fc2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
「物語山」
2014-07-05 Sat 22:07
2014.07.02

荒船山に登ったときから気になっていたこの山。

名前がメルヘンです。w


物語山 メンベ岩には伝説があるらしく
戦国時代、合戦で追われた兵士が財宝を携えて山深くに逃げてたどり着いたのが、このメンベ岩。
切り立ったメンベ岩にはツルが茂っていたが、追手が登れないようにツルを切り落としながら
登ったのは良いが下りる事ができなくなり天辺で自害したらしい。
言い伝えとして、この財宝を目当てにメンベ岩に登って来るものは必ず墜死してしまうそうな・・・。

想像していたメルヘンは皆無。w

けど、その「メンベ岩」を見たくて。



ETC割引が縮小したので思うように高速道路を利用できないのが悔しい。
早朝夕方の割引は対象外になってしまうので深夜割引(0-4時)を狙うしかなく
その頃を目指して家を出発する。
002_DSCN5349.jpg

荒船山に行った時と同じように、上信越自動車道の下仁田ICで降りる。

途中のコンビニで寝酒を購入してサン・スポーツランドの駐車場へ到着。
駐車場には街灯も無く真ーっ暗で、平日ってこともあってか先客は無し。




(*´0)ゞoO


やっぱこの車は車中泊に適さない。
なんとかせねばならん。w

目覚めて辺りを窺うと他の車は無しで、空の東側が薄曇りで西側が青空。
流れを考えても状況は悪くはないと判断。( ̄▽ ̄)

バナナ2本と牛乳を胃袋に納めて準備開始。
003_DSCN5350.jpg


サン・スポーツランドは子供用の遊具、ゲートボール場
テニスコートなどがあって、そこそこ利用出来そうな施設に見えるのだが
単純な利用方法なんかも書かれていないので勿体無い印象。
page083&004-中

駐車場から出て直ぐのところに登山道の案内板があり、
橋を渡って物語山へ通じる林道を進む。
page005&008-中

車がないってことは、本日初の入山者が私ってことで
入口の「クマ出没注意」の看板の呼掛けに応じて、
クマよけの鈴をシャンシャン鳴らして前進です。w


林道は少し荒れていると知っていたが
思った以上に荒れていてビックリ。w

林道に穴があいて小さな滝になっていたり、道半分が落ちていたり、
土石流が流れたような痕があったり、道が崩落していて道の意味をなしていない所も・・・。
page011&014&015&013-中

岩がゴロゴロしていて歩き辛いったらありゃしない。w

物語山まで徒歩で75分と書かれた標識もひん曲がて立っている状態。
016_DSCN5363.jpg

林道を歩いていて空が見えなかったのだが、合間から青空混じりの空がチラリ。w
020_DSCN5367.jpg

林道は沢に沿っていたので沢の様子をよく見ることができたが
小さな滝のような箇所はあったが、ほとんど岩肌を舐めるように流れている箇所が多かった。
夏の暑い日にそこに寝そべってみたい。。。。
page022&023-中

悪路を進み物語山まで55分と書かれた看板のところに到着。
024_DSCN5373.jpg

しばらく進むと、林道が先に進めそうなのに沢方面に物語山の標識が向いていたので
本当か?と疑いの気持ちを持ちながら下りてみると、「安中山の会」と書かれた標識もあり
信用して枯れた沢を渡って先へ。
page027&028-中

ここからの上りが結構な急登。w
page030&031-中

踏み跡通りジグザグに上がるが疲れるわ。w

路面が滑り易い箇所には虎カラーのロープが張ってある。
032_DSCN5383.jpg

標識に従って左に進路を取ってまだ上がる。w
page033&034-中

足場はガレが多くて浮き石もあって、上るときよりは下りで気を付けようと心得る。
疲れを感じながら歩いていると、木漏れ日で足場が明るくなってテンションが上がる。ヾ(^0^)〃
038_DSCN5390.jpg

左右の斜面がが綺麗に駆け上がっていてコルのシルエットが綺麗だった。
040_DSCN5392.jpg

ここから左斜面を上がって行けば西峰、右の斜面を上がっていけば三角点のある物語山。
先ずは三角点を見に行くか!ってことで右に進路を取って三角点を目指す。
page041&042&044&043-中

ちょっとした急登を上がり、痩せ尾根を進むとボロボロの標識。
そこがピークではなく、ちょっと回り込むように先に進んだ所に
頂上の標柱がある。標高:1019m
page045&047&049(In048)&050

三等三角点
055_DSCN5426.jpg

写真を撮ったり休んだりしたので頂上まで2時間ほど掛かってしまった。w
生えている木々がもう少し低ければ眺望は良いんだが。w
051_DSCN5405.jpg

三角点に腰を下ろして休憩。
056_FSCN5430.jpg

30分ほど居ただろうか。
誰も来ないので空を見上げながらのんびりと時間を過ごしてしまった。w

先ずはコルまで戻ろう~♪


きのこ。
058_DSCN5435.jpg

コルまで下りて来て西峰に上がるか悩む。( ̄- ̄;)
次の予定を考えると時間的にギリギリ。
それに余計な木々が無くて眺望が良いという保証ががない。w
下山中にメンベ岩が見えるのがベストなんだが・・・。

最悪、下山後にメンベ岩の基部まで行って見るかぁ、と下山を開始する。w


上りで急登だったガレの斜面で転ばないように気を付けながら
メンベ岩の姿を探すが見当たらない。w

木々の葉が少ない時期であれば見えている筈なのになぁ・・・

林道の近くまで下りてきて、木々に囲まれた中を歩いていて、
頭上の木々がなくなったところからあのメンベ岩がニョキッ!
ヾ(^0^)〃
073_FSCN5451.jpg

花は時期が遅かったようで少なかった。
「ヤマアジサイ」「ヘビイチゴ」
page064&021

下山中にイチャつく蝶を発見。
蝶のクセに変わった交尾をするなぁと思いながら写真を一枚。w
家に帰ってからWEBで色々調べたところ、スジグロシロチョウの交尾拒否シーンと分かる。
スジグロシロチョウのメスは一度交尾をしたら拒否をする習性があると。
なかなか勉強になった。<(_ _)>
078_DSCN5461.jpg

メンベ岩を見ることができたことに満足しながら林道を下だり、
振り返れば木々が青々とした綺麗な林道。
(メチャクチャ荒れているけどw)
076_FSCN5457_20140705222243983.jpg

暑くなく意外に快適な山行、往復で約6.2km。


monogatari.jpg


第二駐車場の水場で顔を洗って次に向けて出発。( ̄▽ ̄)
084_RSCN5469.jpg



【お役立ち情報】
・Mapion天気予報 - 物語山 山麓(甘楽郡下仁田町)
・“群馬県甘楽郡下仁田町南野牧”の天気(weathernews Pinpoint天気検索より)
・下仁田町ハイキングコース
・YouTube-スジグロシロチョウの○○行動

スポンサーサイト



別窓 | 北関東 | コメント:2
<<「じじ岩、ばば岩」 | らぅめんち ○○歩き備忘録 | 「富士山(富士宮口)」>>
この記事のコメント:
順調ですね。
らぅめんちさん、こんばんわ

順調に山へ行かれていますね。
羨ましいです。

さて今回の物語山は、なかなか名のある山ですよねぇ~ヽ(´▽`)
『メンベ岩』と『財宝』の話は僕も聞いた事があります。

山頂まので道のりは大変でしたね。
大雨が降ると登山道が荒れてしまうので困ったものです。
でも『蒸し暑かったんじゃないかなぁ~』と思いましたが
わりと涼しかったようで良かったですね。
いゃ~この辺りの山は、今の時期恐ろしいぐらい暑くなりますからねぇ~(゚´Д`゚)

ヤマアジサイの花にヘビイチゴの実は今が旬ですね!
そして、何といっても見どころは『メンベ岩』でしょう!!!
僕は写真でしか見た事がありませんが、やっぱり迫力がありますねぇ~(゚∀゚ )
2014-07-06 Sun 22:27 | URL | オニオン/ #-[ 内容変更]
荒れ荒れの林道も山行が終われば◎です。w
オニオン/さん こんばんは

コメントありがとうございます。

それにしても酷い林道でしたよ。w
手がつけられなくなったんだろうな、って印象を受けました。
林道が終わった、登山道あたりからちゃ~んと整備されてました。誰かが整備してんでしょうね。

私も、蒸し暑いかな?と思っていたのですが全然だったのです。蒸し暑いと水分にも気を付けないといけないなぁ、と思っていたのでザックの中には2Lのペットボトルを詰めていたのですが、日向は一寸日が暖かく感じられましたが、日陰は涼しくて心地いい感じで気分が良かったですよ。

次に行くなら暑さと眺望を考えて秋か冬かな?と思ったりします。
2014-07-08 Tue 22:47 | URL | らぅめんち2 #5GQd6s0Y[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| らぅめんち ○○歩き備忘録 |

検索フォーム

QRコード

QR