fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「棒の嶺」
2013-05-30 Thu 22:30
2013.05.03

伊豆ヶ岳に続いて、正丸駅から国道299号線、県道395号線、県道53号線を南下して名栗湖へ。

県道395号線は道幅が広くないので、雨の日は通りたくないかな。w

駐車場に車を停めて、目の前の原っぱでランチと行こう!w

じゃじゃ~ん!ヾ(^0^)〃
001_DSCN0876.jpg

先日札幌に帰った時に買ってきたブタキングの袋麺。( ̄▽ ̄)

ブタキングらしくモヤシを一袋使います。w

中央に見えるのはアイヌ葱です。

ブタキングの一杯にアイヌ葱は入っていませんが
ブタとニンニクを入れないので、インパクトの
あるモノを入れようと、朝、自分ちの庭でぶち抜いてきた。w
page004&006&007&008

もちろん、

010_DSCN0888.jpg

完食~♪
ピリ辛のアイヌ葱が良かった。w

片付けをして、ザックを背負って出発。
013_DSCN0892.jpg


先ずは有間ダム迄、車道の路肩を闊歩。
014_DSCN0893.jpg

ちょっと雲が出てきたが、ダムを渡り、
名栗湖の縁の道路を歩いて白谷沢登山口へ向かう。
017_DSCN0897.jpg

page18-19_20130526192233.jpg

020_DSCN0900.jpg

「白谷沢登山口」
022_DSCN0902.jpg

沢の音を聞きながら、ガレ、ザレ、木の根に気を付けながら
緩い傾斜を上がっていく。

「クサイチゴ」
025_RSCN0905.jpg

登り始めは、左下遠くから沢の音しか聞こえてこなかったが、
先に進むにつれて、沢の流れが近くで見えるようになってきた。
029_DSCN0909.jpg

進んでいくと、どう見ても沢にしか見えない箇所を登る。w

033_DSCN0913.jpg

天狗の滝。
037_DSCN0920.jpg

白孔雀の滝。
040_DSCN0923.jpg

ここの登山道は、迷いそうな脇道がある箇所に必ず標識が立っていて親切だわ。

マイナスイオン。w
043_DSCN0928.jpg

新緑。
044_DSCN0930.jpg

林道に出た。
045_DSCN0931.jpg

道路脇に屋根付きのベンチがあり、何人か休んでいるが
ちょっと休んで先を急ぐ。
048_DSCN0934.jpg

前方に井筒監督のようなオヤジを持つ4人家族を発見。w

ジーパン姿の井筒監督似のオヤジは家族を盛り上げ、
テンションが異常に高い状態で、歩幅を大きくとって、
肩で息をしている。w

お母さんはちょっとポッチャリでダイエット中
と言ったところかな。

子供は男の子と女の子で2人とも小学生くらいかな。

だいたいこういう時の男の子というのは馬鹿みたいにはしゃぐもので
正にそういう状態。w

女の子は足を運ぶのに一生懸命なお母さんの背を押しながら歩行をフォロー。w
なので女性陣は徐々に遅れ始める。

急ぐ気は全くない私が家族を抜いたために、オヤジは息子を連れて更に急ぐ。
お母さんと娘は更に遅れる。

背後でオヤジのぜーはーぜーはーという息遣いが聞こえる。

一気に上って、止まって休み、また一気に上ってまた休むを繰り返しているオヤジさんに
歩幅を小さくして、疲れない程度に足を運んだ方が良いですよ、と教えてあげたかった。

けど思ったのだが、あのオヤジさん、俺と年に差が無いのかも・・・・と。
page50-52-55.jpg

ゴンジリ峠に辿り着く。

緩やかな尾根を歩き、最後に階段を・・・

と思ったのだが左手に脇道があったので進むと
頂上への巻道。( ̄▽ ̄)

こっちの方が楽だった。www

061_DSCN0948.jpg

棒の嶺 標高 969m
059_DSCN0946.jpg

高い山も無く、見晴らしは良い。
058_DSCN0945.jpg

シャッターを切るのを頼まれ、数台のカメラのシャッターを切る。
私はいつものように他人の手を借りずに自分撮り。w

ここでポケットに入れていた筈の帽子が無いことに気が付く。

Σ( ̄□ ̄;)

誰も取らないよ・・・

けど気が付かずに、踏まれていても困る・・・

気になってほとんど休まずに下山を始めたが
巻道で帽子を発見してホッとする。w
062_DSCN0949.jpg

尾根を下る途中、井筒監督似のオヤジとその一家とすれ違う。


相変わらずだった。w


上りは岩茸石のベンチで休んでいる方達がいて、
ルートの確認ができなかったが、下りはそこから下りることにする。
065_DSCN0953.jpg

丁度、岩の裏手にルートがあり、岩に向かって左側に巻道。
グラグラの手摺がイヤだねぇ・・・( ̄▽ ̄;)

ガレ、ザレ、一番嫌な木の根に気を付けて下る。

麓に着くまでに3回ほど林道を横切ったなぁ。

白地平
069_DSCN0957.jpg

ここからは名栗湖が見下ろせる。
070_DSCN0958.jpg

ここは大人の秘密基地のようだった。
072_DSCN0960.jpg

歩きに歩いて、赤い橋の掛かった民家の横に出る。
080_DSCN0969.jpg

ここから車まではそう遠くは無い。( ̄▽ ̄;)

づがれだぁ~。( ̄▽ ̄;)



「さわらびの湯」で汗を流す。
082_DSCN0971.jpg

歩く距離は別にして家族連れでも歩ける道なので
のんびりしたハイキングをしたい方にはバッチリ。


10.4kmの山行。

bounomine.jpg




【お役立ち情報】
・さわらびの湯
・Wikipedia(棒ノ折山)
・ハイキングマップ
・埼玉県 奥武蔵自然歩道(関東ふれあいの道・・・)
・Wikipedia(奥武蔵)

スポンサーサイト



別窓 | 秩父・奥秩父 | コメント:0
<<「日和田山」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「伊豆ヶ岳」>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR