fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「景信山」
2013-04-28 Sun 14:18
2013.04.13

春かぁ~。ヾ(^0^)〃

この中途半端な時期にアルプスにスタッドレス無しで行くのはどんなもんだろうか・・・

低山で普通に上り下りするのも面白みに欠けるなぁ・・・

などなど考えていたら、春山でナイトハイクってのも良いんじゃないか、と。

そう遠くなく、高くなく、春の花を楽しめて、夜景が楽しめるところ・・・

ということで、コチラに決定。w

昼間は混んでいるんでしょ~、と夕方到着するように家を出発。


土曜の夕方だというのに思いのほか早く着いてしまった。w

登山口方面からは、たくさんのハイカーが下りてきていて
駐車場に向かう私は、大手を振って歩いているハイカーに気を使いながら
ゆ~っくりと駐車場に向かう。

駐車場には予想通り、数台の空きがあって、一つのスペースに車を停めて一息つく。

ちょっとまだ早いなぁ・・・( ̄▽ ̄;) と思いながら準備を開始。

ヘッドランプ、ツェルト、水、軽食、その他もろもろが入ったザックを背に出発。

登山口右手に、ジョロジョロと水が落ちている。
神様を祀った感じがします。
01_DSCN0381.jpg

さて、小仏峠に向かうので右手に曲がらずに直進です。

02_DSCN0382.jpg

夕方のバスに間に合うようにハイカーが束になって下りてきます。
花見でもしてんたでしょうね・・・。
持ち物を拝見するにそんな感じがします。w

夕方らしい日の傾き加減が新鮮な感じがする。

page4_6_.jpg

この時間にのんびりと歩いていること自体が新鮮なんだと気付かされる。

テント場のスペースが無くなっていたらどうしようとか思いながら登っていたり、
早く下山しないと日が暮れたらアウトだ!とか。( ̄▽ ̄;)
(まぁそういう時はだいたいヘッドランプを忘れているんだな・・・w)

「ヤマブキ」 「ニリンソウ」
page7_8_.jpg

「アオキの実」 「スミレ」
page14_23_.jpg

夜は冷えるだろうと思って着てきた上着がちょっと暑い。w

行き交う人がかなり少なくなってきた頃に小仏峠に到着。
12_DSCN0397.jpg

11_DSCN0396.jpg

日が落ちるまでには時間に余裕があるが、
ここでブラブラしていても意味が無いので先に進む。


2、3のコブを越えただろうか。
尾根伝いに進んで見晴らし良いところに桜の木が一本。
桜ではない周りの木は伐採されたような感じ・・・。

花びらはかなり落ちているが、今年初めて落ち着いて
花をじっくり見ているような気がした・・・。

おそい花見だな。ww

15_DSCN0401.jpg

花を見ていると、婆さんが一人でかなりゆっくり慎重に下りてきた。

両手に今どきのストックを握っているが
少し汚れた前掛け、年季の入った運動靴・・・

小屋の婆ちゃんだなぁ・・・

私「こんにちは~」
婆「こんにちは」

婆「山はきれいですねぇ。」
私「そうですね。」
婆「先週までは桜が綺麗だったんだけど、もう殆どが散ってしまってねぇ。」
私「そうみたいですね、かなり散ってますね、その桜なんかは枝が折れちゃってる・・・」

婆「これからどちらに?」
私「天辺まで行って、夕日を見てから下ります。」
婆「あらぁそおぉ。頑張ってねぇ。」
私「はい、どうも。お婆ちゃんも気を付けて。」
婆「はぃ、どうもぉ。」と。

上に向かって歩いて少し経ってい振り向いたとき、
婆ちゃんと桜が暖かく見えたので一枚撮っておく。
17_RSCN0474.jpg

もう少しで着いちゃうなぁ。w

18_DSCN0403.jpg

上を向いて歩いていたら、木に白い花が咲いているように見えたので
よーく見てみると芽を出した葉だった。葉っぱなのにこんなに綺麗に見えるんだねぇ。

20_DSCN0407.jpg
19_RSCN0408.jpg

これを上がっていくと山頂かぁ。
21_DSCN0409.jpg

はい到着。w

26_DSCN0416.jpg

私が着いた時は小屋の方が片付けをしていたが、少し経ってみると
それも終わって小屋の方はさっさと下りてしまったようだ。

立派とは言えないが木製のテーブルがたくさんある。
パッと見、高尾の上よりも多くの人数が座れそうな程たくさん。

そこに私を含め3人程。


お湯を沸かしてコーヒーを入れて飲んでいた方は少し経って下山・・・。

ただボーッとしていたもう一人もいつの間にか消えていた・・・。

そして私ひとり・・・。

30_DSCN0421.jpg

日が暮れていくと同時に、だんだんと寒くなっていく。
ジャケットを着てきて正解だが動かないと少し寒いくらいだ。w
暮れるまで時間があるので辺りを散策。

茶屋の前に標識。

28_DSCN0419.jpg

けど、そこよりも確実に高い位置に三角点と標柱あり。
標高:727.1m

page32_33_.jpg

下りは上りと違うルートで帰る予定♪
35_DSCN0430.jpg

南西側に相模湖。
44_DSCN0446.jpg

薄らと富士山が見える。
48_DSC_0003.jpg

日没まで未だ30分ほどあるので更なる暇つぶし、いや、散策。w

殆どの桜の花が半分ほど散っているというのに、茶屋の横にある
桜だけがわんさかと花を付けていたので良い色の空とコラボで一枚。

43_DSCN0444.jpg

山も街もじんわりと夕日に染まっていく。

46_DSCN0451.jpg

薄ら見えていた富士山のシルエットが良い感じで浮き上がって見えている。
53_DSCN0456.jpg

空を見上げると複数の飛行機雲があちこちにあった。
56_DSCN0459.jpg

下弦の月。
63_DSC_0011.jpg

夜景に満足してシャッターを切る。
64_DSC_0012.jpg

結構寒くなってきて、鼻水が出てきたのでサッサと下りることに決定。w

下りは小仏バス停方面に向かって下る。

山頂近くに設置されているトイレは電気が点いていたが
辺りは真っ暗。w
page65_66_.jpg

暗くて少々不安だったが、小下沢と小仏バス停の分岐に到着して
小仏バス停方面へ下る。

67_DSCN0464.jpg

page68_69_.jpg

途中、中央道の小仏トンネルの出入り口の上を通過する。

70_DSC_0013.jpg

バス停近くに下りたので、駐車場まで戻る。

72_DSCN0468.jpg

暗い駐車場には愛車が一台ぼっちで佇む。w

半ナイトハイクも悪くなかった。w

kagenobu.jpg


約 4.5kmの山行。


【お役立ち情報】
・Wikipedia
・八王子市
・八王子観光協会

スポンサーサイト



別窓 | 奥多摩 | コメント:0
<<「彩湖」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「円山」>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR