fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「高水三山」
2014-06-01 Sun 21:46
2014.05.24

カタクリの花は終わっちゃっただろうなぁ・・・
けど、もしかしたらまだ・・・
いや、散っている可能性が高いのにそれだけを目的にするのは・・・
カタクリを見るには奥多摩の御前山が良さそうだなぁ・・・なぁんて考えてた。

もう一つは何処に登ろうか調べている最中に、地図上で惣岳山を見つけ、
そこに登るならここも、じゃぁ稜線伝いにここもか?
なんて思いながら調べてみると、

高水山(759m)、岩茸石山(793m)、惣岳山(756m)、

三つの山の総称で、山深くない低山で小学生でも~、
なんて記載を見て、今の私には丁度良いかと判断。w

午前中に高水三山を散策して、午後は御前山でカタクリの花を散策して
そのままテント泊しよう♪ ヾ(^0^)〃



流れとしては、軍畑駅側から高水山 → 岩岳石山 → 惣岳山 と回って、
御嶽駅から軍畑駅まで電車で戻って来てくる。
電車の待ち時間や駐車場の往復を入れても4、5時間掛かると予想。
御前山に登る前にコンビニ弁当でも買って、奥多摩湖辺りでのんびりと食べるかと♪

それなりの準備・装備はしているつもりだが、飽く迄も予定。( ̄▽ ̄)
不測の事態が起きるかもしれないので、そこは柔軟な対応でね。w



前夜、JR青梅線「軍畑」駅近くの「軍畑園地駐車場」まで車を走らせる。

駐車場に到着してから、途中のコンビニで買ってきた
ビールとツマミで一息つく。 ( ^_^)/□
001_DSCN4894.jpg

駐車場は十数台の車が停められそうで、既に4台ほどの車が停まっているが
車には人が乗っている気配は無く、皆さん何処へ行ったのやら。w

page_Sedia.jpg

3月まで乗っていたセディアワゴンなら後部座席のシートが倒れて
フルフラットになったのだが、インプレッサスポーツはフルフラットにはならず・・・

page_imp.jpg

寝袋は持って来たが、面倒だったので運転席のシートを倒して
そのまま寝てしまった。w


(-_-)zzz



シートで寝ると、疲れが取れるどころか逆に倍増してしまったようだ。
やっぱり横着はダメだ。今度はちゃんとシートを倒そう。
( ̄▽ ̄;)

アラームが鳴っているのに瞼が引っ付いて開かないし、
オマケに身体がだるいわで、しばらくシートに座ったまま辺りの様子を観察。w


駐車場は、近所のおばちゃん達がちょっとした所用を済ませるだけの為に
利用している感じでハイカーは見当たらず・・・。
シーズンや時間帯が関係するんだろうけど、駅や登山口から一寸距離があるから
利用度が低いのかなぁ。
けどだ、電車利用で山に行くことが少ない私にとっては大変有り難い駐車場ですわ。w



駐車場にあるトイレで用を足して、先ずは軍畑駅を目指す。
橋を渡って交差点を渡り、道路脇の畑を横目に到着した駅は、小っちゃ。w
page005&006&008&009

線路沿いに東へ進んで踏切を渡って、歩道を山に向かって進むと
登山口へ通じる脇道が出てくる。
何の標識もなくて、偶々GPSのマップを見ていて気が付いたので
初めての人はスルーしてしまうかも。
page高水011&013


「セリバヒエンソウ」「ウツギ」
page高水014&015

山の斜面からじんわりと水がしみ出しているようで
沢蟹を発見したが直ぐに逃げられてしまった。w


道なりに進んでいくと再び車道に出た。
駅近くの車道とは違って道幅がワンランク下がり、
右手に小川が流れるのんびりとした車道で「平溝通り」と
書かれた標識があった。
page高水017&020-中

私は小さいころから川の中を眺めるのが好きで、
この日も偶に足を止めて川の中を見て、また歩いては
立ち止まって川の中をじーっと見てを繰り返していると

019_RSCN5108.jpg

水が綺麗だからいても可笑しくないのだが、
水中に10cmくらいのヤマメを発見してちょっと興奮。w


続く舗装道路を先を進むと高水山への分岐に辿り着く。
023_RSCN4925.jpg

分岐から10分ほど歩いて舗装道路の終端となって、
道がやっと登山らしくなってくる。
「アカバナユウゲショウ」のピンク色が綺麗だったぁ。
page高水024(縦)&026(横)&027(横)&028(縦)

ほぼ1ヶ月前のクマの出没情報(4/26)が入口に貼ってあって
出会わないことを祈る。(-人-)

「ガクウツギ」
031_DSCN4937.jpg

大した危険個所もなくのっしのっしと足を進めていると
少し年配に見えるご両親とその息子さんらしき男性の3人の
後ろに付いてしまった。
033_DSCN4939.jpg

息子さんは大学生か新社会人くらいだろうか。
息子さんが後方から支援する感じで足を進めていて
何となく追い抜くのを躊躇っていたのだが
3人が休憩に入ったので追い越させてもらった。
034_DSCN4941.jpg

木のない斜面は日蔭が無くて日差しが暑い。( ̄▽ ̄;)
けど梅雨明けはもっと酷いんだろうなと思うと文句が減る。w


登り切って尾根に上がったと思ったらまた樹林帯の中を進む。
page高水036&038

「クサイチゴ」
037_DSCN4945.jpg

標識があるし、踏み跡がしっかり付いているので、
道迷いしそうな気配は無く、登山口から50分くらいで
頂上手前のお寺、高水山常福院に到着する。
page高水043&044&045&047

神社の裏手に回って尾根に上がると屋根付のベンチがあるが
頂上からの眺望は残念なため、そこで休めばよかったとあとで後悔。w

水高山頂上標高 759m に到着。
048_DSCN4962.jpg

休憩するためのベンチや切り株が多くあるのは助かるが、
木や、何の鉄柱か分からないが、その鉄柱を囲う金網で
眺望はよくない。



長居は無用と考えて先を急ぐ。

少し急な下りが続いたが、直ぐに軽いアップダウンのある
尾根歩きへと変わり、右手に秩父側の山が見える箇所をスルーして
ちょいちょい咲いているツツジを眺めながら歩いていると
岩岳石山の急登が目の前に現れる。

巻道もあるが、逃げる必要もない。w
page高水052&056&057&059

樹林帯の中に岩肌があり所々にザイルが結ばれている所があるが
それほど危険な雰囲気はない。

開けたところに 岩茸石山 標高793m の標柱。
063_DSCN4980.jpg

5、6人の人がベンチで食事をしたり地図をチェックしたりと
のんびりと過ごしている。

眺望は悪くはない。
ただ、遠くまで見渡せるけど、他のピークがハッキリした山が少なく、
個人的にはインパクトの弱い眺望かなぁと思ったり・・・。
064_DSCN4981.jpg

標柱近くのベンチから少し先へ行ったところに
休憩できそうな広場があったので、お得意のバナナを補給。w
065_DSCN4983.jpg

登った分を下って、また尾根歩き。

「ツツジ」「ガクウツギ」
page高水066&068

しばらく歩くと惣岳山ピークへのルートと巻道への分岐に辿り着いて、
ここも逃げる必要もなく、惣岳山の頂を目指す。
page高水071&073&074&075

岩や木の根が這っていて歩き辛い箇所もあるけど
道に迷うような箇所も危険極まりない箇所もなく頂に到着。
(倒木の危険個所はあったが w)

惣岳山 標高756m
077_DSCN4998.jpg

手書きでは760mになっているが・・・


残念ながらこの頂も木々に囲まれて眺望は良くないが
ここの頂には青渭神社があったので軽ーく拝見。w
page高水076&080&081&078

さぁ、あとは御嶽駅まで下るのみ。w
084_DSCN5005.jpg

惣岳山の頂から登山口までを一時間ほどで下る。

御嶽駅は登山客と観光客で混雑していた。
092_DSCN5014.jpg

少し待ち時間があったが、改札を済ませて待つことにする。

ホームにはイスがずらーっと並んでいるが座っているのは2、3人。

日陰のベンチに良い風が流れる。

ホームに電車が入ってきてドアをボタンで開ける。

短い二駅の旅。
094_DSCN5016.jpg


降りた軍畑駅は御嶽駅方面への電車待ちをする人達で
朝には見られなかった賑わいを見せていた。


駐車場から駐車場まで、電車の待ち時間なども込みで約5時間ほど。

高水三山の山行は約11.0km
takami_iwadake_sougaku.jpg


軽く着替えて、コンビニで買ったうどんを持って奥多摩湖へ。
page高水097&098

御前山には、この奥多摩湖の駐車場からサス沢山経由でも上がれるが、
私は奥多摩都民の森まで車で行ってそこから上がる。

物騒な夜の奥多摩湖駐車場に車を停めたままにするのはちょっと・・・。
( ̄ー ̄;)


御前山へつづく。w


【お役立ち情報】
・Wikipedia(高水三山)
・Wikipedia(高水山)
・Wikipedia(岩茸石山)
・Wikipedia(惣岳山)
・Mapion天気予報(高水山 山麓(青梅市))
・東京都水道局 奥多摩水と緑のふれあい館


スポンサーサイト



別窓 | 奥多摩 | コメント:4
<<「御前山」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「天覧山、多峯主山」>>
この記事のコメント:
高水三山
らぅめんち様こんばんは!

はじめましてラッキーと申します。(もし初めてのコメントでなかったらごめんなさい)

以前の入院の記事を読んだ際はとても心配いたしましたが、無事に山登り再開されたよううですね、自分の事のように嬉しいです!

いつかどこかの山頂でお会いできたら嬉しいです!

ラッキー
2014-06-06 Fri 00:31 | URL | ラッキー #-[ 内容変更]
こんばんは!
ラッキーさん、コメントありがとうございます。

ちょいちょいブログを拝見させて頂いてました。

再来週にまた病院に定期検診に行かなければならず
うんざりしております。w
半年ぐらいは高い山はドクターストップをかけられたのですが、登ると何が起きるのかを聞いてみようと思います。w
登っちゃダメと言われると、何で登りたくなるんでしょうね?これは性格でしょうか。w

「いつかどこかの山で会えるかも知れない」って何か良いですね。
ラッキーさんはオニオン/さんともブロともですよね?
この3人がどこかで偶々会えたら、面白いでしょうね。w

早く梅雨が明けて欲しいです。
雨でも何処かに行きたくなってしまいます。www
2014-06-07 Sat 21:06 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
いぃ~山へいかれましたねぇ~
らぅめんちさん、こんばんわ

らぅめんちさんも良い山へいかれましたねぇ~ヽ(´▽`)
「高水三山」は僕の持っているガイドブックにも載っていて
スピリチュアルな雰囲気が楽しめる人気の山との事で
僕も歩いてみないなぁっと思っていました。

しかし、どんな感じなのか?よく分かっていなかったので
今回のレポはとても参考になります。
やはり、この辺りの山には沢山の花が咲いているようですね。(゚∀゚ )
コースも歩きやすそうですし気分転換には良さそうな山だなぁっと思いました。

ラッキーさんとは、山ブロ友達ですょ!(*´∀`)ノ
3人とも近くの山を歩いているので、いずれバッタリ会う事がありそうですね!

話は変わりますが、車の写真カッコイイですね!
ヤッパリらぅめんちさんは、写真を撮るのが上手いですね。

御前山のレポも楽しみにしています(・∀・)ノ
2014-06-08 Sun 02:30 | URL | オニオン/ #-[ 内容変更]
Re: いぃ~山へいかれましたねぇ~
オニオン/さん、こんばんは!

「高水三山」はそこそこ有名なんですね。
梅雨前の良いハイキングになりましたよ。

車が新しくなったというのに梅雨で思うように山に行けず…残念な日々が続いております。w
平日が雨なのを我慢する代わりに週末だけ晴れ、いや贅沢を言わないので曇りにしてくれませんかね。(笑)

御前山のレポを急ぎます!
2014-06-08 Sun 21:00 | URL | らぅめんち2 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR