
翌日は晴れ間が出るという天気予報を
信じて、道南に行くことを取りやめて
北上したのだが…

前夜遅くに登山口に到着。

登山口は雨が降っていなかったので
翌日の好天に期待して寝る。



(*´0)ゞoO

目を覚ますと、フロントガラスには
雨の跡…。

降っている… ( ̄▽ ̄;)

この雨の中を歩けというんか!w

今回の北海道遠征は神様に
見放されているようだ。w

登山口はスマホが圏外なので
どうしたらいいもんか困ってると
な~んとなく小降りに…
更にしばらく待っていると、何とか
上ったような…。

だが、雨が上がれば上がったで、
登山道がぬかるんで歩き辛そうとか
不安と不満要素が溢れてくる。w

だが、車外に出てウロウロしている
内に山に上がる気になってきた。w
000_FSCN2691.jpg

熊ニュースを聞いて、一寸ビビッて
鈴をシャンシャンしたり、熊避け
スプレーを素早く出す練習をしたり。w
立派なトイレで用を足して、いざ出発。
001_DSCN2692.jpg

ときどきヌルッ!!と滑るが、
雨上がりなんだから致し方ない。
雨が降っていないだけ幸せと思わねば。
002_DSCN2693.jpg

すっ転ばぬよう小さな沢を跨ぎ
003_DSCN2694.jpg

乾いていれば問題のない登山道を
一歩一歩進む。
005_DSCN2696.jpg

道の脇に所々設置されている数字の
プレートは標高ではなく登山口から
の距離だそうだ。
006_DSCN2697.jpg

デッカイでんでん虫めっけ。
008_DSCN2701.jpg

登山道の真ん中にブツ発見。w
熊のモノじゃなさそうだ。
キツネかな。
009_DSCN2702.jpg

立派な樺が多いなぁと思いながら
歩いて、一度尻餅をついてしまい後悔。
またやってしまった…
またコインランドリーか…
010_DSCN2703.jpg

沢に沿って上がって行くと新道と
旧道の分岐(水場)に到着する。
ベンチはあるが湿っていて座る気には
なれない。w
012_DSCN2705.jpg

頂上までは旧道で1095m、新道で1107m。
何処かのWEB上のマップで山頂手前
の旧道で危険個所があるような事が
書かれていたので、新道をチョイス。
014_DSCN2707.jpg

沢には花が散ったヤチブキ(エゾノ
リュウキンカ)が生えていた。

花が咲いている時期のヤチブキの
油炒めは、白御飯が何杯でもいける
おかずだ。w


でっかいキノコめっけ。
016_DSCN2709.jpg

分岐から5分くらい歩くと道の両脇が
笹ヤブの開けた場所に出る。
ガスが掛かっていて何も見えないが
登山口にあった案内によれば、
晴れていれば正面に黄金山が見えるらしい。
018_DSCN2711.jpg

天気がぐずついている所為もあってか
デカイでんでん虫が登山道にたくさん
出ている。w
023_DSCN2716.jpg

虫食いで葉が穴だらけだが、
サンヨウカの実もデカイ。
026_DSCN2719.jpg

027_DSCN2720.jpg

小さなクルマユリ。
029_RSCN2723.jpg

笹原を越えた辺りから急な斜面が
増えてきて、足場に気を使い疲れが
溜まってくる。w
031_DSCN2724.jpg

雲の中を進んで行くと雨が降ってきた。
というより雨の中に突入したというのが
正解か。
035_FSCN2729.jpg

乾いていれば苦にならない道も
この日は一苦労。w
038_DSCN2733.jpg

なんだこりゃ。
039_DSCN2734.jpg

笹原から1時間くらい上がった所に
旧道との合流がある。
小屋まで1737m、天辺まで147m。
まだ147mもあるの。w

気が付けば雨の中は通り過ぎていて
風も音も無い雲の中になる。
043_DSCN2739.jpg

分岐から少し上がると積み重なった
岩が目の前に現れる。
けど、これがラスボスではなかった。w
045_DSCN2742.jpg

岩の角が取れて滑らかになっている
箇所が多くて、積み重なった岩の上は、
這う様に歩いた。
ここにも頂を示す物がない…。
050_DSCN2747.jpg

まだ先があった…

( ̄▽ ̄;) めげる。w

ガスガスだが両脇が切れ落ちている
ことは分かる。

緊張しながら先に。

051_DSCN2748.jpg


滑り易い斜面を上がったところに
頂あり。そこが黄金山 標高 739.5m
無音で真っ白で眺望が無い。
耳がキーンとする。w
053_DSCN2750.jpg

登山口から1884mのプレート。
054_DSCN2751.jpg

何も見えなかったけど10分ほど、
お茶を飲みながらぼ~っとしていた。
そろそろ下るか、と腰を上げ下山を
開始する。

下りも気が抜けない…。w


滑り落ちて行かないように、木に
つかまりながら下りていると、
シャリーン!シャリーン!と
鈴の音が聞こえてきて、女性が
女性「こんにちはー!」
らぅ「こんちわ」
女性「酷い雨ですね、こっちって
   こんな天気になるって言って
   ましたっけ?」

と、朝、私が思っていた事を言い出す。w
全く酷い話だとお互いに愚痴って
この先の状況を説明してお別れ。w


途中でまた雨の中を通って、雲の下に
出たのは笹原。振り返るが黄金山の
山容は見られず…。
060_DSCN2759.jpg

小屋に辿り着いて靴を洗い、乾いた
Tosに着替えてトイレ行って…と
帰り支度をしていると、下りで
会った女性が下りてきた。

視界も悪く、標識も見当たらず
岩の上を這って歩いて怖くて
下りてきたとのこと。

わかる~、その気持ち~。
自分も心が折れそうだったもの。。。

約 4.1km の山行。
kogane.jpg


汗は浜益温泉で流す。
大人500円。
ほんのり硫黄が香る湯で
気持ちが良かったぁ。
27662765-mix



【お役立ち情報】
・てんきとくらす
・北海道石狩市公式ホームページ > 黄金山






スポンサーサイト



別窓 | 北海道 | コメント:4
<<「銭函天狗山」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「八剣山(観音岩山)」>>
この記事のコメント:
こんにちはー(^_^)/
せっかくの北海道遠征、天気になかなか恵まれず、残念でしたね。
クマって北海道だから当然、ヒグマですよね!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
2017-08-01 Tue 11:51 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
ヒッキーさん どうもです
そうなんですよぉ。
北海道全体の天気が良くなくて、良い場所にも逃げられず。w

まぁこういう山旅も有りかと納得しています。w

そうです。ヒグマです。
遠目に会うのは良しとしても、登山道では出会いたくないです。w
2017-08-04 Fri 22:02 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
凄い名前ですね
らぅめんちさん、こんばんわ

黄金山!なんだか凄い名前の山ですねぇ~
名前だけ見て思わず登りたくなる山だと思いました。

しかし、足元が滑りやすい中での山行は大変でしたね。(*´Д`)
特に下山の時は緊張されたのではないでしょうか。

上から2枚目の小屋の写真
小屋の屋根(右)に写っているのは
クモの巣でしょうか?

雨が降った時の良い事は
クモの巣が発見しやすい事ですね。

憎たらしいクモの巣ですが
その形が美しく見える時もあります。(*´▽`*)

笹ヤブの開けた場所は
なんだか雰囲気の良さそうな場所ですね。

あえて同じ場所の写真を2枚掲載されているのは
黄金山が望めるポイントと言う事もあるかと思いますが
らぅめんちさんも気に入られた場所なのかな?っと思いました。

さて、北海道の旅は、まだまだ続きそうですね。
続きも楽しみにしています。(^-^)
2017-08-05 Sat 23:53 | URL | オニオン/ #-[ 内容変更]
オニオン/さん こんにちは
名前が良いですよね。
何か埋まってそうですよね?ww

なかなか登り甲斐のある山でした。
オニオン/さんの言われる通り、
下りが一番気を使いましたよ。
泥だらけになる位なら可愛いもんです。w

よくクモの巣に気が付かれましたね。
デカイでしょ。
山に登ろうかどうしようか、
外をうろついているときに
あの巣の大きさだから主もさぞかし
デカイだろうと探したのですが見つからずでした。

そう、雨の日のクモの巣は芸術品に
見えることありますよね。

笹原は傾斜がほとんどなく、頂から
下ってきて一息付ける広場のようで
良いところでした。
あと、ここから山が見えると聞いていたので
少しでも!と期待したんですが駄目でしたぁ。
自分の目で確認はできなかったのは
残念でしたが、急登な山の形は充分に
感じることができたので良しとします。w

2017-08-06 Sun 15:42 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR