fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「御正体山」
2018-06-02 Sat 21:58
2018.05.20(SUN)

道志みち沿いの山は不思議な山名が
多い様な気がする。
この山も地図を見ながら首を傾げた
一つで、「正体」という言葉が仏教
用語で、日本の神々は仮の姿でその
正体はインドの仏という説があり、
権現はその逆で、インドの仏が仮の
姿で…という説を知って理解。

昔は山岳信仰が盛んな山だった
らしく明治の仏教破壊運動
(廃仏毀釈)が起こる迄は
ミイラがあったんだとか。

そういう信仰のあった山だった
事を知ると、山の途中で見つけた
古めかしい「○合目」の重みを感じる。




夜のうちに、相模湖東ICから
道志みちを山中湖方面へ向う。

夜の道志みちはわんぱくな車が多い。w

道の駅どうしを超え、御正橋バス停
近くで右折。民宿ふるさとを左手に
通過していくと別荘がポツポツと
現れる。

別荘の中過ぎくらいからかなり道が
悪いので要注意。

別荘街の終端近くの林道沿いに
車が数台停められるスペースがあり
そこでシートを倒して就寝。

(-_-)zzz








(*´0)ゞoO

なんだか雲行きが怪しい。
道志みちを挟んだ反対側の山々は
青空の下だというのに何という
運の無さ。w


腐っていても仕方がないので、
昼飯を楽しみに歩くことにする。



別荘が無くなり標識通りに林道を進む。
000_DSC_0001_201806022147108a6.jpg

のーんびり前進。
002_DSC_0006.jpg

林道の終点に到着して、ここから
登山道らしい道に変わる。
熊出没注意の看板を見ながら
熊避けの鈴を確認。さぁ前進。
003_DSC_0007.jpg

登山道脇には沢が流れていて、沢の
音で熊避けの鈴の音が掻き消される。
こういう所で熊に鉢合せするんだろ
うな、と鈴をシャンシャン鳴らす。w
004_DSC_0009.jpg


ピンクのテープが充分で道迷いは
しなさそうだ。
沢が片側だけにしかなかったのに
気が付けば両側に小さい沢。
雨量が多い時は渡渉もあり得る様な
箇所もあって雨天は要注意かな。
007_DSC_0012_stitch.jpg

雲が多かった空もいつの間にか
青空に変わって、鮮やかな木々の
緑が日の光を和らげてくれる。
008_DSC_0026.jpg

折り返して右手の斜面へ。
010_DSC_0029.jpg

再び折り返して尾根っぽい斜面を
進む。ここも鮮やかな緑のトンネル
の様で心地良い。
011_DSC_0030.jpg

心地良い上りだったが、徐々に
斜度が緊くなってきた。

足元は根が張っている所が多が
歩き辛い程ではない。

必要性を感じない所に虎ロープが
あったが雨上がりは危ないのかな?
と思いながら通過。
013_DSC_0033.jpg

目指している白井平分岐の150mほど
手前に六合目表示の石柱を見つける。
古そうなもので歴史が感じられる。
けどコル手前で六合目とは何処起点
なんだろうか…。w
015_DSC_0036.jpg

木々の間から見える青空。
朝の雲は何処へ行ったやら。
016_DSC_0037_20180602215046c83.jpg


分岐直下で尾根を左手に巻いて
進み上り切ると道坂峠と御正体山
への分岐、白井平分岐へ到着する。
018_DSC_0039.jpg


南側の谷から風が吹き上げてくる。
陽射しを感じるのに風が冷たい。
吐く息が白くなるのが分かって、
白く見えたのは気の所為かと思って
何度か試すがやはり息が白い。w

アウターを出そうか迷ったが、
身体を動かしていたら気にならない
だろうとそのまま頂を目指す。

緑の屋根が良い色だ。
尾根を上がりだすとさっきまでの
風は感じられなくなった。アウター
を出さなくてよかった。w
019_CSC_0041.jpg

緩やかな斜面の斜度が徐々に急に
なってくる。
021_DSC_0042.jpg

斜度が厳しくなってきたが、登山道
の両脇にミツバツツジが出てきて癒される。
028_DSC_0053.jpg

良いねぇ。こんなに咲いているとは
思ってなかったので最高の癒しだ。
029_DSC_0054_20180602215055701.jpg

027_DSC_0052.jpg


白井平分岐から1時間弱上がって
きたら、コバイケイソウが群生した
緩やかな斜面に変わって頂が近くな
ってきた。
030_DSC_0055.jpg


到着したのは周りを木々に囲まれた頂。
御正体山 山梨百名山 1681m。

頂には、小さな社と大き目の三角点
山梨百名山と書かれた標柱、そして
ランチを頂くには丁度良い頑丈な
テーブルベンチがある。
032_DSC_0057.jpg


眺望は無いが頭上に広がる青空が
救いだ。w


上がってきた登山道と反対側にある
登山道はマルバダケブキが群生していた。
上がってきた方はコバイケイソウが
群生していたので、何処が境目か
気になったが、どちらにしても毒草
なので、無駄な詮索は止めた。
036_DSC_0062_2018060221541443d.jpg

ベンチに腰を下ろして、コーヒーと
カップ麺用にお湯を沸かす。
034_DSC_0059.jpg

コーヒーを飲んでいると、自分が
上がってきた登山道と反対側の
登山道から男女一組が上がってきた。

テーブルを半分譲って、片耳にイヤ
ホンを突っ込んでのんびりしている
と、目の前で軽く揉め出したので
もう片方のイヤホンを耳に突っ込ん
で知らんふり。

こんな良い青空の下、揉めるなら
別の所でやって欲しいなぁ…。w

カップ麺をズルズル啜った後は
カシラ肉を塩コショウで頂く。
ビールがあれば最高なんだが自粛。w
035_DSC_0060.jpg

気が付けば1時間半も頂にいた。w
039_DSC_0065_20180602215414e26.jpg


後片付けをしてから重い腰を上げて
ピストンで下山。
040_DSC_0066.jpg

下りは30分ほどで白井平分岐に到着。
041_CSC_0068.jpg


登りで見つけた「六合目」より下で
四合目と三合目の標柱を見つけたが
どれも景色に同化していて分かり辛かった。
044_DSC_0070.jpg

045_CSC_0075.jpg

上りでは日陰だった谷に日が刺し
込んで良い風景になっていた。
046_DSC_0074.jpg

下っている最中、往路では気が
付かなかった山椒の木々を発見して
葉を摘みながら下る。


車に戻ったが辺りは静か、別荘も
静かで人の気配も感じられない…。


約 6.9kmの山行。
mishoutai.jpg





汗は、以前、夜に行った事があった
「いやしの湯」で流す。
大人3時間700円。
そう、夜は500円だったんだなぁ…。w
047_DSCN3095.jpg

【お役立ち情報】


・てんきとくらす
・道志村観光ガイドMAP情報 > 御正体山
・青根緑の休暇村センター いやしの湯







スポンサーサイト



別窓 | 丹沢 | コメント:2
<<「CB缶→OD缶」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「黒岳」>>
この記事のコメント:
おはようございます(^_^)/
緑のトンネル、目にも鮮やか!
足元も落ち葉などで適度に柔らかそうで、気持ちよく歩けたのではないでしょうか(*^_^*)。
思いかけずに満開の花に出会えると、当たりをひいたようで嬉しいですねよ(^_^)v。
お疲れ様でした(^_^)/。
2018-06-04 Mon 10:03 | URL | ヒッキーに憧れる出無精 #mQop/nM.[ 内容変更]
Re: おはようございます(^_^)/
ヒッキーさん こんにちは

この日は良い緑で良い気分でした。
花も良かったですよ。
貧乏暇なしでブログの更新も思うように進まずです。
ポピー行ってきました。
近いうちにアップできるかな・・・。w

梅雨に入りますね。
長雨の日々をどう過ごしましょうかね。
んでは、また。



2018-06-06 Wed 07:43 | URL | らぅめんち2 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR